新着Pick
559Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
内容を否定するものではないが、キャリアの作り方は百人百様。その時その時の環境や運にも左右される。僕は、若い人には、とりあえずは、目の前に与えられた仕事に真剣に取り組むことをお勧めする。人生、意外に無駄な仕事はない。その上で言えるのは常にアンテナを高くして、自分や世の中の変化になるべく早く対応できるようにしておくことだろう。
キャリアプランは考えたことがない。自分が考えるよりも世界は広く動きが早い。ただ、「面白そう」を追求するのみ。
まあ、人それぞれではあるけど、20代のビジネスパーソンは(起業家とかでなくてね)、まさにこういう、なんとなくの羅針盤を持っておくといいと思う。

結果論だけど、僕は36の時に銀行から、当時付き合いのあったプラスに転じ、46の時にグロービスの講師になり、またプラスの経営の一翼を担うことになり、その流れと、ソフトバンクアカデミアの縁で、48でヤフーに転じた。で、いろんなことが、45くらいの時から繋がってきた印象がある。こちらの、後ろ2つのターニングポイントは、まさにそんな感じなんだな。

ここで言うところの、最初のターニングポイント、28歳の頃は、仕事をせず命がけで遊んでおり、キャリアも何も捨てていた。だから今、普通なら落ち着くところで落ち着かずに自分を煽ってる。

経験から得られるメッセージとしては、
1 キャリアは、積み重なっていく。だから、ちゃんと考えた方がいい
2 40過ぎたおっさんでも、解き放つことができる。
3 命がけで遊んでると、キャリアにはプラスにならないけど、いつまでたっても高田純次みたく気持ちが若くいれるので、それはそれで、アリ。
4 ただ、結局、日々、一生懸命生きられるかに尽きる。自分探しではなく、自分を見つめて、一生懸命、生きる。
5 社畜になるのではなく、自分の人生を生きる。

ということかな。

ということで、当初予定通り、またニュースピックス、年末をもって無期限休養に入ります。

1年半前にやってた時もそうなんだけど、飽きっぽくて長く持たないんだよね。ではでは
こういう生き方を否定するものではありませんし、抽象的にアドバイスを求められたら、私もこのような、究極のモラトリアム的な答え方をするかも知れません。
でも、人生なんて一瞬先は闇ですし、そもそも何歳まで生きるかも分かりませんので、若い内からよほど自分のやりたいことが明確に分かっている人は別として、逆算で人生設計立てるというのには疑問を感じます。
人生なんて、所詮、人との出会いや縁で、偶然に左右されながら段々と形成されて行って、振り返ったらそれが自分の人生だったということなのではないでしょうか。
35歳までに、何らかのプロになるというのは一つの目安だと思います。
伊藤羊一さんのコメントが面白い。えっ、「ニュースピックス、年末をもって無期限休養に入ります。」伊藤さんのコメント楽しんでいたのに。。。
私は既に50を超え、今までこのようなステップは全く意識せずにその時その時目の前にある課題に取り組んできただけでした。しかし結果的にここに書かれているようなステップになっているように思います。

20代後半は新入社員で配属された不本意な部署から希望の部署に異動させてもらいガムシャラに仕事をしながら仕事の基本を学んだ。

30代は20代で学んだことで実績を作った。

40代は異業種に取り組んだが挫折して48で路頭に迷い万事休すと思った。

しかしその時、20代30代で伴に仕事をした人たちが、今の仕事の場を用意してくれました。それは20代30代に取り組んだ分野です。

一度自ら身を引いた世界に居場所を作ってくれ、充分以上の収入を与えてくれたのです。

40代の方向転換に失敗したにも関わらず今の生活の安定を得られているのは、20代30代でやっていたことが身についていたから。正に山崎さんの言う通りになっています。
28, 35, 45という節目には僕にはどんぴしゃり当てはまります。何か人生が動き出すタイミング。45になって成長の限界感じたら転職、が大企業に勤務するサラリーマンへのお勧め。大企業だと40越えないと自分で仕切って仕事出来ないのが実態。
30歳を越えたあたりからは、転職する気がなくてもヘッドハンターやエージェントにこまめに会って、自分の市場価値を確かめておくことはやっておいた方がいい。もちろん、彼らの評価から1割ぐらい下げた評価がクライアント(転職希望先)に映る評価になるパターンが多いですが、参考にはなります。
一つの目安としてはよろしいのではないでしょうか。ただ、目まぐるしく動く社会の中で、凝り固まったキャリア・プランニングをするくらいなら、その時々で直感に従って動いていく方が良い気もしますが。