• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

AIが最も多く仕事を奪うのは金融業界-シティが新リポート

Bloomberg
332
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 比屋根 一雄
    badge
    三菱総合研究所 執行役員兼研究理事 生成AIラボセンター長

    デジタル化が進んでいる金融や保険がトップなのは分かります。でもエネルギーが第3位の理由が分かりません。どんなロジックなのでしょう?


  • 中瀬 幸子
    badge
    Avintonジャパン㈱ 代表取締役・大学講師・生成AI 活用普及協会 協議員

    世界的大手のシティバンクグループが、銀行業界全体の仕事の約54%が自動化される公算が大きいと試算。さらに、業界全体の12%の職務がAIで補強される可能性があると発表しました。

    一方でIT人材の雇用は金融機関でも増えている、と。

    過去の技術革新の歴史を見ても、新しい技術が既存の職を自動化し・消滅させる一方で、新たな雇用機会を生み出すことが多々ありました。

    例えば、産業革命時代には機械の導入によって多くの手工業の仕事が自動化されましたが、その一方で工場労働者や技術者といった新しい職種が生まれました。また、コンピューターの普及によって事務職が減少した一方で、IT専門職やソフトウェア開発者などの新しい仕事が急増しました。

    シティグループが指摘しているように、銀行業界でもAIによる自動化が進むと、多くの職務がAIに取って代わられる可能性があります。しかし、それは同時にAIを管理し、活用するための新たな役割や職種の創出につながるでしょう。

    急速にすすむ技術発展に会社の動向を見守るのではスキル適応が遅すぎるでしょうから、個々人が危機意識をもって準備していきたいですね。


  • 小島 舞子
    badge
    株式会社クラフター 代表取締役

    AIと相性がいいのは、金融、保険に続きエネルギー。社内外のコミュニケーションとオペレーションのステップが多いことが共通しています。

    なお、今ではどこでも見るATMの導入は、窓口係の人数を増やしATM関連の仕事を増やすことに繋がっています。業界がAIを活用することで新しい職種が登場するのはもちろん、既存の仕事も人員強化となるケースも見聞きします。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか