新着Pick
226Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これは、事実だとすると、都議会与党への牽制球というだけでなく、大きなうねりを生み出す可能性を秘めた「絶妙の一手」。

大阪維新も元々はそうですが、地方の経済的衰退(維新の場合は大阪の経済都市としての凋落など)がもう限界に達しつつある中、地域独自の成長戦略は、国には頼れないので自分たちで作ろう、という流れが着実に出て来ています。

これまで、地域政党とかローカルマニフェストというと、行政の透明化(情報公開)とか住民基本自治系の条例策定とか、行政における「デュープロセス」的なものが多かったと思いますが、最近は地域経済の自立(グローバル展開を東京を介さずにどうやるか、とか)になりつつあります。

大阪に加えて東京が「地域自立政党」的な動きを見せるとなると、神戸や長崎など各地で種火が出てきている「地域政党」の動きに拍車がかかり、日本を二分する勢いを持つ可能性もあると思います。

つまり、有権者を18歳に引き下げるなどの動きも「結局多勢に無勢だ」ということで盛り下がりつつある「世代間対立」以上の二項対立軸になりうると思います。

個人的には「二項対立の煽り」には辟易としているところもありますが、歴史は、こうした対立からでないと動かないというのもまた事実かと。

もちろん、最初に触れたように、単なる与党への牽制球で終わる可能性もありますが、それはそれで、小池都政的にはアリなので、どちらに転んでも損はしない妙手になると思います。
大都市の利害は国民国家とは相容れなくなりつつある。だから大都市の政党が必要となる。おおさか維新は石原慎太郎と連携したかったのだろうけど、彼の取り巻きが悪かったのかイマイチうまくいかなかった。むしろ国民国家とは最低限の関わり合いにして東京維新を作ったほうがいいのかもしれない
東京と大阪が結びつくのは面白い。
中央集権に対する、強烈な地方主権のビジョンを打ち出してほしい。
「橋下徹さんとは特に接点はないが、維新がやってきた大阪府政改革は参考にしたい」というのがヒントですね。
今週金曜日の定例会見で都政改革本部の姿が見えてくると思う。維新云々の話も、そこで実際のところがわかるのでは。
おおさか維新のことだけでなく、改革知事として橋下さんやおおさか維新から学べることは多いと思う。頑張っていただきたい。
当事者(都政改革本部、特別顧問)です。この記事、見出しはフライングというか、そもそも憶測願望をふくらませすぎ。小池氏が評価しているのは、大阪府、大阪市の橋下改革の手法であって国政政党の「日本維新の会」ではない。もちろん政治の世界だから、いつどこで誰がどこと連携するかは何でもありだろう。だから「後ろ向き」ではないだろうが、何をもって「前向き」と書いたのか?新聞の見出しはいつも疑問に思う。たいてい、記者やデスクは「整理部が勝手につけた」と逃げるが、読者は見出しと合わせて判断する。見出しで踏み込んだ表現をするなら、解説を本文で書くべきだ。
ここは女の勝負勘でしょうか。
一応自民党とは安倍首相を通じて手打ちをしたものの、詰め腹を切らされた都議連が黙って小池都政に協力するとは思えない。
そこでもう一枚のカードをチラつかせて、協力を迫ると。

勿論世間の後押しがあれば、カードをチェンジして維新に鞍替え、あるいは新党というワイルドカードを切ることも手の内にはあるでしょう。

小池さん、なかなか大したカードのプレイヤーです。
党組織の「古さ」「息苦しさ」を感じている自民、民進の若手/中堅議員も多いのではないか?都議会は切り崩せる。
この記事がTOPにくるのはNPの皆様の願望の現れですね。そうなると良いですね。

もともと小池氏は都知事選で落選したら維新に拾ってもらうつもりだったらしいけど、当選したら維新のバックアップはむしろ邪魔だろうね。

東京都は大阪府・市と違って、少なくとも現時点では財政的に余裕があるし、オリンピックも控えているから、小池都知事に求められているのは安定と協調。本人も十分、分かっていると思うよ。NPのPROについては外野から適度な緊張感を与えてね、というぐらいでしょう。

なお都知事が議会と対立して議会解散しても、都議会議員は(千代田区を除き)、中選挙区制だから、都知事の思い通りの議会構成になるとは限らない。