新着Pick
266Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
機会損失が凄いので、上手く機会は生かしましょう。
人気 Picker
理系知識があれば「(現時点では)問題なし」と判断できるし、風評被害が問題になりつつあるという指摘にも同意します。ただ、

>筆者は、役人時代の経験から、こうした歴史のこじれた問題のときには、各種審議会を使って、役人が「勝手にやっていない」という足跡を残すことを知っている。

という点にはやや疑問があります。確かに結果としては技術者会議で盛り土がない計画・図面が承認(黙認)されているのだけど、そこに計画変更された経緯が公開資料からは読み解けない。

本当に役人がそこまで万能だとすれば、ここまで問題はこじれていないはず。とはいえ巨悪や思惑が働いたというより、単にミスの積み重ねでこうなっている気はしますが…

安全性にばかり目を奪われず、意思決定プロセスの重大な瑕疵を追及していくことが重要です。
高校化学云々とか、全く関係ないです。何度も書きますが、もともと地下空洞問題は移転延期の理由ではない。延期を決めてから、これが明るみに出たものです。地下空洞問題は寧ろ都庁のガバナンスと情報公開の問題です。これによって信頼は完全に失墜した。でも、もっと重要な論点が沢山積み残されているからこそ延期されたわけで、それはPTが明らかにしていくでしょう。

文中に指摘があるような利権の問題もそうでしょうし、たとえば、「1日700万」(これはガセですが)などという維持管理費は移転後はその何倍かになるわけですが、その維持管理費を業者が負担したのでは経営が成り立たないのではないでしょうか。それを都が負担するとすれば、1日700万どころかその数倍の維持コストを税金で賄わねばならない。この維持管理費負担問題さえ不明確な中、なぜ移転を急ぐことが出来るのか、全く意味不明です。都議会はそんな維持経費の予算を通すつもりだったのでしょうか。
築地は豊洲より圧倒的に危険でしょう。そして移転延期して、数年後に移転とかだと豊洲の社会的意義もなくなる。さっさと決めないと
昨日、20年ぶりくらいの勢いで、アッコにおまかせを観て、この問題を取り扱っていたが、和田氏の質問は、「もりつちじゃなくてもりどなの?」「通産省はいまは経産省っていうの?」など。これは唖然とした感覚を楽しむバラエティー番組なんだと理解しました。
水質検査では、NMRとか?スペクトル解析をすれば、どういう、分子があるかわかるはず。なんでやらないのだろう。

想定していない物質がある可能性もある。
小池知事がパフォーマンスで決めた豊洲移転延期。この記事にある通り、安全性に問題無いのは明白だ。むしろ、移転延期にかかる補償コストや環状6号線の方が心配だ。一体いくらかかるのだろうか?
高橋先生、そんな話じゃないんだよね。私もこの時点でも安全性への危惧が増えたとは思っていません。
ただ、これだけの時間とコストを掛けたモノに対する正当な考え方や手続きやガバナンスの問題だよね。
貴方は所詮学者先生。小池氏は政治家だと思います。
市場ってそもそも都営でないといけないのか、むしろそこが知りたい。都が出資して作るとしても、本来は魚介と青果の市場であって、そのマーケットを使うの事業者が共同運営するものなので…もっと仲卸業者とか商売で使う人が積極的に実施すべき話ではないのだろうか。
記事の本質と違う話しかも知れませんが、私の知っているマスコミの方々は有名私立大学出身者が多いです。国立大の方もおられます。
が、確実に文系です。高校で化学を学んでおられるかというと、そうではないのでは??
と、高校で物理・化学・生物を学んだ元・理系としては感じます。

ただ、記事にある通り、コンクリには水酸化カルシウムが大量に含まれていて(本質的には、これを知ってるかどうかの問題)、水酸化カルシウムが含まれてりゃ、リトマス試験紙を使ってアルカリだというのは、当たり前の話し。
その当たり前の話しを伝えて欲しいのは同じ思いです。それをどう判断するかは、観ている人の判断。

あとは、お友達の家のガレージをコンクリートで作るのを手伝ったりしてればわかるけど、そうじゃなきゃ、コンクリートって何かはわからない気がする。
高橋氏の指摘の通り、政府の審議会等の委員のビヘイビャーは今も昔も変わらないでしょう。具体的人事を見ればわかります。そのことは、反対意見の人選ができない、小池知事の令外の官の人事でも変わりがないことが問題です。