新着Pick
153Picks
シェアする
Pick
Pick に失敗しました

人気 Picker
【無料】位置情報データシリーズ全4回、お付き合い頂き、ありがとうございました。データの特性上、できないこともあるのですが、みなさんのコメントを参考に、つぎの企画や伝え方を練っていこうと思います。シリーズ初回はこちら: https://newspicks.com/news/1033380
人間心理が垣間見れて面白いですね
データの見方がやっぱり面白い、というか、面白くみれそうなものをターゲットにしてると入っても、やはり上手い切り口は勉強になります。
位置情報データシリーズも今回が最終回。
最後は曜日別に見ていきます。また、前3回のおさらいも。
時間が経つにつれて平日・休日ともに客数が安定することでブルーボトルが本来求めているコーヒーを楽しむ場所としての喫茶店に近づいていく気がする。
ブルーボトル病
人間の行動は面白い、混雑を避けようと先読みして思ってみんなが行動すると、店は空く。こういうのも考えて、マーケティング、こりゃ難しいわ。
(7/2追記)
本記事にあった曜日別のグラフから、ピクセル数でだいたいの人数を割り出すと、以下の通り(一週間分の合計)。
2月4週:3424(人・時)
3月1週:4418(人・時)
3月2週:5563(人・時)
3月3週:5323(人・時)
3月4週:5253(人・時)
3月5週:5019(人・時)
4月1週:6297(人・時)
4月2週:3962(人・時)
2月4週からであれば、たしかにある程度維持されている。
しかし、なぜ2月1週からのデータが無い?

(7/1)
しまった、連載中のグラフが金曜日のデータというのを見逃していた。最初の回から見直して考え直さないと。

吉田未来さんがコメントしているように、江東区民がどんな動きをしているかというのは非常に重要。
これは、夕方以降の「ついで来訪」が増えていることもあって、今後の継続性に直結してくると思う。

連載の第1回( https://newspicks.com/news/1033380/ )の記事にコメントしているように、使っているデータが長所・短所ともに特徴的なのはどのような結論を考えるにも重要。
全体としては、統計としての制約が大きいわりに、有意義な分析になっていると感じる。これをもっと具体的なデータと関連させると、相乗効果でより価値の高い成果を上げられるはず。
やはり、ブルーボトルの店舗側が持っている来客データと合わせて使うのが効果的なのでは。