新着Pick
SPD3LRZNHRSWSI21
バイオ燃料
ALL

バイオ燃料 業界

世界
業界一覧
>
エネルギー
>
再生可能エネルギー源
>
バイオ燃料
バイオ燃料を製造する企業群。但し、電力向けを除く。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
64Picks
植物や廃棄物から作ったバイオ燃料「SAF」。脱炭素に向けて世界の企業が動き出す
PR: EL BORDE(エル・ボルデ) by Nomura - ビジネスもプライベートも妥協しないミライを築くためのWEBマガジン
|
脱炭素で持続可能な航空燃料「SAF」が普及・拡大に向けて動き出した。量産化と低価格化が実現すれば世界市場をリードできる。今後の展望を解説。
705Picks
【図解】脱炭素の鍵となる「バイオ燃料」の現在地
NewsPicks編集部
|
ユーグレナが「ミドリムシを原料としたバイオジェット燃料を完成させた」と発表。バイオ燃料とは何か。なぜ「藻」がこれほどまでに注目されるのか。その背景を一から図解する。
613Picks
バイオ燃料を「完成」したユーグレナが明かさない3つの秘密
NewsPicks編集部
|
3月15日、ユーグレナ(本社・東京都港区)が2021年中にバイオジェット燃料の供給を開始すると発表した。ユーグレナは2010年からおよそ10年をかけて、バイオ燃料の開発に取り組んできたが、ジェッ...
510Picks
ユーグレナ、バイオジェット燃料「完成」を発表 年内に商業フライト実現へ
Business Insider Japan
|
ミドリムシを利用したバイオ燃料の製造などを手がけるユーグレナは3月15日、神奈川県横浜市に保有しているバイオジェット・ディーゼル燃料製造実証プラントで、米国材料試験協会が定めた国際規格である「ASTM D7566 Annex6 規格」(以下、ASTM規格)に対応したミドリムシ由来のバイオジェット燃料...
411Picks
ユーグレナ・永田暁彦が明かす、次世代CFOに求められる「4つの条件」
THE ACADEMIA
|
ミドリムシを使った食品・化粧品にとどまらず、近年はバイオ燃料にも挑むユーグレナ。CEOの出雲充氏を影で支える副社長兼CFOの永田暁彦氏が、参謀役としてファイナンス論を語る。
310Picks
ミドリムシから航空燃料 日本初の生産工場が完成 横浜
NHKニュース
|
藻の一種の「ミドリムシ」などを活用した航空機向けのバイオ燃料の生産工場が日本で初めて横浜市に完成し、普及に向け生産が始ま…
301Picks
アーセナルの元仏代表がまさかのエネルギー革命 4兆円規模のバイオ燃料の世界初大量生産に成功(Soccer Magazine ZONE web)
Yahoo!ニュース
|
アーセナルのマテュー・フラミニが衝撃の告白で世間を驚かせた。無尽蔵のスタミナでピ - Yahoo!ニュース(Soccer Magazine ZONE web)
17Picks
マツダが35年に自社工場でカーボンニュートラル実現へ
産経ニュース
|
マツダは2日、2035(令和17)年に国内外の自社工場でカーボンニュートラル(温室効果ガス排出実質ゼロ)の実現を目指すと発表した。二酸化炭素(CO2)の排出量が多い塗装工程の改善や再生可能エネルギーの活用、社内輸送における次世代バイオ燃料の導入を軸に取り組む。
263Picks
投資家にどんなメッセージを発信するか。ユーグレナが徹底して考えた「会社の見せ方」
THE ACADEMIA
|
ミドリムシを使った食品・化粧品にとどまらず、近年はバイオ燃料にも挑むユーグレナ。CEOの出雲充氏を影で支える副社長兼CFOの永田暁彦氏が、参謀役としてファイナンス論を語る。
110Picks
創薬や美容品にも用途拡大、「藻類産業」がいよいよ離陸へ
Forbes JAPAN
|
航空機が藻類由来のバイオ燃料で飛び、機内のシートは藻類を原料としたポリマー製。そこに藻類素材のサンダルを履いた乗客が座り、藻類で栄養が強化された機内食を食べている──。こんな光景がもはや非現実的なものではなくなりつつある。藻類はたんぱく質や・・・
190Picks
藻の燃料、実用化へ加速 デンソー、熊本で実験
共同通信 47NEWS
|
藻の燃料、実用化へ加速 水中に生息する藻類を使ったバイオ燃料の開発を企業が加速させている。藻はトウモロコシなどと違い、食料の需給に影響しないのが特長。自動車部品大手デンソーは、熊本県天草市で大規模な培養の実証実験に着手した。...
189Picks
異色のバイオベンチャー「ちとせバイオ」、経営手法は“大企業と協業”
ニュースイッチ
|
生物の培養・育成技術を持つ「ちとせバイオエボリューション」(ちとせバイオ)が、異色とも思える経営スタイルで成長を遂げている。バイオ燃料、健康食品、医療分野に技術を提供し、創業から15年で時価総額10
176Picks
日産の「水素を使わない燃料電池車」は実用的?
日経ビジネスオンライン
|
日産自動車が環境車の分野で反撃に出てきたな――。6月14日の同社の発表を聞いて、そう感じた。バイオ燃料を使う燃料電池車を開発するという、一見地味な発表なのだが、なかなかどうして、日産の考え方が現れていて面白い。
167Picks
世界初「オール微生物由来ヘッドホン」プロトタイプ完成。脱石油シフトが加速
Business Insider Japan
|
微生物まわりが何やらにぎやかになってきた。 藻の一種ミドリムシを原料の一部に使ったバイオ燃料の開発を進めてきたユーグレナは、6月1日に世界で初めて乗用車の公道走行を成功させた。 新たなタンパク質を分子レベルでデザイン、その遺伝子を組み込んだ微生物を培養して新たなタンパク質を生成し、線維化することで、...
166Picks
コーヒーでバスを走らせる、ロンドンの画期的プロジェクト
TABI LABO
|
バイオ燃料には、サトウキビやトウモロコシなどを使うのがメインストリーム。だけど、「Shell」は“新たな原料”を利用したプロジェクトを始めています。
146Picks
ユーグレナCFO・永田暁彦「経営には、自分とかけ離れた才能が必要だ」
THE ACADEMIA
|
ミドリムシを使った食品・化粧品にとどまらず、近年はバイオ燃料にも挑戦むユーグレナ。CEOの出雲充氏を影で支える副社長兼CFOの永田暁彦氏が、参謀役としてファイナンス論を語る。
141Picks
「第5次産業革命はバイオからやってくる」生命の限界を超える合成生物学
Business Insider Japan
|
人工クモ糸を合成し繊維へと加工する技術で有名な国内ユニコーンのスパイバーに、ミドリムシからバイオ燃料を作るユーグレナ。 こういった注目の国内ベンチャーに共通している要素は、何だと思いますか? これらの企業はみな「バイオ技術」を基盤技術としています。 実は今、このように産業の現場でも重宝されているバイ...
バイオ燃料 概要
世界
中華人民共和国
マレーシア
タイ
フィリピン
インド
アメリカ合衆国