新着Pick
385Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
スポーツの現場に長くいる肌感からいえば、スポーツ記事を載せる専門雑誌やWeb媒体はお金がないところが多いです。それでもスポーツを取り上げて多くの人に見て知ってもらいたいという思いで、選手はもちろん、たくさんの人に協力を頂きながら取材を続ける者も中には多くいます。

コメントを見ていると、視点が”取材する”でとまっていますが、引いて考えると”メディアに取り上げられることで選手としての価値を高める”という効果も大いにあるということです。
無料で受ける取材がその選手やそのスポーツのことを広めて且つ価値を高めてくれるなら、良い先行投資になるのではないでしょうか。(ただ、そういう記事を書ける記者さん、媒体に限るので、その精査は難しいところです。)

ただ、記事にもあるように吉田選手の場合「囲み取材は構わないが、個別の取材には3万円を頂戴します」とのことなので、これは当然の処置と思います。
過去に無報酬の単独インタビューが行われたともありますが、そういうマナーのない記者さんがいたことに、同じスポーツ業界で記事を書く者として非常に恥ずかしく思います。
こんなん批判するメディアが悪い
担当業界の事情通であるアナリストにも、いろいろなメディアから取材依頼がきますが、その大半に無料でお答えします。
日経新聞なんかでアナリストの意見なんかが出てますが、いちいちお金なんて頂きません。

その理由は、⑴記者さんに恩を売って互いに情報を提供し合う関係になる、⑵アナリストとしての知名度を高めるチャンスになること、です。
(テレビ東京の番組出演なんかは別で出演料は頂きますが3万円以下)

ただ困るのが、こちらが情報を提供し合う関係のためにと好意で取材を受けているのに、一部のメディアの記者さんが「取材してやる」的な態度をとることがあります。

個々の記者さんの気質にもよると思いますが、日経新聞や経済誌(日経BP、東洋経済、週間ダイヤモンド等)の記者さんはよく勉強してるし、とても腰が低い。
かたや、日経以外の一般紙の記者さんは教えてもらえて当たり前という態度の人が多い。
海外メディアではFinancial Timesはやや態度が大きい。
そして最悪なのが、日本のテレビ局、なかんずくNHKです。遅刻はするし態度も横柄で、取材してやってるとでも言わんばかりです。

本題ですが、日本が誇る最も偉大なアスリートの1人である吉田選手がこの大事な時期に3万円で個別取材を受けるというのは、破格の条件だと思います。
現役のスポーツ選手です。

格闘技の場合は専門誌や専門サイトは予算がない所が多くライターさんカメラマンさんの分を考えると取材選手に予算がまわらないです。選手として露出する場と考えて費用が出なくても取材を受けるのも良いと思うし費用が出なければ受けないのもありだと思います。

お互いに納得してやればそれで良いし納得しなければやらなければいいでしょう。

ただオリンピック選手は4年に一度の稼ぎ時なのでここで稼ごうとするのは悪い事じゃないと思いますけどね。いい時は一瞬なのだから稼がないと。

一瞬しか稼げないスポーツ選手というのを理解してあげて欲しいなとは思います。
バラエティ番組ならともかく、スポーツ報道にギャラが発生するなんてあり得ません

↑スポーツ選手をなんだと思ってるんですかね。
タダで取材した記事でお金を貰ってるあなたたちは文句を言える立場にないのでは
価格は需要と供給できまる。吉田選手にとって「取材を受ける」供給の一単位は、時間と労力で計算したら3万円もらわないとバランスしないと判断した。

マスコミがとやかく言うことではないと思う。文句あるなら3万円払わずに取材しないか公開情報だけで記事書くしかない

【追記】芥川賞の羽田圭介氏はギャラ交渉を自分でしている。断るつもりでテレビの出演料を2、30万円にしたら、通ったと
http://tomolog.hatenadiary.jp/entry/2016/06/04/230642
これはプロとして当たり前だと思います。
サッカーのメッシやC・ロナウド、野球のジータなど世界でもトッププロへのインタビューにお金がかからないことがおかしな話ですからね。
まだまだ日本のスポーツマネジメントが未熟な証かもしれません。
首相の「取材」は、「取材協力費」を首相に払わず、逆に高額の接待を首相から受ける「ジャーナリスト」の「倫理」はどうなんだろうか?

首相は公益に資する義務があるので、首相が「取材協力費」を要求するのはおかしいというなら、選手団長として同じような義務が吉田選手にはあるかもしれない。

取材協力のアレンジを含め、「マネジメント」会社と有償契約した時点で、吉田選手は、単なる素人ではなくなっている。取材協力は、スポーツ活動という本務ではないから、その取材協力での、自分のマスコミへの役務提供の対価を考えるのは当然だ。
企業関連の弁護士は、仕事で1時間話すると、3万から5万が普通で、外国関連で高い人だと10万くらいする。
代替性が低い分野や希少性の高い分野の人の時間の価値はこう。原理的には3万どころか300万でもおかしくないと思う。
取材に対してギャラが発生することは珍しいことではないと思います。

この記事で卑怯だなと思うのは、記事に書いている人間もコメントしている人間も全て名前が伏せられている点です。一方、吉田沙保里選手は名前が出されている。フェアじゃない。

取材にギャラが発生することに対して、どう思うかは自由ですが、書いている人、記事に出てくる証言者全てが匿名というのは、ジャーナリズムとして正しくないのではないでしょうか。

メディアにいる人間の1人である僕がいうのもおかしいですが、日本のジャーナリズムの在り方は考えるべきだと思います。

僕はあくまで、スポーツ現場限定の話ですが、昨今のネットメディアに特に多い傾向として、書き手の名が明らかにされていないことです。

どこかの会社に属していいる記者が、ネットメディアからの依頼を受けて、隠れて書いていたり、姑息な手段で記事を配信しているわけです。

でも、本当にそれがジャーナリズムと言えるのかどうか。みなさん、どう思いますか?

僕はこの記事を読んで、フェアじゃないと思いました。
新着記事一覧
【MLB】ヤ軍は「田中将大と契約延長すべき」 NYメディア「双方にとって理に適ってる」
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

ランパード監督、19歳DFのコンバートを検討か。MFでポジション争い?
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks

元ドイツ代表主将が自国開催のW杯で魅せたスーパーゴール!ドイツ大会では全試合にフル出場
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks

【プレミア12】侍J、2番手山岡が打たれ再び2点差 4回浅村の適時打で1点返した直後に…
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

【プレミア12】侍ジャパンと米国の好カードも、空席目立つ東京ドーム… 試合は米国が2点リード
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

【プレミア12速報】侍ジャパン、チーム初安打から1点返す! 鈴木誠也の三塁打に続き浅村栄斗が適時打
データやコラム、多角的な視点で、ファンへ野球の魅力を発信
2Picks

【プレミア12】台湾、4回に追加点で3点リード 韓国はエース左腕がまさかの8安打3失点KO
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

【プレミア12】浅村、直撃も何のその 適時打で1点返す、4番鈴木がチーム初安打の三塁打で口火
野球・MLBの総合コラムサイト
3Picks

【プレミア12】侍ジャパン、先発の高橋礼は4回4安打2失点で降板 侍は1点ビハインド
野球・MLBの総合コラムサイト
2Picks

日本代表、キルギス代表戦の背番号が決定。背番号『10』は中島翔哉、山口蛍は20番に!
フットボールチャンネル | サッカー情報満載!
2Picks