新着Pick
SPD2XLQQMVS812MZ
医療情報サービス
JPN

医療情報サービス 業界

日本
業界一覧
>
医薬・バイオ
>
医療・福祉関連サービス
>
医療情報サービス
医薬品、医師、病気等、医療分野におけるインターネット等を通した情報提供サービスを行う企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
17Picks
ゲノム・遺伝子ビジネスとは~法的諸問題と保険ビジネスへの影響を弁護士が解説
thefinance.jp
|
「ゲノム」「遺伝子」といった言葉を報道等で目にする機会が多くなってきた。社会構造を変革する技術としてAIと同様に、ゲノム関連技術も「生命の設計図」に関する技術として社会的に大きな注目を集めつつある。特にゲノム医療の進展はめざましく、がん細胞の遺伝子を調べて患者ごとに最適な治療法を探る「がん遺伝子パネル検査」や、ゲノムを解析して疾患リスクや体質に関する情報を提供する遺伝子検査サービスも、その普...
14Picks
Alexaから医療アドバイスを受けられるように イギリス (iPhone Mania)
LINE NEWS
|
イギリスにて、Amazonの音声AIアシスタント「Alexa」に話しかけるだけで、必要な医療情報を提供してくれるサービスが開始しました。英政府は現地時間10日、英国民保険サービス(NHS)とAmazonの
17Picks
Amazonが公共セクターでも存在感 クラウドサービスで変革促す
月刊事業構想
|
必要に応じたITリソース活用が可能なクラウドコンピューティング。情報の効果的な共有と利活用により、行政サービスの質はどう向上するのか。中央省庁や地方自治体、医療機関やNPOで導入される先端事例を聞いた。
67Picks
妊産婦がエコー画像・健診結果をスマホで確認 ドコモと富士通
産経ニュース
|
NTTドコモと富士通は12日、ドコモの母子健康手帳と富士通の医療情報の管理システムを連携させ、妊産婦向けのサービスを4月1日から開始すると発表した。妊産婦が胎児のエコー画像や健診結果などをスマートフォンの母子健康手帳アプリから確認できたり、医師からのアドバイスを受け取ることができる。受診している医療機関が導入すれば、妊産婦は無料で利用できる。
241Picks
医療や介護従事者の患者情報共有、特化型SNSは切り札になるか
ニュースイッチ
|
医療・介護に特化した会員制交流サイト(SNS)が登場し、医師や看護師、ケアマネジャーなど職種間で患者の情報を共有するサービスが広まっている。高齢化や医療費対策として病院から在宅医療へとシフトが進む中
156Picks
なぜIBMは年間8,000件もの特許を取得するのか? | Mugendai(無限大)
Mugendai(無限大)
|
| 21世紀に入り、テクノロジーは、かつてないほど急激な進化を遂げました。 産業、工業、農業、医療……あらゆるジャンルにおいて、ICT(情報通信技術)を活用した革新的なサービスが登場し、世界は日...
122Picks
「医療IT」で抜け出すのはどこだ!機器メーカーが研究体制づくり急ぐ
ニュースイッチ
|
医療機器各社が機器と情報通信技術を組み合わせた医療ITの研究体制を確立する。人工知能(AI)を活用した画像診断支援やIoT(モノのインターネット)による遠隔サービスが期待される中、コニカミノルタは米
116Picks
2014年下半期にヒットしそうな5つのテクノロジー
blog.btrax.com
|
2014年も既に6月に入り、いよいよ下半期にを迎えようとしている。毎年恒例のAppleの関連製品についての開発者会議であるWWDCが開催され、サンフランシスコはその話題で持ち切りである。さて、このタイミングでこれから下半期に流行りそうな5つのテクノロジーを紹介していきたい。 1. 無人飛行機「ドローン」の台頭 無人飛行機「ドローン」関連のサービスが登場し、モノや情報は陸から空へと移り始めるであろう。アマゾンが昨年末、「Amazon Prime Air」という商業用小型無人飛行機による宅配サービスを2015年から始めると発表したのは記憶に新しい。ドローンのメリットとしては、今までコスト、または配達ルートの都合上即日配達を見送っていた地域に低コストかつ迅速に商品を配達できるという点にある。 