新着Pick
SPD36RSZJ7EFS2J3
ゼネコン
JPN

ゼネコン 業界

日本
業界一覧
>
建設
>
総合建設
>
ゼネコン
元請負者として各種の土木・建築工事を一式で発注者から直接請負い、工事全体のとりまとめを行う企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
47Picks
「建設業が大好き!だから現場監督をやめた!」建設×ITの情熱を持った女性
施工の神様 | 新時代の建設メディア
|
土木系建築会社の内定を断ったのは、建設業が好きだから 野崎華弥さんは大学を卒業後、ハウスメーカーで設計・営業を担当し、ゼネコンでは現場監督としてビルの新築工事や改修工事に携わってきたバリバリの建築技術者だ。
38Picks
公取委、ゼネコン4社長「指導」 談合再発防止へ異例の呼び出し
共同通信
|
ゼネコン大手4社の大林組、鹿島、大成建設、清水建設の子会社や関連会社が談合やカルテルなどの独禁法違反を繰り返しているとして、公正取引委員会が4社の社長を呼び出し、グループ全体で再発防止に努めるよう申し入れていたことが7日、関係者への取材で分かった。
17Picks
建設業界の勢力図が10年で一気に変わった背景
東洋経済オンライン
|
この10年ほどで、建設業界の勢力図が大きく変わっている。そして、その中でハウスメーカーがゼネコンを傘下に収めるという出来事が起こっている。それはなぜ起こったのか、そして傘下に収めるにあたりどのような狙…
15Picks
「劣ってるヤツほど、土日も働く」スーパーゼネコンの現場監督が明かす“超絶仕事術”
施工の神様 | 新時代の建設メディア
|
スーパーゼネコンの現場監督が斬る! スーパーゼネコンで働き、月収100万円以上を稼いでいる現役バリバリの現場監督さんに、休日を確保しながら現場を運営する極意や建設業界への不満を聞いてきました。 発言内容が過激であるため、匿名での掲載となってしまいましたが、現場監督にとっては非常に学びの多いインタビューとなっています。 全国の建設現場に「週休2日」を浸透させるためにも、日本の現場監督さん全員に読んで
18Picks
建設業界は業績絶頂なのに「身売り」が多発している理由
Diamond Online
|
千葉県で建設会社を営んできた杉田正己は、50代にして患い「死」を覚悟。大学の同級生だった岡部一郎に、後継者がいない悩みを吐露した。中堅ゼネコンである飛島建設の幹部だった岡部は、相談の内容を社内に持ち込んでみた。飛島は杉田建設を買収するが、情にほだされたわけではない。
15Picks
清水建設が建造船に500億円!ゼネコンが洋上風力発電に走る理由 - Close-Up Enterprise
Diamond Online
|
スーパーゼネコンの清水建設は、約500億円を投じて洋上風力発電施設の建造に使う超大型SEP船を建造することを決めた。市場が未熟でリスクが大きいと言われる洋上風力発電に莫大な投資を行うものの、勝算はあると言う。
1031Picks
なぜ建設業界では「腕の良い職人ほど儲からない」のか
NewsPicks Brand Design
|
建設業界は今、活況だ。 だがその好景気の恩恵を受けているのは、大手ゼネコンばかり。下請企業では苦しい状況が続いているという。 52兆円規模の巨大産業でありながら、その実態があまり知られぬ建設業界...
173Picks
【実証実験】5G通信×建設機械自律制御で建設現場の業務効率化を目指す
Future Stride
|
5G商用化を直前に控え、物流や医療などさまざまな分野で5Gを使った実証実験が行われている。大手ゼネコンの大成建設が、ソフトバンクと共同で実施した5G通信による建設機械の無人化施工の実証実験につい...
11Picks
ホースの水でレベルを確認!建築用語さえ通じない土木の会社が「建築」に手を出すとこうなる!
施工の神様 | 新時代の建設メディア
|
土木の会社が建築をやった この建築現場は、建築の知識がないゼネコンの土木技術者たちによって進められていた。 建設コンサルタントが「そもそも建築用語が全く通じない!」と嘆くほどだった。 実際、私が現場に赴任した時も土木の工事だけが進み、建築は基礎の捨てコン以降、全く手付かずの状態だった。 私は現地に行く前から「建築はあまり進んでいない」と本社から聞いていた。「これから建築の人員を増やしていくので、ま
13Picks
ゼネコンの好調いつまで続く、カギは「五輪後の食いぶち」 - Close-Up Enterprise
Diamond Online
|
ゼネコン大手4社の2019年3月期決算が出そろった。東京五輪関連や首都圏での再開発の増加などで好調な状況が続き、大林組、清水建設は増収増益だ。この好調はさらに続くのか。五輪後の稼ぎどころは何なのか。
13Picks
ライバルだけど「土木愛」は同じ。【五洋建設 × 三井住友建設】禁断のコラボ取材
施工の神様 | 新時代の建設メディア
|
「五洋建設×三井住友建設」ライバルゼネコンがコラボ取材OK 福岡市内で福岡都市高速の建設工事が進んでいる。 この現場で橋梁上部工事を担当しているのは、大手ゼネコンの五洋建設と三井住友建設。 工区が隣接する2社の現場には、くしくも、それぞれに40歳過ぎの現場責任者と、入社1年目の女性技術者が一人ずついた。 五洋建設 岩本悟志さん(五洋建設、入社22年目) 山本季里子さん(五洋建設、入社1年目)
541Picks
OB訪問アプリで広がる就活セクハラ。自宅に連れ込まれレイプされた女子学生も
Business Insider Japan
|
ゼネコン大手・大林組の男性社員(27)が強制わいせつ容疑で逮捕された(2019年2月18日)。OB訪問に来た女子大学生に対して、自宅マンションを事務所と偽り連れ込んだという。手口に手慣れた感があり、警察は余罪を追及するそうだ(AERA dot.2019年2月21日より)。 2人の出会いは、社会人と学...
135Picks
“わいせつ就活”大林組 人事部が被害女性社員に“詰問ヒアリング”「彼氏に申し訳ないとは……」
文春オンライン
|
現役幹部社員が2017年春、リクルーターとして面会した就職活動中の女子大学生に、不適切な行為を働いていたことが明るみに出た(「週刊文春」2019年3月14日号)大手ゼネコン「大林組」(東京都港区)。今…
471Picks
五輪で繁忙、建設業は「週休2日」すら取れない
東洋経済オンライン
|
「長時間労働の是正には週休2日が必須。一致協力して全力で取り組む」3月27日、大手ゼネコンで組織する日…
390Picks
【経済インサイド】ウエアラブル端末の人気爆発の予感 5年で6倍に伸びる予測も… 生体データはどこまでビジネス化するのか
産経ニュース
|
心拍数や睡眠などの生体情報をウエアラブル(身につけられる)端末のセンサーで計測し、企業の安全・健康管理に生かすシステムの開発が加速している。ゼネコン業界は現場作業員の熱中症対策への活用を目指すほか、タクシーの安全運転支援や高齢者の見守りサービスなど、用途が広がっている。ウエアラブル端末の世界需要が、今後5年間に現在の6倍にあたる1億7340万台と“爆発的”に伸びるとの予測もあり、生体データを...
381Picks
2つの内定、どっちを取るべき? 「憧れていた航空会社」と「高い給料の中堅ゼネコン」
キャリコネニュース
|
Q&Aサイトの教えて!gooに、こんな相談が寄せられていました。相談者のRJGG-NGOさんは就職活動中。内定をもらった2つの会社のどちらを選択するか迷っています。 A社は新興航空会社。給料は低いものの子どものころからの憧れの仕事で、トップダウンの堅い社風だけど休みは取りやすい。通勤は車で長距離になります。一方のB社は上場している中堅ゼネコンで、駅直結で通勤はしやすいですが残業が多く有休は少...
333Picks
森元総理「国がたった2500億円出せなかったのかね」
テレビ朝日 | テレ朝news
|
新国立競技場の建設計画見直しを受け、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の会長・森元総理大臣がコメントしました。 森喜朗元総理大臣:「ああいう、でかいものやったことないんだよ。スーパーゼネコンと話し合うような行為をしたことないわけですよ。JSCだけじゃないですよ、文科省もそうですよ。国がたった2500億円も出せなかったのかねっていう、そういう不満はある。何を基準に『高い』と言うんだね。...
41Picks
【衝撃】女性を”見世物”にする現場が出現!「けんせつ小町」のゴリ押しに吐き気…
施工の神様 | 新時代の建設メディア
|
建設業界で飛び交う「けんせつ小町」という言葉 私は新卒でゼネコンに入社し、施工管理として働き始めてまだ2年目の新人技術者です。しかし、早くも建設業界に対して違和感を感じています。 なぜなら、「けんせつ小町」なる言葉までつくって、必死に女性の技術者・職人を欲しがっているからです。 建設業界紙をめくれば「けんせつ小町」のインタビュー記事。建設現場のそばを通れば「けんせつ小町」のピンク色の垂れ幕。どこも
125Picks
就職活動でOB訪問の女子学生にわいせつ容疑 大林組社員逮捕
毎日新聞
|
就職活動のOB訪問に来た女子大学生にわいせつな行為をしたとして、警視庁三田署が、大手ゼネコン「大林組」(東京都港区)の社員、宗村港容疑者(27)=同区=を今月18日に強制わいせつ容疑で逮捕していたことが、同署への取材で明らかになった。
ゼネコン 概要
アジア
日本
中華人民共和国
台湾
大韓民国
シンガポール
マレーシア