新着Pick
223Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
昨年9月に日本高野連の会長に就任した八田さんは、同志社大学元学長として大学改革を行った人物。その八田会長へのインタビューを本日から掲載します。「プロと一緒に一つの野球界になりませんか」「NHKから放映権料をもらいませんか」など、一般的に聞きにくいことを聞いてきました。取材を通じ、八田さんが会長なら高野連も変わるかもしれないな、と。忌憚のない意見をもらえればうれしいです。
野球界に必要なのは議論ではないと思う。

今回出てきた日本野球界の構造もこれまで何百回も指摘されていますが、高校野球が学校にとってもメディアにとっても巨大なビジネスになってしまっている現状では、改革は無理だと思います。

誰かが既存の高校野球を脅かすフレームワークを立ち上げない限り何も変わらない。

そういった意味では、芦屋学園はその可能性を秘めていると思っています。
https://newspicks.com/news/827059
ほんとあほくさ
「100年目の高校野球を問う」特別篇です。
取材に同席させていただきました。八田会長は心が広く、私たちの提案を頭ごなしに否定することなく聞いてくださいました。会長の名刺の裏にはご本人に直接届くメールアドレスが記載してあり、八田会長がいかに聞く耳を持っているかを表していると思います。
今回の僕は提案者として参加させていただいています。途中、熱くなりすぎて、大変反省しております。6回分、充実した内容になったおりますので、我々の提案だけではなく、皆さんもご一緒にお考えください。

また、このたび、取材に同席させていただいたことに感謝いたします。
高校野球を取材をするようになって14年になりますが、最初の頃を思えば、高野連トップにインタビューさせていただくとは想像もしていませんでした。この機会に奔走していただいた方、NewsPicks編集部、中島大輔さんに御礼申し上げます。
プロ野球選手がアマチュアの選手を指導できないとか、わけのわからない規制をなくしてほしい。
悪平等ですよね。それなら公立と私学の差も解消しないといけない。お金があれば最新のトレーニング機器の導入や遠征まで出来るけど、部員の少ない公立では無理。偏見かもしれませんが、不公平を都合良く使ってる感じるがしました。
格差が生まれて何がいけないのか。
そういった中から真のエリートが育ち、プロで活躍する人材が出てくる。結果的にレベルも上がる。

難しい立場で取材に応じたのことには尊敬の念を禁じ得ないが、やはり高校野球をビジネスととらえてしまう構造は改革してもらいたいもの。

高校サッカーも同様だが、高校生はまだ育成期間。
過度なショーアップは、早い年齢での燃え尽きにつながるし、スポーツバカを生みやすい。
良く比較される野球とサッカーの違いとして、国際組織の有無があると思います。
国際組織があることで一定のヒエラルキーが形成されることは、業界としてまとまって何かをしようとする際には役立っているように思いました。
京都・岡崎にあったスタンフォード日本センターを同志社大学の中に収容してくださった当時の学長が八田さんでした。高野連という難しい組織を率いるという新しい苦労をしておられる。正しく導いてほしいと元ヘボ球児として願います。
少し前の野球人気が変わってきている現実があるのは選手人口を見ればすぐ分かる。
何かしらの対応・変化を行うべきだと思う。
この連載について
高校野球は今年、100周年を迎える。日本の「夏の風物詩」をさまざまな角度から切り取りながら、その功罪を検証する。
株式会社ユーザベースは、「経済情報で、世界をかえる」をミッションに掲げる日本のスタートアップ。ソーシャル経済メディア「NewsPicks」及び企業・産業分析を行う人向けの情報プラットフォーム「SPEEDA」などを提供している。 ウィキペディア
時価総額
705 億円

業績