• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

AIと人知は別物、人のように扱うべきでない-マイクロソフトCEO

Bloomberg.com
65
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • badge
    株式会社クラフター 代表取締役社長

    人間らしく思考できるAIはAGI(Artificial General intelligence)と呼ばれており、OpenAIは2030年に向けての実現を目指しています。ナデラ氏は当然そのミッションを把握しており、現時点のAIは別物だと発言したのかと。

    なお、AGIはそこまで遠くない昔、シンギュラリティと呼ばれていました。ソフトバンクの孫さん始め業界ではシンギュラリティが2045年に来ると信じられており、OpenAIの登場がこのイノベーションを大きく加速させたことが分かります。


  • badge
    三菱総合研究所 執行役員兼研究理事 生成AIラボセンター長

    葬送のフリーレンの魔族を思い起こしました。
    「魔族とは言葉を話す魔物」
    「人を欺くために言葉を操る」
    まさに悪いAIです。

    現在の生成AIでも詐欺に使われることはあります。しかし、近い将来に登場するエージェントAIは、人を欺くこと自体を、人との対話を通じて自律的に学べるでしょう。

    だからアラインメントが不可欠です。訳しづらい用語ですが、あえて訳すと「人間との調和」でしょうか。アインメント無きGPT-5は魔族と言っても過言では無いのかもしれません。


  • badge
    Avintonジャパン㈱ 代表取締役・大学講師・生成AI 活用普及協会 協議員

    “ナデラ氏は1950年代に「artificial intelligence」
    という言葉が選ばれたことを嘆いた。

    「最も残念な名前の一つが 『artificial intelligence 』
    だと思う。

    「私は自分の知能があるので、人工知能など要らない」
    と話した。

      その上でナデラ氏は自分は望むときに
    AIソフトに助けてもらいたいだけだとし
    「それが理想的な関係だと思う」と語った。”


    確かにネーミング1つで、AIを驚異だと捉えて
    しまっている人も多いですね。

    あくまでもAIは道具であることを前提に
    活用していきたいです。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか