新着Pick
464Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
法人向け弁当配達は大きな可能性を秘めていると思う。現在の個人向けの弁当配達も結構人気なので、栄養バランスのとれた弁当の宅配はビジネスマンに受けそう。
また、消費税増税後の軽減税率を考えると、弁当宅配の需要はさらに増えていきそう。

宅配市場の推移(単位:億円)
10 16,717
11 17,402
12 18,097
13 18,797
14 19,348
15 19,864
16 20,281
17 20,675
18 21,072
19 21,470
出所 (株)矢野経済研究所『食品宅配サービス市場に関する調査結果』/ SPEEDA
注:2013年以降予測値。惣菜・弁当以外の宅配も含む
本当はお昼休みくらい、社内でコンビニ弁当じゃなくて、外に出て散歩して気分転換したり、ランチしながら社外の人とゆっくり会って話ができる余裕を、みんなが持てるといいな。シンガポールで起業してる友人に「スケジュールタイト過ぎ」と言われた自分への自戒の念も込めて。
それよりも、井阪社長が唐突に白髪になっていることに驚いた。何か御苦労があったのだろうか。
井阪さんはあくまでもセブンイレブンの社長なので、総合スーパーや百貨店の閉店などのグループの経営判断にはあまり関与してないと思うのだが。
このオフィスへの配達ニーズは大きい。スマホで頼んで15分以内に来てくれたら必ず使うと思う。
レッドオーシャンだと思いますが、数有る職場へのお弁当の宅配屋さんからうらんで貰えれば、コンビニでの販売以外の販路が生まれますね。
鍵は健康志向だと思います。お弁当屋さんの宅配は本当の手作りなところも多いです。コンビニで買うものとの違いも必要。なかなか大変でしょうが、挑戦する意味は大きいと思います。
この市場は、「500円予算帯」の日常使いと「1000円予算帯」の会議用で大きくプレイヤーが異なります。前者はレッドオーシャンですし低粗利。ご支援先では後者に絞って戦っています。
下記の言葉に注目。何回かコメントしてきたが、コンビニ業態は店舗密度を上げながら店あたり売上を維持するために、商品領域を他業態から奪ってきた(奪えるのは店舗密度などの利便性、システム投資、物流といった要素競争力があるから)。『店舗から商品をデリバリーする方法を考える』というのは、ヤマトとかとの関係が気になっていくところ。個別のオフィスまで配送できるようになれば、利便性は上がるし、弁当宅配以外のニーズが一気に掘り起こせる。
『―これからの立地戦略はどうでしょうか。
 「あらゆるところにチャンスはあるが、出店とは別に店舗から商品をデリバリーする方法を考える。デリバリー機能が高まれば既存店がカバーできるエリアに広がりが出る」』
こりゃ便利だね。宅配弁当業界戦々恐々だな
最寄のセブンに配達車両がありますが、使用頻度は不明。
確かに宅配は既存店の売上を一段伸ばす方法の一つと思いますが、オペレーションは回るのでしょうか。
特に法人需要なら物流センターから直送する方が効率的。
仕事で呼ばれた時のケータリングを除いてはコンビニの食事を食べる事は無いのですが独身だったり多忙だったりするとコンビニ食になるのでしょう。法人に向けて営業するのは自然な流れか。

食事って数少ない楽しみの一つなので自分で用意するくらいの余裕は欲しい。高級な物を食べるという意味ではなくてやっつけで済ましたくはない。
ユニーグループ・ホールディングス株式会社(英語: UNYgroup Holdings Co., Ltd.、通称表記:UGHD.)は、ユニー、サークルKサンクス等を傘下に持っていた日本の大手流通持株会社。2016年(平成28年)9月1日をもって、(旧)ファミリーマートに吸収合併され消滅した。 ウィキペディア

業績

株式会社セブン&アイ・ホールディングス(英語: Seven & i Holdings Co., Ltd.、通称表記:セブン&アイHLDGS.)は、セブン-イレブン・ジャパン、イトーヨーカ堂、そごう・西武などを傘下に持つ日本の大手流通持株会社である。日経225及びTOPIX Core30構成銘柄である。 ウィキペディア
時価総額
2.94 兆円

業績