新着Pick
SPD3JU9Y0LX80E89
化学繊維
JPN

化学繊維 業界

日本
業界一覧
>
素材・素材加工品
>
繊維・織物・皮革
>
化学繊維
合成繊維(ポリエステルやポリアミドなど)、半合成繊維(アセテートやプロミックスなど)および再生繊維(レーヨンやポリノジックなど)を製造する企業群。ガラス繊維、炭素繊維は含まない
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
63Picks
ゴールドウインが環境配慮素材「プラックスファイバー」を使った製品を開発へ Bioworksと資本業務提携を締結
FASHIONSNAP.COM【ファッションスナップ・ドットコム】
|
ゴールドウインが、石油由来の化学繊維に代わる環境配慮素材の製品開発を推進するため、植物由来のポリ乳酸繊維「プラックスファイバー(PlaX Fiber)」を開発するスタートアップ企業Bioworksと資本業務提携を締結した。ゴールドウインが展開するブランドでの製品化を目指す。 このコンテンツは FASHIONSNAP.COM が配信しています。
61Picks
EVの軽量化は『化学・繊維企業』に追い風
トウシル 楽天証券の投資情報メディア
|
「CASE」(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)は自動車業界に100年に1度の大変革をもたらすといわれています。日本、欧米、中国などで脱炭素の取り組みを前倒しで進める動きが強まる中、EV(電気自動車)へのシフトが想定を上回るス…
41Picks
「エコたわし」って本当にエコ? アクリル 微小プラに 専門家「衣類より発生量多い」
西日本新聞
|
世界で海や河川の汚染が深刻化する「マイクロプラスチック」問題。アクリルなど化学繊維の衣類を洗濯する際の糸くずも発生...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
31Picks
素材メーカー(化学・繊維・ガラス・セメント・紙・パルプ)の「知る人ぞ知る」企業まとめ(2018年4月27日更新) - Jobweb
就職活動(就活)とインターンシップのJobweb(ジョブウェブ)
|
素材メーカー(化学・繊維・ガラス・セメント・紙・パルプ)の「知る人ぞ知る」企業をまとめました。「素材メーカーには、どんな企業があるのか?」を知るための企業リストとして活用頂ければと思います。
30Picks
繊維メーカーの新たな競争軸、消費者の心掴む“かっこいいエコ”
ニュースイッチ
|
化学繊維メーカーが材料や生産において環境に配慮している点を前面に打ち出している。一方で「環境に良い」だけでは、製品を買ってもらうのは難しい。ファッション性や機能性と「エコ」の両立を掲げることで、消費者の心をつかむ製品づくりを目指している。(取材・江上佑美子) 伸縮性でスポーツ開拓 消費者の心つかむ製品 帝人フロンティア(大阪市北区)が開いた、2020年秋冬向け展示会で、一風変わっていたのが和...
29Picks
沖縄の企業 捨てていたパイナップルの葉で服を製造 SDGs
沖縄タイムス+プラス
|
地域資源を活用した製品の企画・開発に取り組むフードリボン(大宜味村、宇田悦子社長)はパイナップルの葉の糸や反物、衣料などの繊維製品を製造する事業に乗り出す。これまで廃棄されていた葉を資源化することで化学繊維の使用減少など環境負荷の軽減につなげる。
24Picks
「自動車素材」軽量化競う(上)鋼材を浸食するアルミ
ニュースイッチ
|
30日から一般公開が始まる「第44回東京モーターショー」。コンセプトカーをはじめ、最新の自動車が華々しく展示される。その裏側では素材を提供する鉄鋼やアルミニウム、化学、繊維業界などによるつばぜり合いが繰り広げられている。車メーカーが年々、より低燃費で環境負荷の低い「エコカー」への比重を増しているだけに、特に素材の軽量化競争が過熱している。 【ライバル心】 「強度なら鉄はアルミの3倍。車に乗...
20Picks
厚底シューズだけじゃない!スポーツを支える“ニッポンの素材力”
ニュースイッチ
|
いよいよ東京五輪・パラリンピックが開催される2020年を迎えた。一流アスリートに感動するだけでなく、スポーツ人気のすそ野の広がりが期待される。アスリートやスポーツ愛好家のパフォーマンス向上の裏で、ウエアやシューズ、ラケットなどの進化を支え続ける素材にスポットライトを当てる。 スポーツウエアは化学繊維メーカーにとって、その機能性を大いに発揮できる分野だ。スポーツ用品に求められるストレッチ性や吸...
