新着Pick
98Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
明後日20日にセンバツが開幕。今回の取材を通じて100年の歴史を持つ高校野球を変えるのはなかなか大変だと再認識しつつ、言いたい放題の声に耳を傾けてくれた八田会長に感謝します。現実を動かすにはもっと声を上げ、賛同者を集めていく必要がある一方、それでは変革のスピードがあまりにも遅いのも事実。旧態依然の組織をどれだけスピーディーに変えられるか、今後も考えていきます。一緒に考えていただければありがたいです。
八田会長、大人ですね。仮に自分がその立場でこうした質問を続けられたら「もう取材やめましょう」と途中で切り上げると思います。「高校時代に投げすぎて肩を壊す子がいます。肩という観点では未来につながっていきませんが、頑張って投げたことは未来につながっていくという考え方で球数制限は設けていないということですか。」という質問は、あえて教育論の大枠を振っておいて各論で挙げ足をとっているように感じられました。

高校野球にいくつもの課題があることは、門外漢の自分でも感じる部分があります。そこについては、しっかりと議論を深めていってほしい。ただ、その方法として、この質問のぶつけ方は少し失礼なのではないかと。

きっとこういうインタビューで途中で席を立ったら、好きに書かれてしまうのだろうと想像しながら読みました。インタビューを受けるって、難しいですね。
就任して間もないので、そこまで会長には考えがないでしょう。
それは仕方がないことで、だからこそ取材者がどんどんと意見をぶつけたのでしょう。

そもそもメディアが長い歴史の中で問題提議をほとんどしてこず、美学ばかりを過剰に取り上げていたことが様々な問題が放置されてきた要因の1つ。
そういった責務を感じたから取材者はあえてこのような構成にしたのでは。

引き続きの問題追求を期待したい。
高校野球のコンテンツとしてのポテンシャルは、バーチャル高校野球の成功や侍ジャパンの実績を見ると相当に大きいことが分かります。
教育という観点を維持しながら、そのコンテンツ力をスポーツビジネスの発展にも活かしてもらいたいです。
野球界の人も大変ですね。
言いたい放題の僕の声に耳を傾けてくださり、八田会長に感謝申し上げます。ここから何かが始まっていくことを期待しています。批判するだけなら、簡単だと思います。最近はSNSも普及してますからね。今回、もっとも良かったと思えたのは、結果的にですけど、批判が会長だけに降り注がなかったこと。愛情の反対語は憎しみではなく無関心。大事なのは野球界への愛情だと思います。愛情のあるもの同士で野球界の発展に寄与できればと思います。最後にこのような機会を下さったこと、インタビューの実現に奔走して下さった方々に御礼申し上げます。
結局高野連の目的関数が何なのか分かりません。少子化時代に1人でも多くの保護者に「子供に高校野球をやらせたい」と思わせるというのがそれなら、本当に競技が「フェア」であり、「教育」に資するという要素が一番高校野球競技者増加寄与しているのかきちんと見直す必要があるのではないでしょうか。この点NPで調査とかしてくれないですかね。

特に、昨今薬物や賭博事件など、野球が人間的な成長に資するというエビデンスが示せない中で、今まで維持してきた「教育」という価値観をそのまま守ることの意義は個人的には殆ど感じられませんし、それで失うものがあるならきちんとそのトレードオフを判断すべきです。

私はエンターテイメント性が高く、収益化余地がまだまだ存在する甲子園でしっかりと原資を確保して、小中学校やクラブチームへの再配分をしっかりやるということが野球界の喫緊の課題だと思っています。今のコンテンツ価値がある内に。

その為にも、高野連会長は各都道府県の高野連に気を遣っている場合ではなく、やるべきことを強いリーダーシップで進めて欲しいです
この連載について
高校野球は今年、100周年を迎える。日本の「夏の風物詩」をさまざまな角度から切り取りながら、その功罪を検証する。