新着Pick
SPD2U44LYKG64T36
各種受託システム開発
JPN

各種受託システム開発 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
システム開発
>
各種受託システム開発
特定の顧客業種を問わず、顧客の要望に応じ、システムをオーダーメイドで開発する受託型の開発を主としている企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
5Picks
三菱電機が開発、工場技能者の可視化システムを実現した日本初の存在
ニュースイッチ
|
人手で機器を組み立てる作業は、技能のバラつきが共通の課題だ。そこで三菱電機は、得意とする映像監視技術と計算の簡易な人工知能(AI)を組み合わせ、作業時間の自動計測システムを開発した。コミュニケーション・ネットワーク製作所の郡山工場(福島県郡山市)に導入し改善に試すと、作業効率は10%以上向上した。顧客へも導入の提案を始めており、技能の平準化や向上に役立つ新たな改善手法として提供し、支援する。...
4Picks
Hmcommと岡本工業がAI異音検知プラットフォームFAST-D応用し多軸自動旋盤のドリル破損を音で検知するシステム開発
TechCrunch Japan
|
産業技術総合研究所(産総研)発スタートアップとして音声処理技術の研究開発を行うHmcomm(エイチエムコム)は10月20日、ビル配管工事や金属旋削加工などを手がける岡本工業と共同で、精密金属加工に使用する多軸自動旋盤のドリルの破損を、AI異音検知プラットフォーム「FAST-D」で検知するシステムの自社内導入を目的とした開発と、金属加工業者向け販売を目指したセンシングシステム開発の開始を発表した。
4Picks
開発と営業の垣根を越え、NTTデータの知見を活かして挑む行政システムのクラウド化
talentbook
|
デジタルコミュニティ事業部で行政向けのクラウドサービス、Digital Community Platformのソリューション営業を担う森田 健。DCPFや自身が目指すビジョンについて語ります。
1Pick
愛知県がんセンターと富士通、患者ごとの薬剤選択をAIで支援するシステムを開発
ZDNet Japan
|
愛知県がんセンターと富士通は、がん患者のがん種や多様な遺伝子変異に基づき、さまざまな治療薬から効果が期待される薬剤を人工知能(AI)で効率良く絞り込むことができるシステムを開発した。
5Picks
RDBとNoSQLのおいしいとこ取り!? 東芝のIoT向けデータベース「GridDB」とは
MONOist
|
東芝は、オンラインで会見を開き、同社が展開するIoTプラットフォーム「SPINEX」や、製造業向けIoTソリューション「Meisterシリーズ」などを支える自社開発のデータベースシステム「GridDB」について説明した。
6Picks
企業向け動画配信クラウド・動画SNSの市場データ分析を手がけるエビリーが7億円調達、開発・人材採用・販促活動を強化
TechCrunch Japan
|
企業向けクラウド型動画配信システム「millvi」(ミルビィ)と動画SNSの市場データ分析サービス「kamui tracker」(カムイ トラッカー)を運営するエビリーは10月20日、第三者割当増資と金融機関からの融資による総額7億円の資金調達の実施を発表した。調達した資金は、動画プロダクトの開発強化、マーケティング強化、開発・幹部をはじめとする全部門での人材採用の強化にあてる。
68Picks
出前館、22年8月期は営業赤字拡大を見込む 大規模投資で
Reuters
|
[東京 14日 ロイター] - 出前館は14日、2022年8月期は500億円─550億円の営業赤字を見込んでいると発表した。成長に向けた基盤を最優先する時期と判断し、マーケティングやシステム開発、配達員の拡大など大規模な投資を行うとしている。
38Picks
通常より40%速く歩ける外骨格システム スタンフォード大学が開発
ITmedia NEWS
|
脚に装着する外骨格システムで、歩行スピードを4割増しにできる。
79Picks
食品管理し注文できる冷蔵庫をアマゾンが開発中? Amazon Goの技術利用か
Engadget 日本版
|
米アマゾンが内部の食品を把握し、さらに足りないものの注文もお勧めできる冷蔵庫の技術を開発していると、海外メディアのBusiness Insiderが報じています。 アマゾンと食品の関わりといえば、2016年から展開が始まったレジなし店舗の「Amazon Go」があります。同店舗では「Just Walk Out」システムを採用しており、カメラやセンサーがどの商品が棚から取り出されたのかを検知し...
14Picks
社員主導型「スクラム採用」システムのHERPが9.5億円調達、HRテック領域の新規事業開発・人材採用に積極投資
TechCrunch Japan
|
HERPは10月6日、シリーズBラウンドにおいて、第三者割当増資および融資による総額9億5000万円の資金調達を発表した。累積資金調達額は約15億円となった。調達した資金により、人材採用プラットフォーム「HERP Hire」、タレント管理プラットフォーム「HERP Nurture」β版への事業投資に加えて、HRTech領域における新規事業開発とそれに伴う人材採用に積極的に取り組む。
11Picks
日経イノベーション・ラボ、バーチャルヒューマンを使った動画作成を簡単に
デジタルシフトタイムズ
|
日本経済新聞社の研究開発組織である日経イノベーション・ラボはデータグリッドと共同で、AIが生成した人物(バーチャルヒューマン)を用いて動画を制作するシステムを開発した。 開発されたのは、AIが作...
24Picks
「エンジニアは朝が苦手というわけではない…」IT企業社長がたどり着いた“真理”とは?ツイッターで共感
LIMO
|
Webシステム開発とWebエンジニア養成プログラミングスクール「RUNTEQ」を運営するスタートアップテクノロジー・代表取締役社長のひさじゅさん(@hisaju01)。ツイッターに投稿した“エンジニアあるある”に共感が寄せられています。
13Picks
日立、インホイール式EV向け小型・軽量のダイレクト駆動システムを開発
TECH+
|
日立製作所と日立Astemoは、インホイールタイプの電気自動車(EV)向けに、ホイール内部にモータとインバータ、ブレーキを一体で搭載可能な小型・軽量のダイレクト駆動システム「Direct Electrified Wheel」を開発したことを9月30日に発表した。 従来のEVでは駆動システムを車体側に設置するため、車内空間やバッテリー設置スペースの確保が課題であった。これを解決する方法として、...
10Picks
コインチェックがアンチマネーロンダリングにDataRobotのAIを活用
AIsmiley
|
コインチェックはアンチマネーロンダリング(AML)システムをDataRobotのプラットフォーム上で開発したAIで高度化しました。DataRobot MLOpsを合わせて活用することによって、日々変化する不正取引への対処として、モデルの劣化を自動的に検知することも可能となりました。
138Picks
地方銀13行で共通システム開発へ…コスト減目指し、昨秋には「勉強会」発足
読売新聞
|
西日本シティ銀行(福岡)や京都銀行など地方銀行13行が、顧客データや店舗運営を管理するシステムを共同開発することが分かった。コストを抑えて収益力を高めるのが狙いで、2024年にも運用を始める。 提携拡大するのは、西日本
11Picks
日本の大企業が将来価値を見抜けなかった「ペイディ」を米ペイパルが買収する狙い
ビジネスジャーナル
|
米決済サービス大手のペイパルが日本の電子決済分野のスタートアップ企業、ペイディを買収した。ペイディは個人の信用力を迅速に審査するシステムを開発し、一般的に「後払い決済(今買って後で代金を支払う決済方法、Buy Now Pay Later、BNPL)」と呼ばれる決済サービス需要を獲...
99Picks
「CASE」商機に照準、事業領域拡大狙う自動車部品各社の戦略
ニュースイッチ
|
CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)技術の進展を受け、自動車部品各社が事業領域を広げている。独シェフラーなどは自動運転技術を組み合わせた電気自動車(EV)プラットフォーム(車台)を一体開発する。台湾の鴻海精密工業はEV開発用のプラットフォームを提案。複数の部品メーカーと連携してEVの製造受託を狙う。データを活用した移動サービスなどで新規参入も見込まれており、新たな需要に対...
42Picks
オンラインセールスSaaSのベルフェイス、シリーズDで30億円を調達——コロナ禍で競合台頭、リテール金融シフトが吉
BRIDGE(ブリッジ)テクノロジー&スタートアップ情報
|
オンラインセールスに特化した Web のコミュニケーション・システム「bellFace」を開発するベルフェイスは21日、シリーズ D ラウンドで約30億円を資金調達したことを明らかにした。このラウンドには、シンガポール VC の Axiom Asia Private Capital、三井住友トラスト・インベストメント、第一生命のほか、既存投資家であるインキュベイトファンド(今日発表の新ファンドから
67Picks
スマホでロボットを遠隔操作し農作業に参加できるRaraaSをH2LとPwC財団が共同開発
TechCrunch Japan
|
「オーディオビジュアルに次ぐ新世代の感覚共有技術BodySharing®︎の研究開発」を進めるH2Lは、環境社会問題に取り組む団体への助成を行うPwC財団と共同で、スマートフォンで遠隔地のロボットを操作して農作業に参加できるシステムRaraaS(ララース:リモート・アグリカルチャー・ロボット・アズ・ア・サービス)を開発した。
各種受託システム開発 概要
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン
ベトナム