もともと無人飛行機「ドローン」というのは軍事用に開発が続けられていたが、コンシューマー向け市場へのハードルを下げたのがフランスのパイロット社が開発したAR Droneと呼ばれる、スマートフォンアプリを利用し遠隔で操作できる無人小型飛行機であった。このようなサービスの登場は言い換えれば、商業化に向けての技術はほぼ整いつつあるということを意味している。 商業化への問題は技術的なものより法整備上によるものである。アメリカ国内では無人飛行機の利用が認められているのは警察や消防及び政府機関などの公共サービスに限られており、一般のビジネス向けの利用は未だ禁止されている。ビジネス向けに法律が制定されるのは早くても2015年の後半と予測されている。 未だ無人飛行機市場は解禁されていないが、2025年までに市場規模は8兆円を超えることが試算されており、今後多くの企業がこの分野に進出するのは必至であろう。先ほど紹介したアマゾンがドローンの導入を検討していることから、同業他社である大手Eコマース企業の参入も十分に考えられる。また、ドローンを利用した新たなWifi環境整備も行われるであろう。いづれにしても、本格的な無人飛行機市場が解禁されるのが2015年からと予測出来ることから、解禁前の今年度から無人飛行機ビジネスに関する多くのニュースが伝えられると思われる。 2. ビックデータの需要加速 新たなハードウェアの登場と共に、ビックデータの種類も増加し、その需要も加速するであろう。昨年、女優のアンジェリーナ・ジョリーさんが乳がん予防のために乳房を切除したというニュースが紙面を賑わせたが、これも医療向けに使われたビックデータによるものである。 現在、スマートフォンやタブレット端末などのモバイル系を中心にデータが蓄積され、それがビジネス向けに売買されるというモデルが増えて来ている。今後、Google GlassやAppleから発売が期待されているiWatchなどのウェアラブル端末が増えてくれば、これまでのモバイル端末からのビックデータとはまた違った形で得られた情報のやり取りも増えてくるだろう。 ここで注目すべき点はプライバシーに対しての問題である。異に日本は個人情報、プライバシーに対しての障壁は欧米と比べて高い。欧米は比較的自由にビックデータを扱う事ができ、問題が起きたら対処するという形式が一般的である。そのため、それたを扱う企業にとっては参入障壁は低いと言えよう。一方、日本ではビックデータを集められること自体がタブー視されている傾向にある。2017年には世界のビックデータ関連市場規模は4兆円以上に達すると見込まれており、このような日本の文化的障壁は、日本のビックデータ市場参入に遅れを生じさせることになりかねない。 日本がビックデータ市場において遅れを取る可能性を指摘したが、世界的には急成長している分野であるため、今後ビジネスチャンスが多く出てくるのは必然であろう。また、データサイエンティストなどの分析を専門とする人材に対しての需要も増えるため、ウェアラブル端末を通じてどうやってビックデータが使われるのかという点と同時に、人材の需要に対しても注目していきたい。 3. ヘルスケアの進化 ウェアラブル端末の普及により、ユーザーの健康情報が即座に共有されるようなサービスが増えるであろう。例えば、WWDC 2014にてAppleがリリースしたHealthbookというサービスが挙げられる。これはユーザーの運動量、栄養摂取状況などの健康状態のデータを随時ユーザーに共有するというものである。このサービスは発売が期待されているiWatchとリンクするという可能性も十分にあり得る。 またダイジェスティブルセンターと呼ばれる、カプセル型のセンサーの開発も盛んである。患者がセンサー付きのカプセルを飲む事で、体内情報が的確にかつ瞬時に患者のモバイル端末に伝えられるというものである。今後、このような医療技術とモバイル端末やウェアラブル端末とのリンクが多いに期待できるであろう。 マイクロチップの技術も確立されつつある。未だ臨床段階ではあるが、前述のカプセル型のセンサー同様に、皮膚にチップを埋め込むことで、モバイル端末などとリンクし、患者に健康情報を伝えるという技術の開発が進んでいる。 今年度はAppleのような大手企業がヘルスケア部門に参入すると発表したこともあり、ヘルスケア元年とも言えるであろう。今後は大手のみならず、スタートアップなど多くの企業が参入し、市場規模が急拡大することが見込まれる。 既に具体的に発表されているものの1つとしては、先日、日経産業新聞で弊社代表が紹介してた Beam Brushなどのプロダクトがある。