• 特集
  • 動画
  • トピックス
  • 学び
プレミアムを無料で体験

【図解】これだけは押さえておきたい税金の「超・基礎知識」

NewsPicks編集部
2502
Picks
このまま本文を読む
本文を読む

コメント


注目のコメント

  • 小林 義崇
    badge
    マネーライター (元東京国税局職員)

    インタビューをしていただき、わかりやすくまとめていただきました。
    フリーランスになってから、税金や社会保険料対策の重要性を痛感しました。ちょっとした知識の差が負担に大きく影響します。
    私は以前から「知識の差による不公平」に問題意識があり、これを少しでも解消できればとの思いで、本や記事を書いています。
    今回の記事が誰かのお役に立てればとても嬉しいです。


  • Tsutsumi Kana
    NewsPicks Graphic Editor / グラフィック・エディター

    デザインを担当しました。

    「そんなこと知ってるよ」と言ってしまいそうになるけれど、いざ聞かれたら、あれ?なんだっけ、となりがちな節税のポイントをまとめています。

    目新しく手軽な情報につい手が伸びてしまう中で、うっかり見落としている足元の基礎を、節税おばあちゃんの節子さんがしっかり教えてくれます。


  • Oh Tesun
    NewsPicks 金融ジャーナリスト

    リスクがある投資と違い、節税はリスクゼロで確実に手取りが増やせます。

    ただ、仕組みがわかりにくく、調べているうちに投げ出してしまいがちです。

    特にややこしいのは、所得税や住民税の額は「収入」x「税率」で決まるのではなく、収入から「社会保険料控除」「扶養控除」「配偶者控除」といった所得控除の額を差し引いた「課税所得」x「税率」で決まる点です。

    節税額の計算が複雑なので、「手間をかけてまで節税する意味があるのか」という判断がなかなかつきません。

    そこで、今回の記事では数多い節税方法の中から、節税額が大きいものや使いやすいものに絞り、「年収500万円の会社員の場合、いくら節税できるか」というシミュレーションを交えて分かりやすく解説します。


アプリをダウンロード

NewsPicks について

SNSアカウント


関連サービス


法人・団体向けサービス


その他


© Uzabase, Inc

マイニュースに代わり
フォローを今後利用しますか