新着Pick
SPD365LVQWK4VIKD
レアメタル
ALL

レアメタル 業界

世界
業界一覧
>
石炭・鉱石採掘
>
金属採掘
>
レアメタル
レアメタルの採掘・精錬・販売を行う企業群。レアメタルとは、コバルト、チタン、ニオブ、バナジウム、レアアース(希土類元素)など流通・使用量が少ない非鉄金属を指す
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
11Picks
日本が誇る「あの資源」を使って、未来の医療を担う物質が誕生へ!(RADIANT)
ブルーバックス | 講談社
|
医薬品や化学製品を作るために重要である有機合成化学。その中で、「クロスカップリング反応」という技術があるのをご存知だろうか? クロスカップリングとは、構造の異なる2つの分子を結合させる技術だ。 従来はレアメタルを使用しなければならなかったため高価な技術であったが、日本で多く産出される資源である「ヨウ素」を使った安価なクロスカップリングの技術を開発した研究者が現れた。
41Picks
電気自動車(EV)の市場拡大が引き起こす、深刻な「鉱害輸出」
ハーバー・ビジネス・オンライン/最前線ビジネスパーソンの『知りたい』に応えるビジネスメディア
|
EVの市場拡大で、飛躍的に伸びるレアメタル・レアアースの需要  電気自動車(EV)の世界的な市場拡大に伴って、銅やコバルト・ニッケルなどのレアメタル(RM)とともにレアアース(REE)の需要は旺盛だ。IoTやAIなどの急 […]
207Picks
レアメタルに依存しない電池を開発、主役はナトリウムとカリウム
Mugendai(無限大)|新たな視点と最新の動向を提供するWebメディア
|
リチウムイオン電池が全盛の時代だが、より安価でレアメタルが枯渇しても心配がないナトリウムやカリウムを使う電池が、世界の注目を集めて… レアメタルに依存しない電池を開発――リチウムに代わり、ナトリ...
144Picks
リチウムイオン電池のコストは本当に下がるのか?EV過熱でレアメタルにも波及
財経新聞
|
いわゆるEVシフトで注目が集まる話題だが、EVにもっとも欠かせないバッテリーには様々な問題が含まれている。
120Picks
Apple、バッテリー用コバルトの直接調達を交渉中? 電気自動車需要を背景に──Bloomberg
ITmedia NEWS
|
Appleが、自動運転車需要急増で不足が予想されるバッテリー材料のレアメタル、コバルトを確保するため、鉱山企業と直接調達について交渉中とBloombergが報じた。
91Picks
NTT、土壌・生物に無害なレアメタルフリー電池「土に還る電池」を開発
マイナビニュース
|
日本電信電話(NTT)は、無害でレアメタルフリーな低環境負荷な電池として、電池部材が肥料成分から構成された、土壌や生物へ悪影響を与えない電池「土に還る電池:ツチニカエルでんち」を作製し、電池動作を確認したことを発表した。
68Picks
スマホが奪った550万人の命。高まるレアメタルの需要と、終わりなき紛争
旅ラボ|世界とつながる総合情報マガジン
|
総人口6780万人(2012年、UNFPA)のコンゴ民主共和国。しかし昨今、鉱物をめぐる紛争で550万人の命が失われているといわれている... これは...
54Picks
【東京都知事選】マック赤坂氏が激白!「仮装はしない、コスプレは飽きた」「極貧からの反骨心が行動の源なんです」
産経ニュース
|
東京都知事選に立候補を表明している政治団体代表のマック赤坂氏(67)は、大手商社のトップ営業マンから転身し、レアメタル商社を経営するビジネスマンだ。都知事選への出馬は今回で3度目となる。実業界で成功を収め、それでもなお政治の世界に挑戦を続ける原動力はどこにあるのか。奇抜な衣装と言動から、ある意味で“きわもの候補”と思われてきた経緯もあるが、今回はコスプレを封印し、「コペルニクス的転回」で知事...
46Picks
化学大手が「全固体電池」の部材開発へ動き出した!
ニュースイッチ
|
化学大手は全固体リチウムイオン電池用部材の開発に相次ぎ乗り出す。住友化学はレアメタル(希少金属)のコバルトを使わずに高耐電圧の正極材を開発する。宇部興産は電解質の基礎研究に着手する。2020年代前半
46Picks
房総半島沖にレアメタル含む岩石 東京23区の1.5倍の規模
NHKニュース
|
千葉県の房総半島からおよそ350キロの海底に、コバルトなどの希少な金属「レアメタル」を多く含んだ岩石の集まりが、東京23区の面積のおよそ1.…
36Picks
ロシアが択捉島でレアメタル生産 今夏にも稼働、領土交渉に逆風 ミサイルなど活用の「レニウム」
産経ニュース
|
【モスクワ=遠藤良介】北方領土の択捉島で今夏、航空宇宙産業などに用いられるレアメタル(希少金属)、レニウムの生産施設が稼働を始める見通しとなった。「択捉産レニウム」が世界に出回れば、ロシアにとって同島の「経済的意義」が増し、北方領土返還交渉には逆風となる。領土の実効支配を強めるロシアは、資源開発に食指を動かし始めている。
24Picks
地球を破壊するEV、レアメタル王がそのカラクリを解く
月刊誌「Wedge」のウェブ版
|
機械仕掛けの自動車を走らせるにはガソリンを直接使えばよいのだが、電気仕掛けの自動車(EV)を走らせるべく、石油エネルギーをわざわざ電気に変え、リチウムやコバルトを精錬し、さらにLIBを作って、手間暇をかけてEVを走らせるのである。
23Picks
アップルはなぜアフリカのコバルトを買い占めるのか?
月刊誌「Wedge」のウェブ版
|
「Apple、コバルトを採掘会社から直接購入か?」とのネット記事が2018年2月18日にアップされてから筆者(レアメタル専門商社AMJ)に「何のことか教えて頂だい!」と電話で聞いてくる不特定多数のお客さんが増えている。
18Picks
南鳥島近くで大規模な海底資源を発見
NHKニュース
|
南鳥島近くの日本の排他的経済水域内で、深さおよそ5500メートルの海底に、希少な金属、レアメタルを含んだ「マンガンノジュール」と呼ばれる資源…
18Picks
中国人の「反日感情」は、どこまで本当なのか
東洋経済オンライン
|
中国への訪問が200回を優に超える「レアメタル王」中村社長。依然ギクシャクする日中関係だが、「ウソが多すぎる」と憤る。
17Picks
【竹内純子の一筆両断】地下の世界 様々な可能性が潜む
産経ニュース
|
地面の下には様々な資源が眠っています。石油や石炭などの化石燃料や、金や銅などの金属、レアメタルなどはもちろん、地下水や地熱など、地下の資源は人間の生活をまさに足…
15Picks
EV時代へ対策 コバルト確保へ官民一体
産経ニュース
|
電気自動車(EV)を動かす電池に使われるレアメタル(希少金属)の一種、コバルトの安定的な確保に向けて、官民が一体で動き出す。コバルトは、政情不安にあるアフリカ・コンゴ(旧ザイール)に生産が偏っているうえ、EVの普及を図る中国の国家戦略を背景に価格が高騰。資源の争奪が過熱する恐れが出てきたからだ。政府は来年3月までに企業が共同でコバルトを調達、備蓄する仕組みを新たに構築する。一方、日本メーカー...
レアメタル 概要
世界
アメリカ合衆国