新着Pick
1941Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
本日より10日間、営業、管理部門、マーケティング、士族などの職種の仕事内容の変容と、今後求められる素養について、カバーしていきたいと思います。よろしくお願い致します。
AIと人間が張り合えば、大抵の場合はAIの方が勝るでしょう。でも、「AI」vs「人間・AI連合」なら確実に連合が勝ちます。

「仕事を奪う・奪われる」ではなく、「仕事を生み出す」という観点で考えれば恐れる必要はありません。
AIはどの分野にも侵入し、クリエイティブな仕事にも携わるだろうから、その影響は文系・理系でそう違いがあるとは思えない。影響が及ぶスピードに違いはあるだろうけど。当面はAIを使うのもヒトであり、使いこなす覚悟があれば怖くない。
奪われる仕事は想像しやすいが、AIで生まれる仕事が想像しにくいから不安が募るわけで、問題は生む想像・創造の努力が不足していることだろう。
文系崩壊というタイトルが週刊誌の煽りっぽく好きになれないが、「ほとんどの職業は自動化される」「人間は人間らしいことに集中できる」というような、毎回同じようなコメント欄を見飽きたので、具体的な職種ごとのケーススタディで構成される特集は楽しみ
自分にとっても年初のNHKのネクストワールドで見た、弁護士の自動化、ヒット曲判定の機械化、警察のパトロールルート作成の自動化など、結局具体事例だと頭に残るので
人が取るべき5つの戦略はその通り!
せっかくなので、タイトルを明るく(^^)
ホラーストーリーではなく、人の可能性の広がりを伝えて欲しいと思います。
「文系崩壊」。NPは時々、電車の中吊りに出てる週刊誌の見出しのようなタイトルをつけますよね。文系、理系で括っている時点で、昔の人の感覚なのではないでしょうか。

そんな「文系」「理系」といった煽り方に加担してしまったという点において、文科省通知の罪は重いですね。本当に。
蒸気機関・石油動力で人間が担っていた力仕事の大半が置換されたし、コピー機やコンピュータなどの事務機器で事務作業の大半は合理化された。

たった50〜60年前は農業に携わる人口が50%だったのが、現在は3%にまで低下していることを見ても、50年という期間での仕事内容の変化やライフスタイルの変遷は、驚くことではない。
AIに自分の仕事の一部を肩代わりさせることで、よりクリエイティブな分野に自分のリソースを割けるようになる!くらいのポジティブな扱いにして欲しいです。仕事を奪う系はさすがに食傷気味。
NPOも、テクノロジーに奪われにくい仕事です。社会課題とは何か、社会的成果(インパクト)とは何か、は時々の価値観で変わるため、本文でいうところのステップアップ型(システムの上を行く)が求められます。また、NPOは対人サービスが多く、これまた人工知能では置き換えられにくいのです。
思いもよらないものが取って代わられそう。ロボットが老人ホームでレクをしているらしい。そうすると若手声楽家の仕事が減る。以外な置き換えが起きていると実感…
この連載について
AIをはじめとするテクノロジーの進展により、営業、マーケティングから経理・人事に至るまで、さまざまな領域でデジタルの素養が求められるようになっている。従来からある「義理と人情」「経験とカン」に基づく仕事は、今後徐々に重要性を低下させていくとの声も根強い。その中で、「文系の仕事」は今後どうなるのか。各企業の先端事例から、仕事の未来像を考えていく。
株式会社野村総合研究所(のむらそうごうけんきゅうしょ、英:Nomura Research Institute, Ltd.)は、東京都千代田区大手町に本社を置く、日本の最大手シンクタンク、コンサルティングファーム、システムインテグレーター。略称はNRI、野村総研。 ウィキペディア
時価総額
1.73 兆円

業績