新着Pick
552Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今日、神戸の理化学研究所で開催されたG1関西フォーラムで、あるパネリストが「関東人はルールにしたがって行動する。関西人はルールに書いてなければ何やっても自由と考える」というようなことおっしゃっていたが、なるほど納得。発想の枠組みが違う!楽しそう(^^)
これ面白い
電車往来時に話は邪魔されますが、利便性は高い
大阪の友人とはここで
期間限定の楽しそうなイベントですね!!

恒常的にやったらホームで大騒ぎになったり、線路に落ちたりと危険がいっぱいですが、期間限定で電車のホームで飲めるというのは楽しいです。
滅多にない機会なので、来場者が多くなると思います。
ちなむと、1年間大学通学に京阪を使いましたが、中之島なんてほとんど人が行かない路線なので、目玉企画としては非常に面白いと思います。

記事で「中之島駅」って出た瞬間に、後輩たちと「あ(察し)」となりました。笑
私なぞは頭が古いのでしょう。ホームには乗客の安全のために基準があると思います。運賃の原価にも入りますし、税金の優遇も受けているはずです。ホームドアがあれば安全の問題の一部は解決されているかもしれません。しかし、何でもかんでもラッチ内で商売ができるというのは、完全にラッチレスの鉄道ができた時代のことでしょう。
柵があればこんな便利なことはないが、酔客対策はちゃんとやらないと微妙かもね
うーん、楽しそう。京阪沿線に多少縁があるので今度行った時には覗くでしょう。でも、今日はこれまでにして帰ろう!と覚悟を決めて辿り着いたホームにお酒があると、呑ん兵衛の私は堪らない。誘惑に負けた翌朝のことを思うと怖いです。ン?いつでもあるわけではないんですね?  ^^;
面白いですね。

鉄道がお好きな方の集まりなんかにもってこいですね。沿線上の人は乗り遅れることなく帰れますし(^^)

「客がホームから転落しないように柵を設ける。」
→安全面が最も大切ですね。
中之島駅自体は利用客が少ないですが、中之島エリア自体は人気地区。面白い取り組みですね。
こういうのいいよねー。
少しの工夫で日常が楽しくなる
京阪ホールディングス株式会社(けいはんホールディングス、英語: Keihan Holdings Co., Ltd.)は、大阪市に本社を置く京阪電気鉄道・京阪電鉄不動産・京阪流通システムズ・京阪百貨店・ホテル京阪およびその他の子会社を統括する持株会社。京阪グループの中核企業である。 ウィキペディア
時価総額
4,550 億円

業績