• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

美容室が過去最多ペースで倒産、もう技術だけではやっていけない時代に…チェーン店は労働環境改善に取り組むも、個人経営店の行く末は…

集英社オンライン
294
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 近藤 力
    通信企業

    信号機より数が多い美容院。
    26万件ある中、3ヶ月で46件倒産は、そこまで多くないのでは。
    むしろ少子高齢化の中、実技術やコミュニケーション力のある未来の美容師に、どう間口を広げるか、近所にあるコミュニケーションできる場としての価値をどうあげることができるか、に目を向ける方が大事な気がします。
    最近は、店舗を開かなくてもシェア美容室で、個人で営む方も増えています。
    SNSで直接営業、つながりを持てる時代、ライセンスや店舗の考え方のアップデートが必要なのかもしれません


  • T Yushiro
    考えるITインフラ猫

    まぁ、コンビニがない田舎町でも美容室や理髪店はありますからね。都会ももちろん、腐るほどあります。
    最近落ち着きましたが、無駄にカリスマ美容師とか煽った結果の様に見えますね。別に勉強出来なくても慣れますし、稼げるとかカッコいいなどのイメージが多く持たれていたのもあるでしょう。

    ただ、増えれば淘汰されるのは当然の流れです。

    あと、不要論もありますが、人間がフィジカルな付き合いをし、視覚情報から多くの情報を得ている限り「おしゃれ」は無くならないので消えることはないし、おしゃれを提供する美容室や理髪店は無くならないでしょう。
    必要ない仕事と言うのはあまりに失礼です。


  • Yoshida J
    デイトレーダー

    美容院に行く時間、カットされてる時間、そしてお金、それらすべて無駄と感じて、15年ほどセルフカット。周囲にセルフカットと言うと、かならず驚かれるので、クオリティには問題はないと思われる。

    そもそも、それほど必要のない仕事だと思います。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか