新着Pick
77Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
自民党小林議員との対談第5回。今後の自民党のメディア戦略の展望を語っていただいている。全体を通して、小林議員は、かなり的確に、現在の自民党のメディア戦略、アプローチのアドバンテージ、ディスアドバンテージを客観的に評価し、改善の試行錯誤をしようとされている。全体を通して、情報化、ソーシャル化に伴うオープン化が求められる時代においても、自民党がプレゼンスを発揮できるように着々と準備をされている印象を受けました。この点、先日、BSフジの「プライムニュース」で、自民党の青年局長の牧原秀樹議員と同席したときにも思いました。これは自民党の問題ではないですが、競争関係を通じた政治的緊張感の有無という点では、野党のこの分野の遅れが気になるところです。

※安田さんへ
これはNewsPickさんの提案企画ですが、ぼく自身は野党へのインタビュー企画でも引き受けられます。NewsPicksのように、政治に最初から強い関心をもっているわけではないが、知的好奇心の強い人たちが集まるメディアで、わかりやすく政治を掘り下げる仕事というのは、重要かもしれません。ちなみに、しばらく前に別媒体ですが、民主党政権時代の官房副長官をお勤めになった松井孝治氏へのインタビューを引き受けたこともあります。元通産官僚で、現慶應義塾大学教授ですが、大変な政策通であると同時に、広い文化的な知見をお持ちの方で、こちらはこちらで民主党政権時代に掲げた理想と現実について、かなり掘り下げたお話が伺えたと自負しています。よろしければ参考まで。

松井孝治×西田亮介対談【前編】「官邸では、国の未来像を描き、戦略を立てる仕事が中空だった」 http://bit.ly/1n5S2Pi
野党時代、谷垣総裁(当時)、世耕参議院議員、平井卓也衆議院議員、平将明衆議院議員など先輩方が先駆的な取組で牽引してきたメディア戦略も、時代の変化が早くここ2年程停滞気味でしたがここから再度挑戦していきます。

インフォグラフィックの導入や、政治による変化の歴史などは党内調整中ですが、もし厳しければ最後は自身のメディアで実現します。

スマホ対応向けに動画のテキスト化も、クラウドワークスのサービスを活用して自費でとりあえず実現することにしました。初利用でしたが、非常に便利ですね。

まずは行動して、結果を出していきたいと思います。

政策による課題解決が本分ですが、
政治と国民のコミュニケーションがより良いものになるようこれからも取組んでいきたいと思います。

貴重な機会をいただいた編集部と西田さん、そして激励や前向きな提案をいただいたピッカーの皆様に心から感謝致します。
インフォグラフィックで過去の政策を振り返るのは、とてもいいアイデアですね。短い時間で大きな枠組みを伝えるのに非常に優れた方法だと思います。あえてイット革命というキーワードなども差し込んでいけば、皆も思い出せますしね。

今回の連載、読めて良かったです。自分の感覚とは異なる部分も含めて、政治におけるメディア戦略の現在地が理解できました。小林さんにとって答えにくい質問もあったと思いますが、ひとつひとつ真摯に向き合って話されていたのが印象的でした。広報は都合の良いことだけの発信だと穿って見られます。まだ出来ていないこと、うまくいっていないことも含めて伝えることが、最終的には理解者を増やす近道なのだと思います。

小林さん、西田さん、魅力的な連載をありがとうございました。

追記:
西田さん、この流れで野党との対談もしていただけたら嬉しいです。自民党以上に野党の現在が見えにくい。小林さんのような議員さん、いらっしゃらないでしょうか。

追記2:
西田さん、コメントありがとうございます。リンク先の記事も拝見しました。各党とも発信は積極的にされているのだと思いますが、日常的にはヤフーニュースに表示されるような時事的な情報にしか触れていない私のような人は結構いるのだと思います。そういう点で、こうした場で掘り下げた議論が発信される価値は大きいと感じます。

Newspiks編集部が、また企画してくれることを楽しみにしています。
自民党は若手議員が多いというのは確かにそうかも。いい感じで若返りが進みつつあると。
電車に乗れば大半の人がスマホをいじっている時代です。昨年、山手線の電車の中刷り広告継続or廃止論が展開されましたが、今の時代は、スマホでどれだけ伝えられるかにかかっており、旧態依然の議論だと思いました。
政治もスマホ対応が必要で、1分で直感的に理解してもらえるコンテンツが必要ではないでしょうか?もちろん、理と質が伴っていないといけませんので、そこが情のコンテンツに勝たねばならないチャレンジかと思います。
小林議員、頑張って下さい!
18歳以上に選挙権が付与されることとなり、若年層を取り込む重要性が増していますから、スマホ対応は必要不可欠。”「歴史が動いた瞬間」を伝えるコンテンツ”というのはおもしろいですね。数年を除いてずっと政権与党である自民党だからこそ作れるコンテンツを期待したいです。
これからネット選挙解禁までの間にしっかりスマホ対応していかないとね。
服装や話し方の対策は大事そうですね。私は服装も話し方も適当なので、対策したら人格が変わりそうです。
《政治が民意で変わってきた》

当たり前では?

むしろそうならないことが沢山あることがいけないのはないでしょうか。
漫画が良いですよね〜やはり。未来ある連載でした。ありがとうございました!
この連載について
独自の視点と卓越した才能を持ち、さまざまな分野の最前線で活躍するトップランナーたち。これらのイノベーターたちは今、何に注目し、何に挑んでいるのか。毎週2人のイノベーターたちに、さまざまなテーマで大いに語ってもらう対談企画。