今後はこれまで医療機関でしか利用できなかったようなヘルスケア関連デバイスの一部の機能が一般消費車でも手軽に利用可能になるであろう。 4. 3Dプリンティングによるユニークな製品の登場 かつて3Dプリンティング技術は大手企業向けのものであったが、今後は中小やベンチャーにも多く使われ、数多くのユニークな製品が登場するであろう。例えば、ホリエモンこと堀江貴文氏が紹介したことで人気の出た6秒で完璧な歯磨きができる「3Dプリントの歯ブラシ」が挙げられる。これは歯科医が撮ったスキャンデータを基に生産される歯ブラシであり、わずか6秒で歯磨きが完了するというものである。 この3Dプリンティング市場の課題は、プリント用の機材を導入するのに多大な費用がかかるという点にあった。しかし、その市場が成長し、機材導入の機会が増えれば、市場原理に沿って導入コストも下がるであろう。たとえ、3Dプリンティング系ベンチャーなどの資金的な制約のある企業であっても、大手が機材を貸し出すというパターンも今後現れることが予想できる。 3Dプリンティング市場は2016年度までに3000億円の市場規模になると言われており、今年度からさらに3Dプリンティングを利用した製品が登場するのは必至である。またこの分野の製品の特徴でもある、個人に合わせたユニークな製品が登場するであろう。今後どのように活用されるのかも期待できる分野であるため、これからも注視していきたい。 5.「自動運転技術」による新ビジネス Google、Intelやトヨタなどの大手企業を中心に自動運転技術、特に自動運転車の開発が盛んになるであろう。最近では、Googleが自動運転車の試作車を公開した。また、先月にはIntelが自動運転技術のために必要な半導体開発のために、日本のベンチャー企業、ZMPに出資したのも記憶に新しい。この自動運転技術開発の最大のメリットは事故の確立を格段に減らせるというものである。 前述したGoogleの自動運転車市場への参入の理由は、自動運転技術の確立のためのOS開発があるからである。一度、OS技術が確立すれば、現在のモバイル端末のように、OSに合わせて開発がなされる。言い換えれば、OS技術を所有するGoogleが市場の主導権を握り、実際に機器を開発する自動車企業がそれに従うという自動車市場にとっては全く新しいビジネスモデルになるのである。 今後、先に述べたIntelの日本企業への出資のように、OS開発のためのベンチャーへの出資が増えてくるであろう。また、乗車中にできた空き時間を楽しむためのエンターテインメント、または自動運転車に則したハードウェア端末の開発なども進むと予測される。そして、この自動運転技術を使って車いすへの応用なども期待できるであろう。これから自動運転技術開発のためのベンチャーへの出資を中心として、大きめのニュースが取りざたされるのは間違いないであろう。 まとめ 2014年の上半期の時点で既に多くのテクノロジーが発表されているが、下半期は実際に多くのシーンにてウェアラブル端末が導入されると共に、ヘルスケアサービスなどの外部サービスとのリンクが始まり、そしてそのサービスを経由して集められる様々なデータが活用され始めるであろう。 また、ドローンや自動運転技術などの大規模な技術が確立され始める年でもある。いづれにしても、新たなプラットフォームと成り得る技術躍進が今後始まり、それに伴うサービスのリリース、データの活用が期待できる下半期になると予想される。 photo by Jeff Stvan
53Picks
セコム、電子カルテ共有 クラウド活用 他社製も対応 病院連携、容易に
s.nikkei.com
|
 セコムはクラウドを使って医療機関が電子カルテを共有できるサービスを10月中に始める。導入している電子カルテシステムの種類が異なっていても、病院間でお互いの診療情報をみることができる。システム上、難し
14Picks
「治験の情報格差なくす」Buzzreachが情報発信サービスを正式公開
TechCrunch Japan
|
新しい治療法や治療薬の情報を求める患者らが、病気や症状に合った治験や臨床試験の情報を検索できるプラットフォーム「Search My Trial(SMT)」。そして製薬企業や医療機関が直接、患者や一般ユーザーに治験実施の情報を発信できるプラットフォーム「Puzz(パズ)」。 新薬開発には欠かせない、“治験”にまつわる2つのサービスを患者・医療関係者の双方向に展開するBuzzreach(バズリー...
44Picks
遠隔診療アプリとAI医療サービス開発の情報医療が三菱商事などから11億円を資金調達
TechCrunch Japan
|
 このところ、ヘルステック分野のスタートアップによる資金調達が活発だ。5月7日にはAI問診システムと病名予測アプリ開発のUbieが3億円を調達を発表したばかり。そして今日5月14日、さらに3社の医療ベンチャーが資金調達の実施を明らかにしている。… Read More
43Picks
焦点:IoT導入へ競争力会議で議論、具体策握る成長戦略の命運
Reuters
|
[東京 14日 ロイター] - 政府が今年6月に改訂する「日本再興戦略」では、情報技術やデータ活用を産業や医療介護、行政サービスの幅広い分野に取り込む戦略を盛り込めるのかどうかが焦点となっている。日本は「インターネット・オブ・シングス」(IoT)の技術で欧米に大きく後れを取っており、今のままでは産業競争力の柱を失いかねないとの危惧が政府部内にある。予算措置を含め具体化できるのか、成長戦略の命運を左右することになりそうだ。
38Picks
医療×ITの土壌作りへ、メドレーが30億円規模の出資プロジェクトーー鍵は“技術のオープン化”
TechCrunch Japan
|
「医療業界全体を良くするために、もっと業界をインターネットテクノロジー色に染めていきたい」 医療ヘルスケア分野のサービスを複数展開するメドレーで取締役CTOを担う平山宗介氏は、新たに発足したプロジェクトへの意気込みについてそう話す。 プロジェクト名は「MEDLEY DRIVE」。医療ヘルスケア分野における技術のオープン化および情報活用を推進していくことで、業界全体がインターネットテクノロジー...
42Picks
急成長「メルカリ」にはどんな法的リスクがあるか - PRESIDENT Online
BLOGOS - 最新記事
|
評論家 山本一郎=答える人「ぱちんこ紛い」の賭博換金の場所にも国内のネット系ベンチャーの遵法精神を問う声が大きくなっています。1999年の創業から急成長し、2007年には東証一部に上場したDeNAは、根拠不明の盗用記事が多数あったとして医療情報サイト「WELQ」など10サイトを閉鎖しました。メディアでの露出も多い企業だっただけに影響は甚大です。ネットビジネスは、サービスを急拡大できる一方、法...
16Picks
約1800件の疾患、1600本超の医師への取材から医療情報を探せるスマホアプリ
TechCrunch Japan
|
メディカルノートは2月19日、同社が運営するヘルスケアプラットフォーム「メディカルノート」のスマートフォンアプリの提供を開始した。メディカルノートは2015年3月創業のスタートアップ。 メディカルノートのサービスでは、症例や治療例、臨床経験など信頼性の高い医療情報を、各科の専門家による監修・執筆、インタビューによって提供。専門医などによる医療相談サービスもある。インタビューの総数は1600本...
11Picks
Buzzreach、製薬企業・医療機関が治験情報直接発信の「puzz」リリース
財経新聞
|
ITによる治験情報のマッチングサービス提供やインフラ整備を手がけるBuzzreachは、約250万人の治験希望者データベースや、患者会・ヘルス系メディアなどにアクセスできる、製薬企業・医療機関・治験関連企業向けのプラットフォーム、「puzz(パズ)」をリリースした。
14Picks
産婦人科医が執筆・監修する「産婦人科オンラインジャーナル」、妊産婦向けに質にこだわった情報を提供
TechCrunch Japan
|
スマホで産婦人科医や助産師に相談ができる遠隔健康医療相談サービス「産婦人科オンライン」を展開するKids Publicは2月20日、新たにオウンドメディアの「産婦人科オンラインジャーナル」をリリースした。 このメディアでは、産婦人科オンラインが妊産婦やその家族に知っておいてほしいことを、医師や助産師が医学的観点から正しい情報を分かりやすく解説する。全記事を産婦人科医や助産師が署名つきで執筆し...
22Picks
LINEとエムスリー、LINEヘルスケア株式会社を設立 遠隔健康医療相談サービスを開始予定、処方薬の宅配サービスや病院待ち時間の解消も視野に
Social Game Info
|
LINE<3938>とエムスリー<2413>は、オンライン医療事業を目的とした、共同出資による新会社「LINEヘルスケア株式会社」の設立を発表した。エムスリーは、医療従事者専門サイト「m3.com」を運営しており、日本の臨床医の約9割にあたる27万人以上の医師会員と日本の薬剤師の半数超にあたる16万人以上の薬剤師会員等に対し医学関連情報を配信し、製薬業界を中心にマーケティング支援サービスや治...
23Picks
国内初、独自スコアを与信審査に活用した中小介護事業者向けトランザクションレンディング紹介サービス「カイポケローンコネクト」提供開始 ~介護経営データ活用で短時間審査・迅速融資を実現、介護事業者の資金繰り改善へ~
www.bm-sms.co.jp
|
株式会社エス・エム・エス(SMS CO., LTD.)は、高齢社会に適した情報インフラを構築することで価値を創造し社会に貢献し続けることをミッションに、介護・医療・ヘルスケアなどの情報サービスを提供し、ストレッチな成長を続けるベンチャーー企業です。
医療情報サービス 概要
日本
シンガポール
タイ
インドネシア
フィリピン
オーストラリア
アメリカ合衆国