新着Pick

NewsPicks が、【PRO】炎上記事を削除しました。

意識の萎えた提督
さきほど実名保険、誰か本気でやってみてくだしあ!! ><;で言及した【PRO】炎上記事ですが、10/8 16:30 現在、NewsPicks から削除されているようです。これは最悪の対応・・・。元記事である Naver には残っているので、引用元消滅による記事削除ではなく、NewsPicks 運営の判断でしょうね。 どうしてこういう、考えうる限りで最悪の手を常に取り続けるのだろうか?...
135Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
このタイトルもそうなんですが問題の捉え方が違うように思います。この一件は「記事が炎上した」のではなく「コメントが炎上した」のですよ。

NP独自記事でもない限り運営が記事を削除しようがどこかに記事は存在するわけですから削除に積極的な意味はない。誰かがピックすれば元の木阿弥です。いっぽうでコメントはピッカー独自のものですから問題コメントを削除すれば済む話だとわたしは思いました。多様なコメントもろともの記事削除はやや勇み足でしたね。

とはいえいずれにせよ少なくとも「NP内では」この件はこれでオワリです。

しかしながら問題をさらにややこしくしたのが西村氏がその炎上コメントを自らの影響力を利用してSNSで拡散してさらに炎上させた行動です。もちろんコメントであれ記事であれいったんネット上で公開したものは不特定多数の閲覧に曝される。そのことを長谷川氏が知らなかったわけではないでしょう。

しかし長谷川氏は過ちに気づき前言を撤回して謝罪した。コメントも訂正された。運営が元記事も削除した。しかし長谷川氏のその前言を拡散した西村氏は長谷川氏の撤回と謝罪をどのように拡散して氏の名誉回復に努めたのでしょうか。その動きが見られない。むしろ「この話は打ち止めです」と一方的に宣言することで放置していませんか。

自殺した女性へのあれほど誠意ある同情的な目線が単なるポジションでないというのであれば長谷川氏への対応もしかるべきものがあるはずだとわたしは期待します。そうでなければ2ちゃんの厨坊と同じです。いまNP外での炎上で問われているのは長谷川氏の態度でも運営の対応でもありません。その炎上を拡散させた西村氏の態度なのです。

わたしは常々「記事にコメントはしてもコメントにコメントするな」といってますがつまりそういうことなんです。NPの付加価値は「記事へのコメント」にあります。「コメントへのコメント」ではありません。しかしこのような事態になってもなおここでもあいかわらず他人のコメントへの批判。あなた方がNPを混乱させ壊している。うんざりします。

なおわたしは西村氏にこのコメントのスクショを取られて顔写真つきで拡散される可能性を覚悟して書いています。いやマジで。
「義憤にかられて」というのが、この世で最も厄介なもので、あらゆるモラルが自分の中で正当化されてしまう。

↓の本は「義憤」にかられて冤罪事件を起こし続けたある刑事についての物語。必読です。

『道徳感情はなぜ人を誤らせるのか 冤罪、虐殺、正しい心』 (管賀江留郎 著) | 著者は語る - 週刊文春WEB http://shukan.bunshun.jp/articles/-/6348



元コメ
「削除されました」はなかなか削除されませんね。
誰でも間違いはおかしますし意図せず人を傷つけることもありますので、正式に過ちを認め謝罪があったのであればそれ以上の追求や拡散は不要と考えます。経験上、どんな善意からの行動でも相手の受け取り方は千差万別であり一定割合からの避難は避けられません。そう考えると本当に明日は我が身ですから1度のミスが集団心理を動かし致命傷を与えることのない仕組み作りは大切だと思います。例え自分のミスが招いた結果だとしても、たくさんの人から非難されたら僕なら心が折れて泣きたくなると思うので。。
体調を崩してしまい昨日は一日中寝込んでまいコメント遅れましたが、こんなスレッドが立っていたのですね。

