SPD366DPPKWEJF6J
電気自動車
ALL

電気自動車 業界

世界
業界
>
輸送機械
>
輸送用機械製造
>
電気自動車
主に電気自動車を製造する企業群。電動のフォークリフトや特殊車両等は除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
167Picks
アップルの電気自動車Apple Carの開発が終了した理由
Tech on Wheels 今知りたい世界の自動車トレンド
|
今、世界の自動車メーカーで起きていること トピックスオーナーの前田謙一郎です。 昨晩、ブルームバーグで衝撃的なニュースが流れ、アップルが10年越しに手掛けてきたそのEV開発プロジェクト「タイタン」を中止し、アップルカーの開発を終了するということが明るみになりました。 先月末には同じくAppleが完全運転を目指していた技術レベルを下げること、また発売時期も予測から2年遅れる2028年になることが報道されたばかりでしたので、今回の開発終了のニュースは驚きと同時に理解もできます。 関わっていた社員は2000人!そして多くは今後成長が期待されるAI分野へとシフトをしていくことになります。開発終了という判断は賢明だったという意見がアメリカでも多く、私も妥当であると考えます。
278Picks
【解説】EV界の新星「ビンファスト」とは何者か?
NewsPicks編集部
|
自動車業界に、彗星のごとく新星が現れた。ベトナムのEV(電気自動車)専業メーカー、ビンファストだ。同社は8月中旬に米ナスダックにSPAC(特別買収目的会社)を通じて上場すると、わずか2週間で時価...
226Picks
豊田章男氏、電気自動車「日本は技術力で遅れてない」
産経ニュース
|
経団連の自動車などモビリティー(乗り物)産業に関する委員会の豊田章男委員長(トヨタ自動車会長)は5日、米国や中国メーカーが先行している電気自動車(EV)に関し…
454Picks
【独自】アップルの「次期CEO」が判明した
NewsPicks編集部
|
アップルのティム・クックCEOが、伝説の共同創業者スティーブ・ジョブズの後を継いだのは2011年のこと。以来、多くの変革を指揮してきた。スマートウォッチという新しい商品カテゴリーを導入し、動画配...
1066Picks
インド、電気自動車のみ販売へ 2030年までに
CNN.co.jp
|
インド政府は4日までに、国内で販売する自動車を2030年までに全て電気自動車に限定するとの野心的な政策を明らかにした。 同国のエネルギー省は、インド上空の大気を清浄化するためガソリン使用の車両の販売を中止させる大胆な目標を据えたとブログで報告した。 ピューシュ・ゴヤル・エネルギー相は最近、電気自...
440Picks
トヨタ 電気自動車の販売で新目標 2030年に世界で350万台
NHKニュース
|
【NHK】トヨタ自動車の豊田章男社長は14日、東京都内で会見し、EV=電気自動車の世界販売を2030年に350万台にするという新た…
172Picks
トヨタが開発する「全固体電池」は電気自動車メーカーの勢力図を変えるのか
クーリエ・ジャポン
|
トヨタ自動車が、次世代電池の本命とされる「全固体電池」について、早ければ2027年にEV(電気自動車)での実用化を目指す方針を発表した。投入する全固体電池を搭載したEVは10分以下の充電で約1200キロメートルを走行。トヨタはEVの分野で遅れをとっていたが、実用化すればEV市場の勢力図を変える可能性があると英紙は指摘する。 全固体電池はゲームチェンジャーとなるのか2023年7月初旬、トヨタ株は順
893Picks
英ダイソン、電気自動車発売へ 20年までに、3千億円投資
共同通信 47NEWS
|
英ダイソン、電気自動車発売へ 【ロンドン共同】英家電メーカーのダイソンは26日、電気自動車(EV)を2020年までに発売すると発表した。EVに搭載する電池の開発を始めており、20億ポンド(約3千億円)を投資。家電で培ったモーターな...
627Picks
ソニーが電気自動車を発表。センシング・エンタメ技術山盛りのプロトタイプ「VISION-S」
Engadget 日本版
|
ソニーはCES 2020にて、電気自動車を発表しました。吉田社長のプレゼンテーションの中で、舞台にするりと滑り込んできたこの車両は、「VISION-S Prototype」と名付けられたプロトタイプ車両です。 この車両はソニーが自動車に関する知見を深めるためのプロトタイプ車両とされており、Bosch、 Continental、NVIDIA、クアルコムといった企業と連携して開発されています。 ...
806Picks
【吉野彰】リチウムイオン電池の父が描く「電気自動車」の未来
NewsPicks編集部
|
全てはこの男から始まった──。1985年、ある日本人研究者によって、リチウムイオン電池が発明された。スマートフォン、ノートパソコン、デジタルカメラ。今やその技術は、さまざまな電子機器に使用され、...
87Picks
中国の電気自動車BYDが「トヨタを追い抜くための戦略」を仕掛けている | 格安ハイブリッド車を市場投入した理由とは?
クーリエ・ジャポン
|
販売台数がテスラを抜き、世界一のEVメーカーとなったBYDが、次はトヨタを抜く新たな戦略に乗り出している。世界的に需要が伸びているハイブリッド車の安価モデルを投入するなど、BYDの最新動向を英紙が追った。トヨタに迫るBYDはたして、23万ドル(約3500万円)もの高値をつけた中国ブランド車は、この先、当たり前の光景になるのだろうか? 2023年にテスラを抜いて世界最大の電気自動車メーカーとなった中
電気自動車 概要
世界
中華人民共和国
大韓民国