新着Pick
95Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
元来アートという言葉はテクノロジーを含むものだったが、近代にその分離が進められた。改めて融合が求められるのは自然なこと。
スタンフォード等が挑む融合は、MITのアート&サイエンス学科に属するメディアラボが念頭にある。それはここ30年にわたる挑戦だ。
が、アートを教育に組み込むという観点では、日本の小学校における図工音楽教育のほうが成果を上げていると思う。
いままでの大学は、理工学部、経営学部がそれぞれ縦割りに発展してきたが、これからの大学は、知識創造のプロセス自体を担当する教育学部が基盤に必要だと考えている。私は、この新しい教育学部を、教育芸術学部(Department of Educational Arts)と呼んでいる。

その教育芸術学部は、創造的問題解決をもたらす優れたファシリテーター型の教員養成を目的とするが、そのファシリテーターは、分野を超えて、ビジネス、テクノロジー、アートを超えた様々な経験と知見を統合し、新しいプロジェクトづくりを支援する。そうしたプロジェクトは、高齢化社会に向かう地域の問題を解決するために実行に移すが、そのための資金源はクラウドファンディングで調達する。

関連あることなので、自分のことを紹介させていただくと、私は、このようなプロジェクトをすでに始めており、4年前に、そのプロトタイプ拠点として、小規模ながら「アクションセンター表参道」を設立。また、この8月には、手数料が一切かからない「100%GIV」というクラウドファンディングを実験的に立ち上げた。ビジネスリーダー、起業家、そして教師の方々が分野を超えて集まっており、未来の教育機関のモデルとなるよう日々、汗をかいています。
アートは本来、あらゆる分野の事と親和性が高い創造活動だと思う。実際、アート・マネジメントの取り組んでいる専門家や研究者は、アートを「純粋芸術」的な枠組みの押し込めず、人間の根源的な表現欲、創造力の発露としてアートをとらえている。そういう大きな構えから見れば、人間は「アートする動物」であるともいえる。アートとは最も縁遠いとみられる宇宙物理学や数学も、実際の一流クラスの研究者たちは、詩人や作曲家、あるいは画家のような感性で世界を探求しているのだと思う。であるとすれば、「テクノロジーアートの融和」は、きわめて自然で楽しくわくわくする創造行為の一環ということになる。
企業と大学の抱える課題は似ています。企業とのタッグや起業家とのタッグで新時代の大学を日本にも作って欲しい。ひとつモデルができれば、五月雨式に変わるはず。大学のブランディング、優秀な学生獲得のためにも、長期的にいい投資になるはずです。
デザインシンキングへコンサルティングのオファリングテーマとして考えていますが、正直顧客から『地に足がついた提案』と受け止められないことが多い。

概念フローをデザインシンキング思考で表し、この領域で対価を得るためにものではないという認識です。
テクノロジーとアートの融合、それが最も発揮されうるサンフランシスコでの成果に期待したい、何より、キャンパスを歩いてみるのが楽しみ!
「時代はMBAからMFAへ」みたいなことが言われて久しいが、Master of Fine Arts保持者としてもピンと来ない(笑)。

というのは、「アート」とか「デザイン」の範囲が広すぎるから。私のように映画プロデュースを勉強した人間もMFAだし、彫刻やっている人間も、都市デザインやっている人間もビジネスの人たちからは一括りにされるが、実際には当たり前だが全然違うわけで。

各大学がそれぞれのアプローチで「アート×???」に取り組んでいるようですが、ビジネススクールのように使い勝手の良い人材を毎年コンスタントに大量に排出、、、もとい、輩出するまでにはまだまだ時間がかかるでしょう。それどころか、そこまでニーズあるのか、私自身もわかりません。
このあたりは日本もとりくんでるが、いかんせん予算が違いすぎる・・・