新着Pick
193Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
自動車メーカーへの補助金ではなくて、実用化に向けた道路等インフラの環境整備ですね。これは日本でも早急に実施すべきで、その際の基本的な自動運転コンセプトは日米政府で協議し、標準化しておくべきでしょうね。
日本に負けた車を、日本に勝ったITで、最終的に車でもITでも勝ってしまおうと。
日本と違ってスケールでかいなあ
米政府が今後10年間に40億ドル以上を投資することを約束した。オバマ大統領の2017年度の予算案であるため、却下されることはあるということですが、米政府が、先端技術に対する積極的な投資で、産業を育てようという意欲を感じる。
国が口を出さないのであれば、産業育成のための積極投資はプラス。
少なくとも自動運転は次の自動車シェアを大きく左右するもの(自動車企業が生き残るかも不透明)。
日本も民間に任せっきりにしないで、同じお金ならば、ばらまきではなく産業育成にまわしてほしい…。
わかってるよねー。日本は東北に自動運転社会実験特区を設定し、すべての高速道路および国道を自動運転仕様に予算投下。研究所の誘致を積極的に行うべし。特に沿岸被災地。
アメリカは大半の地域が居住地ではない州も少なくないから多様な実験ができそう。市街地の自家車使用より、物流とかに大きく貢献したり。
日本政府はエコカー普及に本腰入れてるのか?折角のEV,PHV,FCV、蓄電池などの技術ももたもたしていたら新興国や、米IT企業などに追い付かれ、追い越される。規制緩和や支援を強化した方が将来のリターンは大きいと思う。
アルファベットやアップル、nVIDIA、そしてデトロイト3など、ワシントンDCで「それなりのロビー活動」を、いまもせっせとしていることでしょう。
ですが、道路インフラや、実証試験に伴う各種研究資金などついては、カリフォルニア州 vs ミシガン州の「綱引き」では?
なんだかんだで、これら2州選出の議員さんたちは、大変でしょう。
~以上、この分野周辺をうろついている者の、勝手なひとりごとです~
日本の自動車政策は、おもに内燃エンジンや駆動系、環境負荷などに重きが向けられてきた。昨年までの経産省の自動車戦略は、どうも水素自動車の拡大という事だったようだ。多分、ガソリン車を走らせる大手自動車メーカが、EV車の世界では生き残ることができないので、一気にガソリンから水素へという考えだったのかも知れない。ハイブリット車だって、結局、ガソリン車の延長ですから。
既に世界の車の研究開発は、自動運転、自動ブレーキなどECUとセンサー、そしてセンサー情報を支える公共システムの計画。更に、GPSを中心とした地図と位置情報、それに電気の自由化を掛け合わせたバッテリーカー。これも公共とメーカのコラボってことになります。
政治がやらなくれはならないのは、規制緩和や新しいルール作り。(自動運転の場合の事故の処理、公共通信規格の問題、その他たくさん)なんだか、国会にいるとついていけない議員による足かせが技術進歩の阻害にならなければいいが。