新着Pick
196Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これ実はスポーツの連載です。ビジネスのやり方をスポーツに、スポーツのやり方をビジネスに、そういう考えでなるべく世界で最も注目される具体的な事例の現場から100時間以上費やし、経済紙に堪えられるよう一般ビジネスに抽象化しこれまでの連載を書いてきました。過去の連載一つ一つは具体的な事例で説明するようにしてますので関心ある方はご覧ください。

一方で様々な事例が生まれる世界の現場と触れるに当たり、考えを確かにすることがあります。具体的な事例を一つ一つ身に付けても横展開はできても新しいものは産みにくい。これだと今の時代には合わない。なので経験してないこと、事例のないことからも新しいことを生む技術、抽象化思考が必要になる。様々なリサーチがありますが日本人は抽象化はネガティブ、具体化はポジティブという文化です。両方の行き来が必要ですが、バランスがよくない。その思いが今回のインタビューでは色濃く出過ぎ、これまでの文脈のない方には苦痛だったと思います。

ハーバード大学の名誉教授、エズラ・ヴォーゲル氏が「日本人はAbstract Thinkingが苦手で過小評価されている」と著書に書いています。『ジャパン・アズ・ナンバーワン』のあの先生です。湯川秀樹もノーベル賞受賞後にそう話しています。官僚がMBAを学び医者がd.schoolに通う。豊富な事例を元にした抽象化教育だからです。

これまでの連載では事例中心に進めてきましたが、だんだん事例が秘密になる、だんだん事例が出た頃には勝負はついている、という時代が来ています。それでも工夫をしていきたいと思いますが、言語はもちろん、思考の異なる人間との競争に入っていることはやはり時代認識として大変重要なポイントだと思うわけです。

"日本人は型を作るのが苦手なのではないか?という疑問をずっと持っています。複雑なパターンや、一見異なる事象を抽象化しモデル化できない。したがって標準を作れない、その標準を普及させられない。日本は誰かが作ったルールの中で精度を高め、誰よりもうまく実行することに長けており、また誰かが作ったルールを微調整することは得意"

by サッカーにおける「ベストプラクティス」革命
https://newspicks.com/news/850181/
あるJクラブの元社長に会うと「間違いなくBリーグは来年ブームになる」と言っていました。今回の馬場さんの指摘は、まさにBリーグに当てはまりそう。

*ぜひ馬場さんのコメントも合わせてお読みください!
「壊して新しくつくるくらいなら、ゼロからモデルをつくって育てたほうが、遠回りのようで近道だと。」

とても共感できます。

学生で、日本のスポーツを変えたいと言っている人達は、自分でクラブ作ってトップチームからジュニアチームを整備してみた方がスポーツを変える力を持てると思いますよ。
私の狭い経験の範囲内ですが、特に日本のスポーツ界は危機や成長への感受性が確かに鈍い感じます。もしかしたら鈍いのではなく、気づかないふりをしている、もしくは変化を否認しているとでもいいましょうか。

また、「以って他山の石とする」とか、「人の振り見て我が振り直せ」というマイナス面への注目は比較的高い気がしますが(それでも起こる似たような不祥事も多いですが)、インダストリースワッピングの概念に見られる他業界の成功事例を積極的に取り入れようと言うプラス面への貪欲さも一部の球団を除いて十分ではありません。

その原因には、十分とはいえない資金力ゆえ人材やソフトを含むインフラに投資ができないこと(不確かな売上アップよりも確実なコストカットを優先する)、成果を出した人材に対する評価制度と成果を出せるような教育制度が確立されていないこと(やってもやらなくても同じなら人はやらなくなる傾向が強い)、自らの価値(知名度、人気に代表される社会からの注目度、期待度)を正確に認識できていないことなどがあるように感じています。

もちろん、それらに気づき、トップが適切な投資を行い、成果を出しているスポーツ組織も見られるようになってきました。が、世界トップレベルのイノベーションというレベルには達していないと感じます。それができる環境と実力が日本のスポーツ組織にはあるはずですので、きっと馬場さんは歯がゆいし、逆に可能性を感じているのでしょう。だとすれば私も一緒です。
全部やらなきゃ
米国のMLB(メジャーリーグボール/野球)、NFL(ナショナルフットボールリーグ/アメフト)、欧州のサッカーチームに関するデジタル戦略は、5-6年前からかなり本格化しており、重要な位置づけに変わってきてからもうずいぶん経ちます。ファンとのつながりを直接得られるデジタルメディアの発達は、各チームや運営団体にとって必須。馬場さんのご指摘の通り、日本でもテクノロジーを用いたり、米国の先端のケースを見てみるだけで、ずいぶん先に進めるのかもしれません。先端のケースは、ハーバードビジネススクールで使われています。ケースの著者のAnita Elberse氏はもともと自分がサッカー選手だったので、サッカー業界はじめ、スポーツ業界やエンターテインメント業界での戦略/マーケティングでは現在TOP。ちなみに、いまのハーバードビジネススクールで彼女の授業が一番人気が高く、抽選でもなかなか取れません。著書のブロックバスターズにも、スポーツやデジタルマーケティングに関する記載も紹介されています。
田添さんの言う通りかも。議論の軸があやふやで、専門用語が多い居酒屋談義になってしまっている気が。もったいない。
哲学書より難解だ・・・ヘーゲルか!と思いました。
カタカナ使っているだけで、深さもないような・・・
ある業界で作られたビジネスの”型(成功パターン)”を抽象化することでそれ以外の業界や分野でも使えるようにする。非常に重要なことだと思います。
人に伝える時に具体化は必要ですが、応用するときには抽象化(本質をつかむ)ことも大事ですね。まさにビジネススクールのケーススタディーの世界。
野球の捕手の配球の予測モデリングがGDP予測のモデリングに応用できたり、ホテルのPricingモデルによる需給マッチングがタクシーのプライシングモデル(=UberのSurge Price)に応用できたり。アンテナを高くはることの重要性を教えてくれます。
スポーツ×テクノロジー×イノベーション
これをどうやって実践できるか。まずは気づく所からってことですね。。