新着Pick
2381Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
いやマジでJobs越えのオファーには耳を疑いましたぜ笑。日本最高の編集スタッフが集結した著書「ゼロ」のお陰でこのスピーチもできたと思ってます。自分が言ったからにはこの生き方の最先端でいなきゃいけないと日々奮闘しております。
「ゼロ」を読んで、スティーブ・ジョブズの伝説のスピーチを超えることが出来る人は日本では堀江さんしかいないと思いオファーしました。
卒業式を迎える学生は、卒業出来る喜びだけではなく、数日後には友人たちと離れ社会人になる不安の感情を持っています。ありきたりの祝辞ではなかった堀江さんのスピーチはその不安な気持ちを払拭し、やる気を奮い立たせてくれました。「未来のことを考えることに意味はない」なんてことは大学関係者はなかなか言えませんので、衝撃的でした。

インターネットのお陰でこうしてこの感動を100万人近い人と共有出来ることも素晴らしいですね。

卒業式なのでスーツとネクタイで来てくれると、密かに祈っていましたが・・・やはり堀江さんのいつものスタイルでした。それがまた堀江さんの魅力なんですけど、冷や汗かきました。
堀江氏らしいスピーチでした。
私もいつも学生の皆さんに同じことを言っています。
日本はタイタニックである。タイタニックの中で、どこが最後に沈むのかを、考える暇があったらさっさと泳ぐ練習でもしなさいと。
GLOBALでの競争は企業ではなく皆さん個人であると認識しなければならないと。
若い人は働く会社のことを考えるより20代は自分の成長だけ考えましょう。
どうせ大した貢献なんか、会社に対してにできません。
記事というか動画なだけですねw 「読んだだけで見た気になる人がいるので詳細は書きません」とは上手い言い訳、省エネ記事としては最高の書き方ですね。個人的には時間の節約できるログミーのような文字おこしの方がありがたいです、きっとこのスピーチをしているお二人もそうだと思いますけど。
明日からの仕事の前に
孫正義さんと堀江貴文さんのスピーチは、ふたりの人生が、その生き様が凝縮したもの。語りの内容はもちろん、語り口に何十年かの人生のエッセンスが表現されている。30分かけて聞くべき、見るべきスピーチ。
willや生い立ちの大切さと今という時代を二人の偉大な先駆者が凝縮して語っている素晴らしいスピーチですね。ランキングに載っていたのを見て初めて見ました。
適当にYouTube検索して書き起こしもせずに記事にしたのかな。スティーブジョブズの演説にMacBookのアフィリエイト広告貼る的な手法なのかな。
2つともいいですねー。大学生たちに贈りたい。
ソフトバンクグループ株式会社(英文社名: SoftBank Group Corp.)は、日本の携帯電話等の電気通信事業者やインターネット関連企業等を傘下に置く持株会社。日経平均株価及びTOPIX Core30の構成銘柄の一つ。また、プロ野球チーム「福岡ソフトバンクホークス」の親会社でもある。 ウィキペディア
時価総額
9.8 兆円

業績