新着Pick
203Picks
シェアする
Pick に失敗しました

人気 Picker
本日から9日連続で、医療従事者向け情報サイト「m3.com」とNewsPicksの共同企画、「医療の未来、医師のリアル」をスタートします。アンケートにお答えくださったピッカーの皆様、本当にありがとうございました! 初回の今回は、日本の医療を取り巻く現状についてインフォグラフィックを駆使して解説すると同時に、「日本の医療の問題点は?」について医師とピッカーの皆様の認識の違いを浮き彫りにしていきます。明日以降は、こんなラインナップを予定しております。
【2回目】医療費カットの切り札は「患者負担増」か「ジェネリック」か?
【3回目】ジェネリック医薬品「使いたい」医師はNP読者の半分
【4回目】出生前診断、医師は利用するのか?
【5回目】がんは放置せよ「近藤理論」に賛成の医師は3%
【6回目】医師は「生まれ変わっても」また医師になりたいか?
【7回目】医師、NP読者共通の悩みは「給料の低さ」
【8回目】医師とNP読者、年収が高いのはどっち?
【9回目】美座椅子、腸内洗浄、ミドリムシ…NP読者は医師より健康オタク

どうぞ、ご期待ください!
医者と患者でこれだけの認識ギャップがあり、かつコストがかかり過ぎているのは、今の医療システムの問題。特に、情報が医者に極端に偏り、患者は医者に頼る意外、術がないという状態をどう解消するかがポイント。

医者が診断、処方、経過診察をマニュアルでやり続けるのではなく、今開発されているウェラブル機器などを用いたセルフケアリング、リモート診断をどこまでシステムに取り込めるか。更には、アメリカではPatients like meのような、患者同士で病気に関する情報交換が出来る状態も効果がある。

短期的には医者、製薬会社、医療機器メーカーにはマイナスに効く部分もありそうな感じ。実行段階では、ここをどうするか?因みに、医者の人数を減らす方向の方針が先日厚労省から出ていたと思うのですが、記事のデータをみると逆の方向に行く必要がある気がしました。
これは深い連載になりそう。てか医師一人が500人をみてることになるのか。。高校の先生より大変。待ち時間とか意外とそういう診療と直接関係のないところで不満が積み重なって様々なところに飛び火する。海外から特に看護師など連れてくるのがベストだと思うけどなぁ。
これはとても面白い。わかりやすい。日本の医療の問題点は数字で明らか。一方で夫婦喧嘩ばりに患者視点と医者視点が真逆で面白い。

今まで根本的に医学世界やお医者さんの考える問題点は私たちに見えにくかった。まずは相互理解から。その点でこの連載は楽しみ。
ギャップのある関係が長く続いている領域のひとつでしょうね。他の業界で起きているように、ここでもウェアラブル、AI、VRといったテクノロジーが埋めてくれると信じています(新しい問題が生まれるでしょうけど)。

アンケートをもとにしたこの9回企画は、新たなサービスのヒントにもなると思います。
うーん、もっと本質に斬り込んでほしいな
m3.comは医師専門サイトで、一般人は閲覧できない。編集長や編集者がどのような人なのか、どのようなコンテンツがあるのか、ネイティブアドはどのようなものかなど興味が尽きない。そういう意味で今回の連載はとても楽しみだ。
患者側と医師側の認識のギャップが見えるのは面白い。この情報格差自体も一つの問題。
ただ、この問題については、一般人に向けた医療関係の情報インフラとなるサービスが出てきているので、今後に期待している。

個人的な意見として、記事中の選択肢にない問題点を3つ挙げると、「医師の不足と偏在」「病院のサロン化・社会的入院」「過剰診療」。

①医師不足・偏在:一つには絶対数の不足。そのほかに、診療科と地域での偏在も問題。
②サロン化・社会的入院:特に高齢者だと思うが、医療以外で娯楽や交流の機会を増やすべき。
③過剰診療:診療報酬、調剤報酬という制度的な問題に加え、患者側の知識不足なども原因。

(追記)
三つ目は思いついたので書き直しました。
「コンビニ受診が多い」と医師が問題視…。夜中にお腹が痛くなって救急車を呼んだことがありますが、医者は明らかに「腹痛くらいで呼ぶな」と迷惑顔でした。それ以来、体調管理に気をつけるようになり、今では風邪も滅多にひかない強靭な身体になりましたよ。
本来対立することは非常に不幸な関係である医師と患者。
だが、現在は両者の間のコミュニケーションに齟齬があり、対立構造になっている。
双方の立場からのアンケート調査は画期的で面白い取り組み。連載を楽しみにしています。