新着Pick
117Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
形式上1つの国家とされていますが、スペインの歴史は深い。いわゆるスペインのスペイン語とされているのはCastilla語ですが、Vasco語に至ってはもはやスペイン語ではない。
近年の欧州の動向について、こちらに分かりやすくまとめられています。
http://thepage.jp/detail/20141017-00000012-wordleaf
フットボールファンとしては、バルサがリーガに残るのかが1番気になる。
かつてはフランコ体制で圧政を受け、カタルーニャ語を禁じられたりと。それがレアルマドリードとバルセロナのクラシコへと繋がっています。
で、実はスペインのスポーツ法上、国外のクラブの国内リーグの参加を認めていないので、カタルーニャが独立するとなると、バルセロナはリーガエスパニョーラには所属できなくなる。
結構な懸案です。
【国際】スコットランド独立問題同様、カタルーニャ独立問題もまた「国民国家とは何か?」という問いかけが必要な問題であると認識した方がよいだろう。「国民国家」という基礎的概念を共有できなければ、この問題を考えることは難しいと思う。
これ、高城剛さんが有料メルマガでかねてからとても良い分析をしている。
EUがなかったらありえない独立だけどね
スペインでカタルーニャ自治州の議会が、スペインからの分離独立プロセスの開始を宣言する決議を賛成多数で可決した。ヨーロッパ各地で燻り続ける、地域の分離独立にまた焦点が当たりそう。
コソボのユネスコ加盟がロシアとセルビアなどの強硬な反対で否決という今朝のニュースがありましたが、外の世界からは見えていない対立がヨーロッパにもまだたくさんあります。
リーガにどう影響するのかが特に気になるところ。
EU・ユーロ圏は、既存の国民国家を離れても、生きていける枠組みがあると考える地域が出ている。スコットランド、カタルーミャ州がそうだ。一方で、頼りにされているEU・ユーロ圏自体が揺らいでいる。こちらは政治統合までコミットできるかだ。

ある意味、自然な流れなのかもしれない。