新着Pick
SPD381LLUZB2N7YU
漬物・煮物・大豆
JPN

漬物・煮物・大豆 業界

日本
業界一覧
>
食品
>
食品加工
>
漬物・煮物・大豆
漬物、煮豆、佃煮、豆腐、納豆、なめ茸、包装餅等発酵食品を製造する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
6Picks
「清浄野菜」とサラダ油で発展した戦後のサラダ文化 「栄養と料理カード」でたどる昭和レシピ(12)サラダ
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
今でこそサラダは一般的な料理だが、かつて日本の野菜料理といえばあえ物や煮物、漬物だった。サラダのように油を使い、野菜を生で食べる習慣は、明治維新以降に入ってきた西洋の食文化によるものである。今回は、昭和におけるサラダのレシピの変遷をたどることとしたい。
4Picks
和食に潜むワナがあなたを肥満にする - 医者が教える食事術2
Diamond Online
|
休みに旅行に出かけてホテルや旅館を利用した人は多いのではないでしょうか。そこでは朝食を選ぶ際、「健康的だから」という理由で「和食」を選んだ人も多いと思います。熱々の白いご飯に、魚の干物や煮物の小鉢にみそ汁と漬物を添えて。そして2杯目は生卵をかけて……。美味しい上に健康的とあれば、日本人であることに幸せを感じる瞬間かもしれません。でも、そんな典型的な和食って本当に健康なのでしょうか? 今回は『...
3Picks
ガンが見つかった患者にどんな食事をしているか聞き続けた結果
twitterで話題!
|
毎日、ガンが見つかる現場で、患者さんにどんな食事をしているか聞き続けた結果の共通点朝食はほぼパンとコーヒー甘い物を食べる習慣がある味付けは甘辛魚と肉なら肉煮物より揚げ物大豆製品をあまり取らない外食や惣菜が...
1Pick
秋期漬物特集:中間流通トップに聞く=東京中央漬物・皆川昭弘社長
日本食糧新聞
|
 ここ数年は大きなヒットに恵まれないが、各カテゴリーとも比較的安定している。このところ「割高でもおいしいもの」の売れ行きが順調だ。設備投資や手間もかかるが、漬物を炒め物、煮物など惣菜に加工した単...
1Pick
「ご飯がススム こってり肉みそ風大根」発売(ピックルスコーポレーション)
日本食糧新聞
|
 ◆会社名=ピックルスコーポレーション  ◆商品特徴=漬物、佃煮。シリーズ新アイテム。大豆ミートを使用し、肉の食感をプラス。ご飯だけでなくつまみにも好適。  A=〈こってり肉みそ風大根〉古漬の大...
1Pick
冷凍「自然解凍でおいしい!国産野菜で作った煮物」発売(日本水産)
日本食糧新聞
|
 ◆会社名=日本水産  ◆商品特徴=冷凍食品。シリーズ新アイテム。国産野菜(ニンジン、ゴボウ)使用。〈ひじき煮〉〈鶏肉とごぼうの煮物〉〈大豆と昆布の煮物〉の3種のアソート。素材の風味を生かした優...
1Pick
冷凍「自然解凍でおいしい! 旨みだし 3種の煮物」発売(日本水産)
日本食糧新聞
|
 ◆会社名=日本水産  ◆商品特徴=冷凍食品。シリーズ新アイテム。〈ひじきと大豆の煮物〉〈鶏とごぼうの甘辛煮〉〈れんこんとちくわの炒め煮〉を2カップずつセットした、うまみのあるだしの利いた煮物。...
1Pick
天然醸造醬油にこだわる。龍馬とともに世界へ現存する最古の醬油屋「室次」の挑戦
THE HUFFINGTON POST JAPAN
|
旬の刺し身につけて。冷や奴にかけて。卵かけご飯にひと回し。煮物、炒め物、焼き物、漬物、たれ......。和食のあらゆる場面で登場する、世界に誇る調味料「醬油」。台所で、食卓で、登場しない日はないくらい、私たち日本人は日々醬油を消費している。 ■奥深き醬油の世界を知るプロジェクト そんな醬油の奥深さに触れられるプロジェクトが、クラウドファンディングサイト「A-port」で始まった。手間ひまかけ...
1Pick
いりぬか特集:ビタミン豊富なぬか漬け 江戸時代には脚気予防にも
日本食糧新聞
|
 ぬか漬けは日本を代表する漬物の一つだ。現在の形のぬか漬けができたのは、江戸時代初期といわれている。もともとは奈良時代に須須保利(すずほり)という臼で挽いた穀類と大豆を使った漬物があったそうだ。...
1Pick
「ゆず」をジュースやドリンクで美味しく飲む方法
リセマム
|
ゆずポン酢やゆず胡椒、ゆず味噌は、お馴染みの調味料。そして煮物や焼き物、漬物、お椀からほんのりたちのぼるゆずの香り。ゆず独特のビターで爽やかな風味は、古くから愛される、いわば「テイスト・オブ・ジャパン」。今回は和食の名脇役ともいうべきゆずを主役に…
1Pick
「佐用もち大豆」、豆類初のGI登録=兵庫県佐用町〔地域〕:時事ドットコム
時事ドットコム
|
兵庫県佐用町の特産品「佐用もち大豆」が、地域の特性を生かした農産品のブランドを守る地理的表示(GI)保護制度に豆類として初めて登録された。30年前から町内のみで栽培されている大豆で、「もちもち」とした食感が特長。庵逧典章町長は「販売先の開拓に取り組み、2~3年のうちに生産量を倍にしたい」と意気込んでいる。 今回、東京都の食用鶏「東京しゃも」、秋田県の漬物「いぶりがっこ」と同時に登録された。兵...
漬物・煮物・大豆 概要
日本
中華人民共和国
インド