新着Pick
223Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
小中高でプログラミングを学んで、国公立大のコンピューターサイエンスが強くなれば、すべて良し、というわけではもちろんないのですが…、

やはり「モノづくり」大国が形成されてきた成功要因には、教育面も含めた強固な人材輩出システムがあり、それは今や変えられないほどに根付き過ぎているのだな、と感じました。

さらに、「トップエンジニアが語る、日本のソフトウェアが勝てない理由」(https://newspicks.com/news/1687589)でも寄稿頂いたように、産業界でも構造問題となっています。

これまで、日本企業が破れ続けてきた背景の一つに、ハードウェアからソフトへのシフトに乗り遅れていることがありますが、全体を見ると、一企業だけの問題でなく、国の産業構造の仕組みも変わっていかないといけないのだと…。新しい動きを、どんどん後押しする必要がありますね。

プログラミングを「教養」としても習得することが、自らのスキルアップだけでなく、各企業のソフト面での経営や、果てにはもっと大きな仕組みにまで、影響をあたえることになるとすれば、面白いだろうなと思っています。

(ちなみに、大学が改革した例では、九州大院の数学科が定員割れが常態化していた際に、「産業向けの数学」に大きく変遷した例があります。マスフォアインダストリhttp://www.imi.kyushu-u.ac.jp/
アメリカの大学院では、定員というものがそもそも、ない。学科にも、研究室にも、定員はない。学生は先生が取った研究費で雇われる身なので、研究室の学生数は、先生がどれだけ研究費を取ったかで変わる。学科がどれだけ学生を取るかは、所属する先生がどれくらい学生を雇えるかで決まる。で、当然ながら伸びている分野には多くの研究費がつき、廃れる分野への研究費は減る。そんな仕組みで、定員を調整しなくとも、自動的に学生数が時代に合わせて変わるしくみです。

ちなみに学生をひとり雇うための先生にかかる費用は、学費、給料、オーバーヘッド合わせて年間600万〜800万ほど。
学部や学科間の人数も、大学で自ら変えられないというのはガバナンス、リーダーシップ的に大問題ですね。。
いずれにしろ、日本おいてソフトウェアエンジニアの絶対的な質と数が少ないのは確かです。これは教育だけの問題ではなく、活躍できるフィールドが少ない(GoogleやFacebookのようなグローバルプラットフォームを提供する会社がない)、ということもあります。

------
隣国の中国や韓国が猛烈な勢いでコンピューターサイエンスの大学教育に重点投入しているなか、日本でもより強化したい、と研究者側の問題意識は極めて大きいのだが、国立大学の仕組みがそれを許さないのだという。

というのも、前述のプラット所長が話したように、日本では伝統的に、電気系や機械系の学科が強く、東大であっても、学生の定員配分はこの20〜30年ほぼ大きな構造は変わっていないのが現状だ。
東大の中でも、新しい組織改編をして、対応しようという動きはあるようです。
http://business.nikkeibp.co.jp/atclbdt/15/258680/060600038/
ここでは7月と書かれていますが、多分まだですけど。

伝統的にものづくり系が強いというのは納得感ありますね。
「日本では伝統的に、電気系や機械系の学科が強く、東大であっても、学生の定員配分はこの20〜30年ほぼ大きな構造は変わっていないのが現状だ。」
 大学には残念ながら、時代に応じて構造を変える仕組みがない。企業なら半年毎に行う組織改編を行う。大学ではそれは何十年に一回の一大事になってしまう。
 しかし、このような枠組みがなかなか変えられない構造は、程度問題ではあるが、実は企業にもある。日本人のなかにある、失敗をさけて、失敗から学ぼうとしない(単に避ける)傾向こそまず変えるべきだと思う。
大学教員の定員は大学全体で保存されている。熾烈な競争は、教員のポストをめぐる応募者だけでなく、学部や学科の間でも行われているのが現実だ。いくらコンピューターサイエンスが時代のニーズと合っていても、学内政治的に強い学部や学科から新しく教員のポストを奪うのは並大抵ではないだろう。こういう所にも既得権益の弊害はあるのだ。
コンピュータサイエンスとプログラミングをごっちゃにしてるような・・・



大学の定員を変更するのはとても大変です。
国立よりも私立の方が変えやすいですが、私立だと学費がかなり上がります。

高い学費にそんなに高校生が進学するか、そして少子化の時代も考えると、そこまで劇的には増やせないと思います。

下手に増やして、俗にいう「偏差値」が下がってしまうと大学のブランドに傷がつきますから。

(追記)
全体の定員を増やさずにどこかを潰して新しく作る、ということなら国立大でも比較的やりやすいです。
潰されるところに所属してた教員を解雇しなければならない、関係業界から圧力がかかる、ということがありますが。
小学生向けのプログラミング教育を始めるなら、もっとプログラミングの普及にモチベーションの高いエンジニアやそれこそLife is Techさんのようなプログラミング教育に力を入れて事業として成功しているような人たちを巻き込んでほしいですね。思考法は大切ですが、英語教育のように文法ばかりではなく、それよりも楽しさを豊かに語って実際にモノ作りをしてみることが一番だと思います。
試み自体は素晴らしいと思うので、是非理念を掲げて良いものを作って欲しいです。

『「そもそも小学校の各教科で、『プログラミング的思考』を盛り込む新たな方策が取られたのも、ギリギリで官邸がプログラミングを入れ込んだことによる苦肉の策で、理念が先にあったわけではない」(文科省関係者)』
30年も変わらない国立大学の定員というのは、衝撃でした!

中高の先生については、エクセルは教えられても、プログラミングが教えられないというのが、現場の実態のようですね。私立が実施しているように、民間と協力しながら、プログラミング教育の機会を与えていって欲しいです。
「情報」の科目の問題は、1) きちんと教えられる教師がいない、2) 受験科目ではないため選択されないことが多い にある。実は、2) が解決されれば、1) は解決される。悲しいが、日本の高校の教育はすべて受験のためにある。「情報」という新しい科目だけでなく、歴史や古典、漢文なども同じ状況にある。生徒の興味でもなく、本質的にそれが若年層に必要かどうかでもなく、ただ受験に有利かどうかだけで、学校も生徒も学科を選択する。

学校でのプログラミング教育にはさまざまな課題があるが、私はExit側をきちんと用意しないといけないと思っている。Exit、すなわち高校ではプログラミングを学ぶことが進路(=受験)に対してどのように有利であるかということと、最終的に社会に出る時に、培ったプログラミング能力が本当に活かせる職場がどの程度あるかだ。

プログラミング教育の議論では、是非その点も考慮して欲しい。

一時よりはマシになったが、一時はIPA出身者の多くが外資系に行ってしまっていたという事実がある。その当事者の外資系に長年勤めていた人間が何を言うかと言われそうではあるし、ナショナリズムを過度に煽るわけではないが、税金をつぎ込んでの結果が外資系を助けることになってしまっては悲しいだろう。
この連載について
コンピュータのプログラミングが転機を迎えている。一部のエンジニアだけでなく、子供から多くの大人たちが取り組むべき対象として認知され始めたのだ。ソフトウェアを作るまでいかなくとも、プログラミングを通じて、何を創造していけるのか。次代を生き抜く「教養」としてのプログラミングをレポートする特集。