新着Pick
116Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
日本だとまずトレーナーが食っていくのが結構大変だからなあ・・・
日米を比較すると、その規模の違いに圧倒されますね。ただ、感じるのは日本のドクターやトレーナーの権限がもっと高くなるべきかなと思います。まだトレーナーたちがダメだと言っても、現場の判断が優先される傾向にあるようにと思います。また、スピードの話が出ていましたが、元楽天で、メジャーでも活躍した斎藤隆さんがリハビリからグラウンドに立つまで時間が短いように感じると話していたことがありました。チーム事情重視なのかなと感じました。
スポーツGDPの向上を掲げる日本としては、スポーツ医療やトレーナーの裾野も拡がらないと成し遂げられないことを改めて思う。
コーチやマネジメントもまだまだ未発達。その市場を拡大することは、成長戦略そのものだ。
良い悪いという問題は置いといて、自分が高校サッカー部で怪我をした時はこんな感じでした。

>親の勧める接骨院、指導者の勧める整体院、街で評判のスポーツドクター、チームメイトがお世話になっている鍼灸治療院、チームが契約しているマッサージ治療院……。

プロに対するスポーツ医療も大切ですが、アマチュア層への正しいスポーツ医療普及も推進してもらいたい。

スポーツをやってきた人が、怪我から学ぶことは大きい。怪我と正しく向き合える環境が整えば、その先の人生にもプラスになるはず。
自分の体をメンテナンスする際にもマッサージ、整体、整骨院など選択肢が多く、いくつか回ってみて最近ようやく、長く頼れそうな先生と出会った。選択肢が多すぎるのも難しい。
このダルビッシュのゲームを、アナハイムで、河田さんと一緒させていただいた。ボラス氏含め大勢で、野球観ながら、ローズボウルなど様々な会話を楽しませていただいた。カレッジスポーツがしっかりとしたシステム、人気ともに確立されていることが、アメリカのプロスポーツを強くしている根幹であることを学んだ。河田さん、サンクス!
アスリートのパフォーマンスを上げることは、スポーツビジネスにおいても重要な課題の一つだと思います。
重要な投資対象だと思います。