新着Pick

消費税率アップも2014年国内アパレル市場は微増 ネット通販が底支え

Fashionsnap.com 最新記事
矢野経済研究所が「国内アパレル市場に関する調査結果2015」を発表した。2014年のアパレル総小売市場規模は前年比0.9%増の9兆3,784億円で、消費税率アップによる駆け込み需要の反動減はあったものの、紳士服、婦人服、ベビー・子ども服のすべてで堅調に推移。百貨店や量販店チャネルが落ち込む中、専門店や通販チャネルが市場を牽引した。このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
1Pick
Pick に失敗しました