新着Pick
434Picks
シェアする
pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
これはかなり驚異的な数字。現状この分野で、Amazonより完全に優位に立っているサービスはほとんどないのではないだろうか。
「国内全人口カバー率で70%のエリアで当日配達、98%のエリアで翌日配達が可能」

ヨドバシは2015年7月末時点で全国22店舗。事前予約必須の「ヨドバシカメラコンシェルジェ」というサービスがある。実店舗での買い物中に専属のスタッフがついてくれるというもの。近年、ECの発達で、実店舗の存在意義が危ぶまれていたが、徐々に各社の差別化が進んでいるようだ。
ヨドバシ.comもよく使いますが、タイトルと内容はミスリードが否めない。
ヨドバシは直販ですよね?楽天はマーケット型。Amazonは基本は直販だけど、マーケットプレイスとハイブリッド。
楽天は楽天で品揃えが豊富で、楽天でしか手に入らない商品も多いですし、彼らが打倒Amazon戦略か、というとそんな感じはせず、差別化して日本のローカライズを徹底していますよね。
ヨドバシも好きですが、なんでも対立軸で語るのは盛り上がりますが、何か違和感を感じます。
リアル店舗を物流網と捉えると、途端にリアル店舗を持った小売店が強くなる。例えば飲料やお酒。これはAmazonで頼むよりもカクヤスで頼んだ方が安くて速い、というのはもはや常識。
とはいえ、「Amazonを超えるのは楽天ではなくヨドバシ」ってのはあまりにも暴論ですな。
ヨドバシ・ドット・コムはこれだけの規模でありながら「O2O」をとてもうまく実現している。送料無料や実店舗での受け取り、「B2B2C」の楽天にはできない運営は今後より魅力的になってきそう。ここにコンビニ受取が加わったらさらに手強くなりそう。
好立地中心に出店している企業は、参考になると思う。ショールーミングが発生することを前提に、でもECはショールームは持っていない。だからショールーミングした人たちが自社で購買するように設計する。
もちろん好立地に店舗を設けるにはコストがかかる。そこのコスト部分は、商品でさがないなかで、サービスやついで買い、あとはどの企業も利益を生むために限界上の値付けをするので、競合他社見合いでどう設定するか。
そうかなあ。それはさすがに無理だと思うが
6時間という配送リードタイムは驚異的です。
買い物して帰ってくる時間と変わりません。特に深夜に注文すると翌日の午前中には届くのが嬉しい。
ネット通販向けの物流センターは続々と建設されていますし、今後は6時間配達は各社とも当たり前になるでしょう。
ネット通販は、品揃えの豊富さ、配送リードタイムが差別化要素になっていますが、今後はリコメンデーション機能などの付加的要素が重要になってくるかもしれません。
流通関係者の間では全く意外でもない話
アマゾン日本の数字を知りたいなー。売上、経常利益とも。
ヨドバシが対アマゾンで健闘しているという話。

ECの普及が一定を越えてアセット自体の総力戦になってきたのは非常に面白い。
簡単に分析すると、以下の4点がキモか
・ショールーミング目的での実店舗の重要性が増している(スマホだと画面が小さいのも影響してそう)
・結局物流勝負だとすると、リアル小売は負けてない
・特に都心回帰傾向もあり、ヨドバシのような一等地立地×店舗数は少なめは有利
・(当然ながら)経営者がインターネット的戦い方をきっちり取り入れる柔軟性とエグゼキューション能力が重要なファクター。

業績

Amazon.com, Inc.(アマゾン・ドット・コム)は、アメリカ合衆国・ワシントン州シアトルに本拠を構えるECサイト、Webサービス会社である。アレクサ・インターネット、A9.com、Internet Movie Database (IMDb) などを保有している。 ウィキペディア
時価総額
88.4 兆円

業績

株式会社ヨドバシカメラは、家電・パソコン・カメラ・写真用品などを販売している量販店チェーンストア。 ウィキペディア