新着Pick
143Picks
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
仮想非現実っていいですね。現実に亜ありえないことを、仮想的に体験する。
人気 Picker
スペースチャンネル5の岡村峰子さんにぼくも現場でお目にかかり、15年という重みについてお話しました。
ドリキャスという世界初のネット接続ゲーム機で示そうとした世界が、リアリティーをもって実現するまでに15年かかったんですが、15年かかっても実現しようとした作り手に頭が下がります。
やっとその没入世界が普及しそうです!
リアルと夢物語、ゲームにおいては、日本では後者が、欧米では前者が好まれますよね。例えば、ファイナルファンタジーなんかで細身のイケメンが大きな刀を振り回すあたり、欧米ではリアリティが無いと捉えられるようです。欧米で人気のあるのはマッチョなおっさんのFPSとかなので。
この傾向は、HMDを使ったからといって変わるものではなく、その意味では今回の漫画の中に入るような、如何に非現実的な世界を「その世界観の中での高いリアリティ」を持って再現するかは、ガラパゴス的に進化しそうな気がします。
たしかにVRのブース多かった
まあでもふつうにVRにしただけで驚きはそんなにはなかったですね。漫画のやつもよく実践されてましたが、単にそういうVRアプリゲームという感じがしました。漫画だから音声なしで躍動感も静止画像MADみたいに最低限の仕様にしつつ。吹き出しで読ませつつ、自分も登場人物のすぐ近くにいる、みたいな感が出せるとなかなかエキサイティングですね。
ホラー物はかなり悲鳴ものだし、
人気アクション漫画なら大興奮でしょう。
それがリアルな脳内
VRを牽引するのはしばらくはゲームだろうけど、医療、教育、スポーツと幅広い領域が見えているので本気で取り組んだらおもしろいだろうな。