新着Pick
243Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
3Dプリンター市場は極めて有望だと思います。
特に、法人向けは将来計り知れないスケールになるでしょう。
材料さえあればロケット用の機械まで作れてしまうのですから。

もっとも、現時点で将来のシェアを予測するのは困難でしょう。
ものすごいスピードで技術的なイノベーションが起こる領域だからです。
あくまでデスクトップ3Dプリンタ市場でのトップ。限定して格安プリンタでのトップ。産業用でストラタシスや3Dシステムズ、他のドイツ勢に勝つことは容易ではない。
素材コストの問題が大きく当分まだフアブラボに置かれることが多いだろうな。
3Dプリンターの消費者市場は「まだ幼児期の段階にある」。それはまた、デスクトップ3Dプリンターの市場がいずれ来るという認識の現れ。

先週、政府が決定した知財計画2016では3Dプリンターの知財問題も記載されました。設計図などの情報が流通・共有されれば、それはモノに変わる。モノをネットで送り、モノをネットで共有することになる。その時代を想定した制度を考えておかなければ。

思いもかけないビジネスや表現文化が登場しそう。1人1台、早く来ないかな。
台数ベースのシェアだと思われるが…350ドルというのは、工作をするレベルとしては買ってみたい水準ではあるし。とはいえ、割り切ったところからイノベーションも始まるので要注目の動き。山田さんのコメントも合わせてご参照いただきたい。
エイサー(中国語: 宏碁股份有限公司、英語: Acer Incorporated)とは、台湾新北市に本社を持つパソコン及び関連機器メーカー企業グループである。1976年に施振栄(スタン・シー)等が創業。傘下にAOpenを持ち大手PCメーカーのOEM事業も手がける。BenQ、AUOは元子会社。 ウィキペディア
時価総額
1,726 億円

業績