新着Pick
257Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
男性は、女性を気持ちよくさせるためと言いながら自分より体の小さい、か弱い女性の胸に顔を埋めたがる生き物です。
胸に顔を埋める、それは、抱かれたいという思いの表れなのでしょう。

抱かれたい、守られたい、安心を得たい

そういうものを女性に求めているのではないでしょうか

男性は、愛する女性がいれば強くなれます。
守られてる、安心しているから、安心する場があるからこそ、戦いに行けるわけです。

女性は安全基地なのでしょう。
母艦という言葉もあるように、

男性は戦闘機、女性が母艦です。

戦闘機と母艦、どちらが強く、エネルギーがあるでしょうか。
母艦です。

体は小さいけれど、腕力弱いけれど、

女性の方がエネルギーがありそうではないですか?
それは、子供を産める、新たな命を生み出すことができるのも恐らくその表れです。

スピリチュアルや精神世界があるかはわかりませんが、

なんだか女性の方がエネルギーありそう、そんな風に感じるのではないでしょうか。

だからこそ女性は、エネルギーを出させてくれる男性を探しています。
全力で愛を注げる男性を。

しかし、女性は男性より感情に敏感なので、他の誰かの感情も読めてしまうわけです。
相手の感情が見えてしまい、自分のしたい行動をできなくなってしまうことがあります

そうやって、気づかないうちに自分自身で複雑にしてしまっています


セックスが好きなことは、女性が思ってはいけない、だからタブー、

セックスが嫌いなことは、男性を傷つけてはいけない、だからタブー

仕事を頑張りたいと思うのは、女性が思ってはいけない、だからタブー

浮気不倫は、してはいけない、だからタブー

セックスの話はしない、仕事を頑張りたいと思っているのを隠す、浮気不倫をしていたことを隠す、というのは感情を読めてしまうから我慢して、その結果です

我慢できるというのは強さです。

まず男性は、その我慢に気付いてあげること、

そしてそれを話させてあげることです。

タブーは実は強さの表れだということに女性が気付けば、

全部強さであって、シンプルになります

複雑にして、空回りしていたエネルギーを全部使えるようになります

タブーも含めて話しができることです。
女性が自分を認めて自分を好きになれれば、全力で相手を愛することができるのではないでしょうか。
男性、女性に関係なく、みんなをやる気にさせる人がその集団を活性化する。
女性のタブーを取り去る・・・つまり制約を取り去るのが”あげちん”ですか。

だから、夫では実現できないことを見いだしてくれる男性と不倫に走る?
よく不倫相手とはアブノーマルなSEXに耽るという話を耳にしますが、そういうことも含まれているのでしょうか?
それとも、単に私の妄想、考えすぎかも(^^;)
甘いな…あげちんとやらはそんなもんじゃない。
あげまん、あげちんに、信じる信じないや恋愛の有る無しは関係無いでしょう。その人が良縁か悪縁かだけだと思う。付き合ったら運が落ちる男、女、会社があるように、付き合うと運が上向く男・女・会社がある。

それを見極める事が重要なだよね。甘利事務所も付き合ってはいけない企業と付き合ってしまったんだと思う。同じように、付き合っちゃいけない男・女がいる。それだけだと思うな。
誰もが持つ「承認欲求」こそが個人でも組織でもパフォーマンスを決める事を知っておきましょう。
なんか色々言いたいことはあるが、タイトルの言葉は本当にそうだと思う