まずはじめにお伝えしたいのは、結果的にこのように炎上に近い騒動の原因を作ってしまったことに対して非常に申し訳なく思っています。

長谷川氏にはなんの恨みもありませんが、「情けない」とのコメントは、親しい友人を過労死で亡くしている僕にとっては許しがたいもので、義憤にかられてスクショを使いTwitterにアップしました。朝5時代という早朝でしたし、フォロワー数がさほど多くないので拡散することもなく、僕の独り言で終わるはずでしたが、これが迂闊でした。

「事を憎んで人を憎まず」は自分の中での発信のルールです。僕自身は一貫して「情けない発言」に対しては憤りましたが、長谷川氏自身への批判は一度もしていません。にも関わらず、結果的にNAVERまとめなどにも記事化される事態となり、次第に長谷川氏ご自身への批判が殺到するようになってしまったのは、長谷川氏のアイコン・氏名・肩書きが記載されたスクショをツイートしてしまったことによるものだと思っているので、その原因を作ってしまったことは申し訳なく思っています。

そのツイートはNP運営の方から削除要請を頂いたこともあり、ツイート自体を削除した上でNP運営を通じて長谷川氏ご本人へ謝意を伝えました。機会を頂けるのであれば、直接謝意をお伝えしたいとも思っています。

一方で、繰り返しにはなりますが、長谷川氏にはなんの恨みもありませんが、「過労死するなんて情けない」という発言はやはり許されるものではありませんし、現に亡くなられた方やそのご遺族がいる以上、仮にそう思ったとしても心にとどめておくべき事柄です。

「記事にコメントにしてもコメントにはコメントするな」との安田さんのお言葉は減速その通りだと思っていますが、自身の受忍限度を超えるコメントがあった場合、そのコメントに異議を唱えることを禁止・制限する権利は運営以外誰にもないと思っています。

兎に角、今後はNewsPicksだろうとTwitterだろうと、晒されて困るようなことは発信しない、という原理原則に立って発言を慎んでいこうと思います。具体的には、NewsPicksでの他者のコメントのスクショを撮って拡散するような行為は二度としません。お騒がせしてしまい申し訳ございませんでした。
意見に文句を付けるつもりはないが(私でなくても他の人が文句をつける、ということもある)、基本的な事実関係や知識が間違っているのは本当に話にならない。
東芝のバイセルが内部取引だとか、ソフトバンクが留保金課税対象とか、本当に大丈夫てすか?と思う。キャッシュフローの話などはもはや高尚すぎて私の理解できる話ではない(理解力が低いのは私の至らぬところだが)。

【追記】
バランスを欠いているのでもう一言。
NPなどで意見が違う、受け入れられないという理由でTwitter等その他のSNS媒体にさらすという行為は、自覚しているかどうかは別にして、自分がNP内でその問題を解決できないという自分自身の力のなさを如実に示している。今回拡散させた人がどのような人かは存じ上げていないが、少なくとも私はそのような人だと考える。

【追記2】
そうか、あれは違法行為を是とする発言だったわけですか。となると、会計・税務と同じレベルのはなしですな。

終わり。
K.Katsuhikoさんに同意。僕もあの発言はどうかと思ったけど、それならばその場でどうかと思う旨を言えばいいだけの話であって、本人不在の場外でとやかく言うのは建設的とは言えないですね。
他人のコメントを自身の裁量で非難したり断罪出来る、意識高い系の皆様の器量には本当に頭が下がります( ´_ゝ`)
【NP】件の削除された記事には長谷川氏に批判的な内容で私もコメントしていたけど、News Picks運営の方数名からLikeをいただいている。Likeが常に賛同を示すものではないことに留意する必要はあるが、運営の一部には件の記事を読み、共感した人もいると言えるはず。
経緯はしりませんが、NewsPicksが動物園なら、Twitterはジャングルのようなものだからなぁ。。
ビジネスに関係ない記事なので削除してもらって結構。盛り上がりたい人は2chとかでやってくれれば良し。
株式会社ユーザベースは、「経済情報で、世界をかえる」をミッションに掲げる日本のスタートアップ。ソーシャル経済メディア「NewsPicks」及び企業・産業分析を行う人向けの情報プラットフォーム「SPEEDA」などを提供している。 ウィキペディア
時価総額
826 億円

業績