新着Pick
127Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
「結局、稼ぐお金の額や自分の力の大きさではなく、自分で勝ったと思えれば勝ちです。」「世の中に出る方法よりも、下りかたのほうがずっと難しいんです。」糸井さんの言葉が響きます。

アーティストは、上り坂を若くして全力で登りきり、休む間を与えられないので下りかたは悩むのかもしれませんね。

普通に働いていても40歳はひとつのターニングポイントだと感じます。山を登りきっていなくとも景色が見えるくらいになってきている。このペースで登るのか、それとも違う景色を求めるのか。昔は見えていなかった周りの山々も見えますしね。

この対談、本当に面白いですね。最近のNP記事は読みたいものが多すぎて、少し困ってしまいます。
最後の糸井さんから水野さんへのアドバイスが秀逸です。
面白い。すべてのクリエイターに関係しそう。「山の下り方」が、新しい「山」≒鉱脈に繋がるということだが、意識的にできるか、偶発的なものなのかも議論できそうだ。
山に登った感覚はまだないですが、壁にぶち当たった時に「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」という言葉は自分をすごく助けてくれる言葉でもあるな、と感じました。
ネガティヴな感情になっても、どこかポジティヴに突っ込んで勝負するしかない、その時に活路が見えてくる、そんな経験は人生でも何回かあるので、妙な納得感がありました。

いつかこの言葉の意味を分かる大人になれることを目指して精進ですね。
「イノベーションには、上りだけでなく、下りの過程も入っています。」
対談3回目。次第に、トピックが深いところに入っています。

「すべてて捨てて、新しい山に移れるか」、は、表現者/アーティストはもちろん、形を変えると、経営者にとっても永遠のテーマですね。

それにしても、「一生に作った曲のエキスが最初の3枚にすべて入っていると思います。」とサラッといえてしまう糸井さんが素敵です。表現者ながらに、同時に一つ引いた視点でも、「表現」を捉えているというか。
とりあえず登れ俺。
この連載について
今年メジャーデビュー10周年を迎えた音楽グループ「いきものがかり」。「ありがとう」「風が吹いている」など大ヒット曲を始め、作詞作曲も担当するリーダーの水野良樹氏が、先輩クリエイターたちと対談を通して、作品を「つくり、届ける」ことについて”答え”を探しにいく。音楽だけでなく、コンテンツ業界が激変するなか、先輩たちから学びを得ていく連載。