新着Pick
173Picks
シェアする
Pick に失敗しました

選択しているユーザー
もう20年近く前になるが、トラック運転手の知人は酔うといろいろな武勇伝を話してくれた。「サービスエリアで瓶詰めの飲み物を買って、飲み終わった後の瓶ででアクセルペダルを固定するんだ」という話もその1つ。

クルーズコントロールが無かった時代だったのか、彼のトラックに付いていなかったのかは記憶に無い。だが、長距離での輸送において、いかに楽をするかを当時から運転手は苦心していた。

なので、彼らの作業を楽にする技術の導入は極めて理にかなう。記事で言う、高コストのトラックならば、自動運転技術もコストは多少高くても高機能なものを搭載できる。

また、「トラックの縦列走行により2台目以降は自動運転で走らせる技術を開発中」という「Peloton Technology」は注目したい。http://peloton-tech.com/ にある動画を見るだけでもいろいろわかる。
人気 Picker
自動運転トラックは、運転手の職を奪うかもしれませんが、「輸送アナリスト」は新たに必要になるかもしれません。

2011年に小学校に入学した子ども達の65%は、今存在しない職に就くと、デューク大学のデビッドソン教授は話しています。それが現実となるなら、近い将来運転手だけではなく、私たちの多くが現在とは違う職種に就いているかもしれません。

昨年3月に出版された『WIRED』では、AIやロボットに奪われない仕事として8つ挙げられています。

1.記憶の演出家(Nostalgist)
2.コミュニティ・オプティマイザー(Localizer)
3.ロボット・アドヴァイザー(Robot Counsellor)
4.企業文化のエキスパート(Company Culture Ambassodor)
5.単純化の専門家(Simplicity Expert)
6.輸送アナリスト(Auto-transport Analyst)
7.健康ガイド(Healthcare Navigator)
8.3Dプリントの構造設計者(Makeshift Structure Engineer)

http://wired.jp/2015/03/25/2030-works/
学生のころよくヒッチハイクしてたけど、ほぼみんな居眠りしてた笑。さっさと実現して欲しいね。事故がそんなに起こってないのは寝ながら手動の自動運転出来てるから。人間の潜在能力とは凄いけど、たまに事故るからね。
米国のトラック運転手視点の記事ですが、全世界の物流のあり方が変わる内容です。
一例を出せば、貨物列車による輸送にとどめ刺してしまったり、各企業の物流センターを構える場所も変わり、既存の配送拠点が閉鎖されることだってあるでしょう。
何が変わるかを俯瞰的に見つめられる人が、勝ち抜ける時代が間違えなく来ていますね。
全面的な自動運転には時間が掛かるだろうから、規制の少ない州から「長距離を運転する際、自動運転モードにしている間に仮眠を取れば生産性は上がるし、助手の運転手を雇う必要もなくなる」というように段階的に導入していくアプローチは現実的。
失業が問題になる米国に比べて、ドライバー不足の日本のほうが、自動運転トラックの社会的ニーズは高いはず。事故を大きく減らせることをしっかり説明すれば、実現は早められるはず。
宅配ボックス風の荷台のトラックが来て荷受人はそこまで取りに行く、または、荷受人の近くに着いたらそこからドローンが飛び出し玄関口でホバリング。何処まで自動化するのでしょうか?
米では、労働者の約15人に1人がトラック輸送産業で働いているとの事。職を奪われると否定しても流れは止められないので、働き方を本気で変えて行かないとですね。
トラックは確かにニーズありそう。自家用車に比べて滞在時間長いし、常に動き続けるだけにドライバーへの負担も大きいです。経営者から見ると居眠りなど、ちょっとしたことで壊滅的なダメージを受けてしまいます。
「長距離トラックの自動運転も論議を呼ぶ問題であり、雇用を奪う可能性がある」とのことですが、自動運転が実用化されて普及するまでに相応の時間がかかりますから、その間に徐々に他の職に移行すればそれほど大きな問題にはならないように思います。
アメリカのフリーウェイを走っていると、いかにトラックが多く、そして長距離ドライブに疲弊し、かなりフラフラな危ない運転をしているドライバーにもよく出くわします。だからこそ、アメリカは真剣に自動運転の技術に取り組んでいることがわかります。

加えて州同士が競争して規制緩和・産業支援をしていく、これは日本でも見習ってほしいことですね。テキサスはトヨタの米国本社も誘致し、周辺日本企業も移転している今後が注目されてる州。テキサス発のイノベーションが起きるんでしょうか、楽しみです。
この連載について
「第4次産業革命」──このビッグワードに対する注目度が、2015年に入ってから急上昇している。この「第4次産業革命」とは何を意味するのか。 本特集では、Part1では、第4次産業革命の本質を、専門家への取材などにより解説。Part2では、日本のライバルとなる、アメリカ、ドイツとの戦い方を分析。アメリカの第4次産業革命のリーダーである、GEの事業変革と意識変革をリポートする。 そしてPart3では、第4次産業革命による成長を目指す、日本の政府、企業の戦略をリポートするとともに、第4次産業革命時代のリーダー、マネージャー、ビジネスパーソンの生き方について考える。
Google LLC(グーグル)は、インターネット関連のサービスと製品に特化したアメリカの多国籍テクノロジー企業である。検索エンジン、オンライン広告、クラウドコンピューティング、ソフトウェア、ハードウェア関連の事業がある。 ウィキペディア