新着Pick
185Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
現に築地市場で働いている人たちが「老朽化で維持は不可能」と言っている以上、移転はやむをえないと考えます。
私も築地を維持して欲しいと思っていましたが、無責任な外野に過ぎないと実感しました。

廃業して権利の売買が進めば仲卸業者の集積が行われるのでしょうか?
効率的でよりよりシステムに変わればいいのですが、寡占の弊害が出ると大変ですね。
マグロの初競りが高騰していた頃、築地によく取材に行きました。「にぎわい」はマーケットに不可欠ですし、築地にはそれがありました。

「豊洲移転ならオレは行かないよ!」と言っていた仲卸も豊洲にはにぎわいが期待できないことを理由の一つにあげていました。

「衛生的でシステマチック」も大事ですが、『にぎわい』が出てくるには時間がかかりそうですね。
個人的には築地を維持してほしいなと思っていましたが、ずっと変わらないことが良い場合と変わることでより発展するものがあり、本件は未来のために必要な決断だったと信じています。

「築地では市場に隣接する商店街「場外市場」の営業は続く。地元の中央区は豊洲開場に先立つ10月15日に商業施設「築地魚河岸(うおがし)」をオープンし、客の引き留めを狙う。」
➡場外は残るのですね。本当は移転したいのに移転できないのか、そもそも移転するつもりではなかったのか。どうなのでしょうか。場内と場外はセットだと思っていたので、少し意外です。
豊洲市場の工事、ゼロから見てきた。いま振り返ると、あっという間に、立派な施設が建ったという印象だ。
青島都政、石原都政の頃、もめにもめたあの頃のこと、みな、もう忘れてしまった。
築地の仲卸の子息、知り合いがいるが、事業は年々厳しいという。
時代が変わっていく。痛感する。
東京にあれば幾つか廃業してもニーズあるところに人は集まり新しい業者が増えるのでは?

人が集まらないということはニーズが無いだけだし。
築地から豊洲への移転が大きく負担になっているとは知らなかった。
ーー
築地の仲卸は経営が厳しい零細業者も少なくない。営業権の売買が活発になっており、廃業する動きもある。昨年度は約640だった水産仲卸が「400を切る程度か、もっと厳しければ300に半減する」との声も聞かれる。
場所も変わると、大きく産業も変わりますね。決まったことにとやかく言ってもしょうがないので、ポジティブに築地の良さを継承できればよいと思いますが。
移転は時代の移り変わり。仲卸の廃業もむしろ起こるべきことであって、感傷に浸っていては進化はない。
残念なニュースですね。
築地は、すでに世界でも認知度がありますので、今なぜ豊洲と世界の人も思っていることでしょう。
報道でしか分からないのですが、色々問題もあるようですし、大袈裟に言えば、築地移転は日本の文化破壊です。
そして犠牲者も出たということですから。
仲卸の経営問題も移転の背景にあるというのは、私がもう十年も前にインタビューした時にも言われていたことでした。それがいいのか悪いのか。

いってみればこれは有機的なコンピューターで、大量の入荷と出荷、多品種の流通を運営するための人間の知恵でした。しかしそれが無機的なコンピュータの進化と市場買流通の進化によって、その価値を相対的に下げてきている。

時代の変遷というか、ある程度の規模の縮小はやむを得ないのでしょう。