新着Pick
290Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
まだ技術課題は多い。要するにプロジェクターがついているか、マイクロソフトのホロレンズをヘッドマウントでなくした感じが特許からは推察されます。

基本的に前者の匂いがするが、そうすると「投影の明るさ」が数千ルーメンないと、明るい部屋では何も見えない。

まだ、アイデアの域は出ない、ARは各社試行錯誤でしょう。

ソフトはAppleが買収したMetaioや先日クアルコムから売却報道されたVuforiaで確立しており、ARは完全にハードとサービスが課題。
ARという概念は、大学生の頃今は無きセカイカメラによってその存在を初めて知り、「これがスマートフォンが実現する新しい世界観か!」と感動を覚えたものだけど、それから10年近く経った今、ARテクノロジーはさして進化していないように思える。ヘッドセット不要のARも良いけど、コードレスのVRも欲しいところ。
これはできれば相当画期的な仕組み。ARが一気に普及するきっかけになれると思う。
>アマゾンのARデバイスは、ヘッドセットを使用しないことで視界の制限を無くし、映像を様々な場所に投影できる画期的な仕組みと言えるかもしれない。
この方向性、実は色々な会社で模索されてる
ちょっと前ならプロジェクションマッピングの文脈で語られていた可能性の高い記事かと思います。ARで、情報をオブジェクトに固定させようとすると、人の視点移動に対して映像を変化させる必要があるので、それに対応します。という辺りが新規性でしょうか。
ARやVRだからって3Dである必要はないと思うし、むしろそうでない方が製品化は容易で可能性は高そう!
どっちもハッキリ言って必要ない。VRはゲーム向けで確実に需要は見込めるけど、それ以外については懐疑的
そんなことよりユーザー目線で本来のAmazonとしての在庫拡充・即配達etcをもっと強化してほしいところ。
Amazonってホントに視点がユニークネスで、オモシロイ会社ですねー。
Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。 ウィキペディア
時価総額
101 兆円

業績