新着Pick
289Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
この記事は、私が昨晩このプロジェクトの記者会見をライブで見て解説コメントを書いたこの記事や、
https://newspicks.com/news/1496495?ref=user_238932
同じ宇宙分野のプロピッカー小野さんが今朝ピックされていたこの記事
とオーバーラップしていますね。
https://newspicks.com/news/1497451?ref=notification
どちらも英語の記事なので、日本語の記事とタイムラグが生じるのは
しょうがないのかな。一番上のURLの記事に簡単にですが解説を書いたので、興味のある方はご覧になってみてください。

>美馬さん
宇宙は完全に真空ではなく、星間物質があるので、星間物質の密度と宇宙船の大きさや速度との兼ね合いで減速や散乱を受けます。このあたりは議論を深めなければならないでしょうね。

>八幡さん
意図された質問の答えになってるのか分からないですが、上記の解説コメントの追記をご覧になってみてください。

>田添さん、佐藤さん
α星は三重星で、そのうちの一つの恒星の周囲に惑星が存在すると考えられています(ただ実際にあるかはまだ議論中とのこと)。それが本当なら、α星は太陽系から最も近い系外惑星系ともいえるのです。また、宇宙船はα星の3つの恒星のどれかにそのままつっこむのではなく、衝突断面積からいってα星の周囲を通過する可能性が高いです(*注)。

>松澤さん
三重連星(三重星)とは、三つの恒星がお互いの重力で影響を及ぼしあいながらも、共通重心の周りを(力学的に)安定して運動している恒星系のことです。

>笠原さん
追記ありがとうございます。上の返答(*注)に書いた「ナノクラフトは理想的には戻ってくるように設計されると思われます。」はブレークスルー財団の(現時点での)公式発表ではありません。あくまでも可能性の一つです。地球に戻って来られればウラシマ効果を直接検証できますが、誤解を与えるので削除しました。

>堀江さん
最大で100ギガワットです。
舞うチョウほどの大きさの小型探査機を数百機が、地球からレーザービーム(強さとか種類とかは書いてなかった)を照射を受け、宇宙を旅して地球から4.37光年離れた恒星系を目指す。

これが実現したら、望遠鏡やプラネタリウムで思いをはせていた星たちがどんな星なのかを知ることができるかもしれないと、ワクワクしてくる。

光速の20%の速度で飛行する仕組みとのことだが、宇宙では光を妨害するものがないから、ひたすらに直進することができるということなのかな。
きのう英語記事をピックしたけど、これ超興奮する!!太陽から4光年ちょっと離れたアルファ・センタウリの探査計画!映画「アバター」の舞台になった場所。ソーラーセールのような小型の探査機を、地球から放つレーザーで加速して、光速の20%まで加速するのだと。ホーキング博士がリードし、ミリオネアのおっさんたちが100億出すそう。でも100億って宇宙開発では小さいお金だから、まずは技術実証かな。生きている間にアルファセンタウリを見たい!!!
どれ位の電力必要なんやろ。
まだ構想段階ですが、とてもワクワクしますね!早崎さんのコメントが大変参考になります。
>アルファケンタウリ銀河系の恒星のうち、最も太陽に近い恒星とされている。

正しくは「アルファケンタウリは銀河系の恒星の・・・」です。

これだと「アルファケンタウリ銀河」というものがあるように読めるけど、アルファケンタウリは地球が属する天の川銀河の恒星です。太陽に一番近い恒星として有名。

助詞って大事ですな。
昨日ツイートしたやつが、早速和訳されてる。
時速1.6億キロよりも、光速の15%よりも、マッハ13万と言った方が速く感じるな。
ロマンあるなぁー。
100億円って、意外と低コストで行けるんだ
Nanocraftは宇宙探査に関してとても賢い新手法だ。