新着Pick
248Picks
Pick に失敗しました

人気 Picker
これ、国内認証取り下げのプレスリリースが、7/18付けでシードから出てます①。
日経新聞によると「欧州を中心にした30カ国以上の医療現場で、トリガーフィッシュシステムは既に導入されている」②。なぜ取り下げたのかは明記されていないけど、日本の有形無形の規制の厳しさが背景にある事例では。

医療+ウェアラブルは技術的には期待している分野で、技術は進むと思うんだけど、普及には地域別にハードルがあるんだよなあ。

http://v4.eir-parts.net/v4Contents/View.aspx?template=announcement&sid=24588&code=7743
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO89384020W5A710C1000000/
ウエアラブルっぽいウエアラブルない商品がいろいろ出てきた。これはスイスの会社のコンタクトレンズ製品が国内でも認証されたというニュース。
他にも涙から血糖値を測るチップを東大の坂田先生が作っておられたりする。涙はコンスタントに出続けているので、体液からの連続モニターに向いているらしい。
見た感じ、コンタクトレンズの曲率をひずみゲージで計測して、チップで抵抗の測定と送信をしているのでしょう。バッテリーはおそらく無線充電。たいした計算はないのでそれほどエネルギーはいらない。コンタクトレンズの表面についているだけなので安全性も問題ないでしょう。あとは測定結果がどれだけ診断や治療の役に立つかです。
コンタクトレンズというすごくセンシティブな物の中にセンサーが入る、それが実用化されてきてますよね。ついに国内、厚労省が認可しましたか。
応用としてドライアイなど現代病に対する打ち手につながってくれると嬉しいです。
コンタクトにもセンサーが組み込まれてIoTとして、データを送信する時代になった。そのうち体内にも組み込まれる時代が来るだろうね。
すげえー!
一般化すると、映画館も諦めるでしょうが、盗撮対応はどうするのでしょうね。スカートをはかなければいいのでしょうが。
シード、日本企業からってのが素晴らしい!いろんなイノベーションがまた起きそう。