SPD3L00WBAYZRRF6
移動体通信
JPN

移動体通信 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
通信インフラ
>
移動体通信
携帯電話とPHSに付随する電気通信サービスを行う企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
351Picks
【SPEEDA総研特別編】バリューチェーンからざっくり業界を理解する~移動体通信関連業界、日本編~
コンピュータや多数の端末との間でデータをやりとりする「キャリア」とも呼ばれる第一種通信事業者。移動体通信を中心としたバリューチェーンを示すと、下記の図のようになる。 端末へのコントロール力を持ち...
1Pick
4Gから5Gミリ波の移動体通信向けフロントエンドパッケージ(後編)
EE Times Japan
|
後編となる今回は、誘電体材料パターニング方法とAiP(Antenna in Package)の概要を紹介する。
65Picks
やはりGoogleは仮想移動体通信事業(MVNO)への進出を準備しているらしい
TechCrunch Japan
|
The Informationの記事によると、Googleは無線キャリヤ事業を開始する準備をしているという。 記事によると、GoogleとVerizonの幹部がGoogleのMVNO(仮想移動体通信事業者)への進出計画について話し合ったという。…
2Picks
4Gから5Gミリ波の移動体通信向けフロントエンドパッケージ(前編)
EE Times Japan
|
今回は第3章第3節第5項(3.3.5)「RFデバイスのパッケージ構造と高速・高周波向け配線材料」の概要を紹介する。
3Picks
中国の移動体通信大手が「メタバース同盟」設立、ファーウェイやシャオミ、XREALやUnity参加
MoguraVR
|
中国最大手の通信会社の一つであるチャイナ・モバイルは、メタバース開発における業界アライアンスの設立を発表しました。中国国営メディア上海証券報が報じています。チャイナ・モバイルの趙大春氏は、本発表に際し「メタバースが数兆元 […] The post 中国の移動体通信大手が「メタバース同盟」設立、ファーウェイやシャオミ、XREALやUnity参加 appeared first on Mogura...
3Picks
次世代移動体通信「6G」を具現化する技術(前編)
EE Times Japan
|
今回から、「6G」を実現するために必要な要素技術を解説する。
3Picks
次世代移動体通信「6G」の概要
EE Times Japan
|
今回は、インターネットと並ぶ情報通信の基幹技術「移動体通信システム」の動向を取り上げる。
7Picks
NTTドコモ、AI活用医療サービスの提供に向け第二種医療機器製造販売業の許可を取得―国内移動体通信事業者で初
TechCrunch Japan
|
NTTドコモ(ドコモ)は2月16日、日本国内の移動体通信事業者で初めて「第二種医療機器製造販売業」の許可を取得(許可番号:13B2X10509)し、また「医療機器製造業」を登録(登録番号:13BZ201613)したと発表した。今後は、健康管理サービスやオンライン診療システムの提供だけではなく、病気の予防・診断・治療・予後管理などを目的として使用される医療機器プログラム、AI技術を活用した医療...
2Picks
次世代移動体通信「6G」を具現化する技術(後編)
EE Times Japan
|
前編に続き、「6G」を実現するために必要な要素技術を解説する。仮想化端末、メタサーフェス反射板、通信衛星などの技術を簡単に紹介していく。
1Pick
移動体通信に強いメッシュWi-Fi機能などを備えた、組み込み用無線LANモジュール
MONOist
|
コンテックは、移動体通信に適した組み込み用無線LANモジュール「FXE5000」を開発した。複数のアクセスポイントで網の目状の通信経路を確保するメッシュWi-Fiネットワーク、無線リンクを二重化するスマートローミングなどの機能を搭載する。
10Picks
もしも農協が仮想移動体通信事業者になってみたら JA全中会長の辞任は農協「反撃」の号砲だ
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
“農業業界”の誰もが驚くJA全中・万歳会長の辞任意向表明は、政府の農協改革案に逆らいきれなかった「敗北」の責任を取ったと見るメディアが多いようです。
7Picks
IoTに最適な次世代移動体通信方式「5G」ってなんだ?  来たる新通信規格「5G」がIoTにもたらす福音とは
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
最近になって、モバイル通信の話題などで「5G」という単語を目にしたり耳にしたりすることが、少しずつ増えてきていないでしょうか。5Gというのだから、4Gの次なのだろうということはイメージできますし、きっと今よりも高速な通信ができるといった性能アップが見込まれることも想像に難くありません。
3Picks
中国、移動体通信衛星「天通1号02」打ち上げ成功 3機目は2021年に打ち上げ予定
sorae 宇宙へのポータルサイト
|
中国は現地時間11月12日、長征3Bロケットを使用した移動体通信衛星「天通1号02」の打ち上げに成功しました。打ち上げは、中国四川省にある西昌衛星発射センターで行われました。 今回打ち上げられた天通1号は、中国で人工衛星
4Picks
ドコモ、移動体通信特許でファーウェイと契約
EE Times Japan
|
NTTドコモは、移動体通信技術に関する規格必須特許について、Huawei(ファーウェイ)とライセンス契約を結んだ。
3Picks
超高密度移動体通信を可能にするテラヘルツ光源の開発 -モノリシック高温超伝導デバイスから円偏光電磁波の放射に成功-
京都大学
|
アセム・エルアラビ 工学研究科博士課程学生、掛谷一弘 同准教授、辻本学 筑波大学助教らの研究グループは、高温超伝導体を用いた超伝導テラヘルツ光源デバイスから、最大99.7%の円偏光(電磁波に含まれる複数の波のピークがずれており、片方の波がプラスからマイナスに移る際に別の波がピークを迎える状態)度をもつテラヘルツ電磁波の発生に成功しました。
4Picks
第4回 移動体通信や近距離無線、プロトコルで進む最適化(M2M/IoT大乱戦)
ITpro総合
|
第4回もM2M/IoTを後押しする「コスト削減」と「最適化」について、主に技術や標準化の側面から詳しく解説する。今回注目するのは、「移動体通信」「近距離無線」「新プロトコル」という三つのジャンルの技術だ。移動体通信では「NFV」が、近距離無線の標準化分野では「IEEE 802.11ah」が、新プロトコルでは「CoAP」や「MQTT」などがそれぞれ最適化を後押しする。
移動体通信 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
大韓民国
シンガポール
マレーシア