• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

実質賃金、9年ぶりの低下幅 2.2%減、2年連続マイナス―23年度

2
Picks

AI要約(β版試験運用中)

  1. 1
    2023年度の毎月勤労統計調査によると、実質賃金は前年比2.2%減少し、9年ぶりの大きな減少となった
  2. 2
    実質賃金は2年連続でマイナスとなっており、物価の上昇に給与の伸びが追いついていない状況が続いている
  3. 3
    給与の伸びは堅調に推移しているものの、円安や原油高を背景とする物価上昇に追い付いていないとのこと
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか