新着Pick
SPD30HE41KIRHOHF
ファストフード
JPN

ファストフード 業界

日本
業界一覧
>
外食・中食
>
飲食店
>
ファストフード
セルフサービス、前払いを基本とし、ハンバーガーなどの手軽な食事を安価かつ短時間で提供するフードサービスアウトレット
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
2Picks
バーガーキング、東京・大阪・名古屋に新たに6店舗 全国で出店強化
ITmedia ビジネスオンライン
|
ファストフードチェーン「バーガーキング」を運営するビーケージャパンホールディングスは11月28日、東京・愛知・大阪の都市部に新たに計6店を出店すると発表した。全国で新規出店を強化し、来客増を狙う。
41Picks
進化する米国のコンビニ ファストフード店から市場シェア奪取か
Forbes JAPAN
|
米国で最大のコンビニエンスストアであるセブンイレブンは、タコベルやウェンディーズ、バーガーキングの店舗数よりも多い約9000店舗を抱えている。 セブンイレブンは2019年に導入されたエボリューション・ストア(Evolution Store)・・・
490Picks
日本のメガバンクより高給、米バーガー店勤務
Bloomberg.com
|
1840年代、富を築こうとする何万人もの移民が金(ゴールド)を求めてカリフォルニア州に殺到した。次に同州に引き付けられるのはファストフードチェーンで働きたい日本の若者かもしれない。
12Picks
マクドナルド、第3四半期利益が予想上回る 値上げなど寄与
Reuters
|
[27日 ロイター] - 米ファストフードチェーン大手マクドナルドが発表した第3・四半期(9月30日まで)決算は、既存点売上高と利益が予想を上回った。値上げのほか、インフレ下でお得なセットメニューを求める消費者の利用増が寄与した。
33Picks
ファストフードの代名詞に異変あり…時間をかけて作る「クラフトバーガー」が人気の背景
マネー現代
|
ビール、コーラ、チョコレート、そしてバーガー。いま食品業界で「クラフト」が大きな流行となっている。「手作り」「こだわり」「時間をかけた」商品が次々に登場するのはなぜか? ファストフードのイメージを覆す「クラフトバーガー」に注目して、その背景に迫る。
10Picks
タコベル、代替肉を使ったステーキメニューの試験販売を開始
Forbes JAPAN
|
メキシコ料理のファストフードチェーンであるタコベルと、植物由来の代替肉を製造するビヨンド・ミートが、オハイオ州デイトンで新商品「ビヨンド・カルネ・アサダ・ステーキ」を試験販売すると発表した(カルネ・アサダは、伝統的には、牛肉をグリルしてスラ・・・
125Picks
マクドナルド、店舗外に溢れる行列が解消されない意外な理由…店舗訪問で考察
ビジネスジャーナル
|
マクドナルドでは秋の風物詩である「月見バーガー」が9月7日に発売され、今年もファストフードチェーン各社が“月見商戦”で競っている。その一方、急激な円安などを背景に多くの食品や原材料が値上げされ、外食各社が次々と値上げを発表するなか、日本マクドナルドは好調を維持している。8月の全店...
13Picks
マクドナルド、キーウの3店舗再開 戦争前の雰囲気戻る
Reuters
|
[キーウ 20日 ロイター] - 米ファストフードチェーン大手のマクドナルドは20日、2月のロシアのウクライナ侵攻以来閉鎖されていた首都キーウ(キエフ)の3店舗を再開した。
154Picks
マクドナルドが「カフェ経営」を頑張る理由、なぜ都心に少なく地方に多い?
Diamond Online
|
ファストフード大手のマクドナルドのカフェ業態「McCafé by Barista(マックカフェ バイ バリスタ)」をご存じでしょうか。マクドナルドの店舗に併設する形で全く違うメニューを展開し、値段もマクドナルドの通常メニューより少し高めです。なぜ、同じ店舗の中でわざわざ高価格路線のカフェにも進出しているのでしょうか。今回は「マクドナルドがカフェ経営を頑張る理由」について、考えてみたいと思います。
98Picks
マクドナルド、数カ月以内にウクライナで店舗再開へ
Reuters
|
[11日 ロイター] - 米ファストフードチェーン大手マクドナルドは11日、今後数カ月以内にウクライナで店舗を再開すると発表した。
73Picks
ウナギのチェーン店が急増中! 価格が高騰しているのに、売り上げが好調な理由
ITmedia ビジネスオンライン
|
コロナ禍に入ってから、ウナギのチェーン店が急増している。ウナギのファストフード「名代 宇奈とと」は、約2年で店舗数が7倍に増えた。一方、高級なウナギ料理を提供するチェーン店の存在感も増している。
11Picks
マクドナルド第2四半期利益半減、ロ撤退費用など響く 予想は上回る
Reuters
|
[26日 ロイター] - 米ファストフードチェーン大手マクドナルドが26日発表した第2・四半期決算は、値上げや堅調なオンライン販売、新商品発売が寄与し、世界既存店売上高と利益が市場予想を上回った。しかし、ロシア事業撤退などを含むコストがかさみ、利益は前年同期からほぼ半減した。
61Picks
【想像以上】TikTokで大バズり!「おにぎりぼんご」人気ベスト3のおにぎりを実際に食べてみた
マイナビニュース
|
おにぎりは、日本人にとって最も身近なファストフードだ。米さえあれば家でもすぐに作れるし、今やコンビニ...
394Picks
【野望】「秘密結社」が狙うファストフードフードチェーン買収
NewsPicks編集部
|
中国をはじめとした、世界の最新ビジネストレンドを紹介する連載「Think Different, Later」。日本が「デジタル後進国」になった今こそ、その発想を変えることが大切です。過度にオリジ...
141Picks
米スターバックス、ロシア撤退 マクドナルドに続く
Reuters
|
[23日 ロイター] - 米コーヒーチェーン大手スターバックスは23日、ロシア事業からの撤退を発表した。先週、ロシア事業の売却を発表したファストフードチェーン世界最大手のマクドナルドに続き、欧米の大手ブランドがロシアでの事業展開を終えることになった。
195Picks
創業50周年のモスバーガー、窮地を救ったマーケターが語る「復活の条件」 競合他社と「同じ土俵では勝負しない」モスのこだわりと強みとは?
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
テイクアウト需要やデリバリー比率が高かったことから、コロナ禍でも業績を伸ばしたファストフード業界。日本発のハンバーガーチェーン「モスバーガー」を展開するモスフードサービスもその1社だが、同社はコロナ前から決して順風満帆だったわけではない。逆風を追い風に変えた立役者ともいえる一人のマーケターを取材した。
1400Picks
「残業ゼロ」でも「趣味ゼロ」という大問題
読売新聞
|
退社時間早める「プレミアムフライデー」を2月に実施 電通社員の過労死を受けて、「残業ゼロ」がスローガンになり、長時間勤務を改善しようという動きが加速している。ファミリーレストランやファストフードのように24時間営業を見直す動きが個々の業界であるほか、政府と経団連が官民を挙げて「プレミアムフライデー」の普及をめざす運動も始まった。
10Picks
ウクライナでマック再開か ロシア侵攻で閉鎖
共同通信
|
【キーウ共同】米誌フォーブス・ウクライナ版は23日、米ファストフード大手マクドナルドが、ロシアの侵攻...
1233Picks
モスバーガーが「創業以来2度目の絶不調」に苦しむ致命的な原因
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
昨年2017年は、ファストフード業界を激変が見舞った年だった。マクドナルドが鮮やかな回復劇を見せた一方、業界2位のモスバーガーは創業以来2度目の絶不調に陥っている。ライバルであり先行者であるマックが不振の間、モスは一体、何をしていたのだろうか?
ファストフード 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
シンガポール
マレーシア
タイ