新着Pick
153Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
今、ネットでどでかい、ビッグコンテンツを当てれば、「ハウス・オブ・カーズ」で名を挙げた、デヴィット・フィンチャー、ケヴィン・スペイシーのようにずっと語られる存在になるはず。ブランド戦略としても効果抜群。ファーストペンギンになるのは、相当トクだと思います。
30代、40代になってくると、家庭に仕事に多忙になってくるので、低俗なテレビ番組に時間を割いているのがとてももったいなく感じるんですよ。だから、テレビを見るなら「これを見るために時間を割いてよかった」と思える番組が必要。

そうすると、別に半沢直樹や下町ロケットみたいな経済ドラマだけじゃなくてもいいと思うんですよね。感動できればいいし、また自分を見つめ直せればいい、何かテレビ番組からこれから生きていく上でのお土産が頂けるのであれば、多分、この世代もテレビに向かうと思います。
マスを狙って番組を作り、視聴率というKPIで評価することが、時代に合っていないんですよね。30代・40代男性といった性別・年齢といったデモグラ別の番組づくりも大事ですが、生活者の価値観やライフスタイル別に番組を作るのも大事です。TEDの視聴者は年齢というより、イノベーション共感層で、男女や年齢の垣根を超えていると思います。
そして、視聴率ではなく、課金による売上で評価できるようになれば、多様な各層に深く突き刺さる番組が増えていくと思います。その方向に進まないのは、既存のスポンサービジネスでまわっているから。黒船ではないですが、ネット業界という外の力が、テレビの本質を変えていくことに期待しています!
あぁ。これはすごく感じますね。健康系、ファッション系、芸能系には興味ないので、情報番組はほとんど見ない。ドラマは続けて見られる時間が確保できないし、バラエティは見ていて疲れる。そんな感じです。見るのはもっぱらおかあさんといっしょと仮面ライダー。完全に子供仕様です。
でも、何を見たいかと言われても、いまいち思いつきません。
テレビを見てもらいたいなら、リアルタイムで多人数がそのコンテンツを共有できることを活かしたものが必要ですよね。スポーツ中継くらいしか思いつきませんが。
バルス祭りはその意味では新しい共有体験で面白いですが、公式に「さぁつぶやけ!」と言われると冷めてしまうのがネットの反応。このあたり、意図的にデザインできるものではないのかもしれません。
NP読者というクラスタは全体から見れば少数だから、そこ向けの番組は作れないですね。どの局だって作ろうと思えばいくらでも作れるけど、NPで褒められたってその他多くの人につまんないと思われたら価値がない訳だから。
でも作る方は少数クラスタにも全体にも面白いと思われるような番組を作りたいとは思ってる。難しいけどね。
オリンピックを契機にこれまでできなかったことをやると良いよ
改めて感じるが、サイバーエージェントのAbemaTVやLINE liveのようなテレビ的なコンテンツを作る決意はホントにすごいと思う。
独占されていない、ザッピングもないネットの世界で一体どれだけ先行投資が必要なのか。
投資家のプレッシャーとどう向き合うのか。ちなみにabemaTVの資本金は3億円のようだけど、ホントに先行投資はそれで足りるのかな。
鈴木おさむさんの新刊『新企画 渾身の企画と発想の手の内すべて見せます』で紹介している新企画を実際に利用していただくときは、幻冬舎まで連絡ください!是非お待ちしてます。
NPでもPick数の盛り上がりで感じますが、皆が見たいのは「人」にフォーカスしたコンテンツですよね。

テレビなら同世代で活躍している人に密着した番組。

自分が好きな著名人が「プロフェッショナル」に出演するとみんなが見ますよね。

もしくはそういった著名人同士が○○論について語りあうちょっと深い内容のもの。

「ホリエモンチャンネル」とかそういう意味では凄く良いと思います。
うちはテレビがありません。数年前、出産の時、陣痛逃しのためにテレビをつけたら全くおもしろくなくて役にたたず。ふたりめの時はDVD持参で入院しましたっけ。
この連載について
今、テレビの世界、特にドラマの世界が大きく変わりつつある。フジテレビ、フールー、日本テレビ、CCC(カルチュア・コンビニエンス・クラブ)などのキーパーソンへの取材を通して、テレビ・動画の制作と流通とビジネスの「次」のかたちを考える。