20Picks
「クモの次はカシミヤ」 未来を変えるスパイバーの新素材を関山代表と源馬大輔が語る
WWD JAPAN
|
人工クモ糸で知られるスタートアップ企業スパイバー(Spiber)が、ベビーカシミヤを凌ぐ風合いとタッチを持つ“原毛”の開発に成功した。同社は遺伝子レベルで設計したタンパク質を使った素材開発で、世界で最も進んだ企業の一つ。このタンパク質素材は、石油を使わず、かつ従来の化学繊維やプラスチックより高機能で環境にも優しい繊維
19Picks
コロナ不況が「日本の化学業界」に与えた大打撃
東洋経済オンライン
|
新型コロナウイルスの感染拡大により、世界的な生産・販売台数の落ち込みに見舞われた自動車産業。その大きな余波が、国内の化学・化学繊維メーカーにも及んでいる。三菱ケミカルホールディングス、住友化学、三井…
17Picks
“油のみ吸着”日本の素材が重油流出の現場へ
テレ朝news
|
日本の技術でモーリシャス沖に流出した油を取り除きます。  素材は非常に細い化学繊維でできていて、水は一切吸わず1枚で10リットル分の油を吸い取ります。海に浮いた油のほか、マングローブに付着した油の拭き取りにも有効だということです。開発したメーカーは1トン分の油を吸着できる量をJICA(国際協力機構)を通じてモーリシャスに届けます。
17Picks
新日鉄住金社長インタビュー「我々は米国のラストベルトとは違う」
ニュースイッチ
|
円安や株高の進行で明るさを取り戻しつつある日本経済。ただ、年明け早々、米国のトランプ新大統領就任による政策転換をはじめ、中国経済の構造転換、欧州連合(EU)の不安定化など不安要因がめじろ押しだ。金属や化学、繊維、製紙など素材業界のトップは激変が予想される2017年をどのように展望しているのか。初回は新日鉄住金の進藤孝生社長に、海外情勢や鉄鋼業界の動向を中心に聞いた。 ―ドナルド・トランプ米大...
15Picks
インドの民族衣装「サリー」の素材として脚光旭化成ベンベルグが「復活」、工場を増設
J-CASTニュース
|
   旭化成グループの旭化成せんい(大阪市北区)が2014年6月、化学繊維「ベンベルグ(キュプラ繊維のブランド名)」を生産する宮崎県延岡市の延岡工場を増設し、話題になっている。 続きは「J-CASTニュース」へ
14Picks
旭化成、コロナ禍で見えた多角化の強みと課題
東洋経済オンライン
|
――コロナでどんな影響が出ていますか。とくに影響が大きかったのは、マテリアル(化学・繊維)における石油化学、自動車関連、アパレル関連の3つだ。総じて言えば、5月が大底で、その後、回復の方向には向かって…
11Picks
油圧で駆動し、軽量ながら大きな力を発揮——微妙な力の制御も可能な「ハイパワー人工筋肉」
fabcross for エンジニア
|
東京工業大学とブリヂストンは2017年1月26日、東京工業大学の鈴森康一教授とブリヂストンの櫻井良フェローらの研究チームが、内閣府ImPACTタフ・ロボティクス・チャレンジの一環として、油圧で駆動し大きな力を発揮する「ハイパワー人工筋肉」の開発に成功したと発表した。 研究チームは今回、優れた耐油性と変形特性を持つゴム素材を新たに開発するとともに、高張力の化学繊維の編み方を工夫し、高圧に耐えう...
10Picks
寄り付きの日経平均は続落、米ハイテク株安の流れ引き継ぐ
Reuters
|
[東京 20日 ロイター] - 寄り付きの東京株式市場で、日経平均株価は前営業日比182円92銭安の2万1297円98銭となり、続落して始まった。米フェイスブック<FB.O>の個人データ流出問題を嫌気し前日の米国株が大幅安となった流れを引き継ぎ、主力ハイテク株を中心に売りが先行した。寄り後に下げ幅は200円を超えた。精密、電機が安く、化学、繊維などもさえない。半面、電気・ガス、証券などはしっかり。
8Picks
空洞化進む「繊維」で、40年ぶりに国内投資の理由
Nikkei Business
|
 旭化成は延岡工場(宮崎県延岡市)で、化学繊維「ベンベルグ」の新設備を稼働させる。国内での繊維関連の新規投資は40年ぶり。東レやユニチカなどが人件費の安いアジアに生産シフトする中、なぜ日本での増産を決めたのか。
8Picks
アデランスが「次の100年」を見据えて開発に挑む新たな毛髪素材
ニュースイッチ
|
アデランスとSpiber(山形県鶴岡市)は、クモの糸や細胞骨格など構造をつくる役割を果たす「構造たんぱく質」を使った新たな毛髪素材の共同開発を開始した。Spiberが生産する構造たんぱく質を、かつらなどの毛髪に活用する。2021年の商品化を目指す。 Spiberの作る構造たんぱく質は、微生物による発酵プロセスで生産される。化学繊維と違い、石油を原料としない。アデランスは次の100年を見据え、...
7Picks
豪インティミティが開発した生分解95%のポリエステル 中国市場で注目集める
FASHIONSNAP.COM【ファッションスナップ・ドットコム】
|
【上海支局】マイクロプラスチックによる海洋汚染が世界的な問題となるなか、180日で生分解率95%というポリエステルが中国で注目されている。オーストラリアの化学繊維メーカー、インティミティが開発した生分解ポリエステル「CELYS」(セリス)だ。薬品を使わずに堆肥(たいひ)化分解が可能で、短繊維から市場に投入する。すでに22年春夏向けのテキスタイルへの採用が始まり、毛紡績大手の江蘇丹毛紡織服装....
7Picks
地方で輝くベンチャー企業~地方都市のベンチャー生態系作り:研究員の眼
ハフポスト日本版
|
1――地方都市発の有望ベンチャー 身の回りで見かけるクモの糸、実は重さあたりの強靭性が鋼鉄の340倍もあるという。そして、伸縮性にも優れていることに加え、限りある化石燃料から作られる化学繊維等とは違って、たんぱく質で出来ている。 もしも、このクモの糸が人工的に量産出来たら、そして、衣料品・自動車・飛行機など色々な用途に活用できたら・・・。そのような事業に取組んでいるのが、慶應義塾大学発ベンチ...
化学繊維 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
マレーシア
タイ
インドネシア