SPD2QQIH65P7J1RK
石油化学
ALL

石油化学 業界

世界
業界
>
素材・素材加工品
>
化学
>
石油化学
エチレン、プロピレン、ブタジエンなど石油化学品を主に製造する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
3Picks
SIグループは、中国において 一部の製品に関してLiaoning Dingjide石油化学株式会社との戦略的パートナーシップを発表
共同通信 PR Wire
|
同社は中国の金山製造施設における製造業務を終了することを発表 テキサス州ザ・ウッドランズ、2024年...
6Picks
レゾナックが石油化学事業のパーシャルスピンオフを検討、上場も視野に
MONOist
|
レゾナック・ホールディングスは、東京都内とオンラインで記者会見を開き、連結子会社であるレゾナックの石油化学事業についてパーシャルスピンオフの検討を開始したと発表した。
4Picks
レゾナックが石油化学事業の分社化を検討開始 半導体での成長加速に向け
EE Times Japan
|
レゾナックは2024年2月14日、2023年度通期(2023年1~12月)の決算発表に合わせて行った戦略説明会で、石油化学事業のパーシャルスピンオフ(分社化)の検討を開始したと発表した。石油化学事業を切り離すことで、半導体材料への事業集中を加速させる。
336Picks
石油化学の再編事情。今後を決める3つのシナリオ
石油元売りと石油化学は、密接な関係にある。石油化学の代表的な基礎化学品原料となるナフサの約50%を石油製油所で製造しているからである。石油化学企業は、そのエチレンを使い、さまざまな製品を製造する...
3Picks
レゾナックHD、石油化学事業のパーシャルスピンオフ検討 2―3年後念頭
Reuters
|
(見出しと本文中のスピンオフが「パーシャルスピンオフ」であることを明確にします)
74Picks
三菱ケミHD社長、日本の石油化学業界は統合なくして生き残れず
Bloomberg
|
世界で脱炭素化の波が加速する中、日本の石油化学企業に必要なのは、各社の最も炭素集約的な事業を一つにまとめること。国内屈指の化学企業、三菱ケミカルホールディングスのジョンマーク・ギルソン代表執行役社長はこう呼び掛ける。
74Picks
石油化学大手、ドローンで工場の設備点検
ニュースイッチ
|
石油化学大手は化学工場の設備点検にドローン(飛行ロボット)を活用する。旭化成は2019年の定期修理に合わせて導入する。出光興産はベンチャー企業と組んで実証試験を実施した。熟練作業者が減少傾向にあるほか、高所の点検は危険な作業があり、ドローンの活用余地は大きい。経済産業省も17年度からIoT(モノのインターネット)やビッグデータ(大量データ)の活用に積極的な事業所の認定制度を始めるなど、化学工...
4Picks
三菱ケミカル 新社長人事 石油化学事業再編に向け検討加速へ
NHKニュース
|
【NHK】大手化学メーカーの三菱ケミカルグループは、収益が悪化している石油化学事業の担当執行役が新たに社長に就任する人事を発表し、…
10Picks
三菱ケミカルGが口火、「石油化学産業」再編議論はどこでどう進むか
ニュースイッチ
|
2023年度は、国内の石油化学産業の再編議論が進む年となりそうだ。約1年前に議論の口火を切った三菱ケミカルグループは、石化の分離・独立に向けて、24年度に他社との石化の共同企業体(JV)設立を目指す。住友化学など3社は、千葉県臨海部でのカーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)に向け連携する検討を開始した。国内石化産業はどう変わるのか。今後の変化を読み解く。(梶原洵子) 今後の国内石...
6Picks
なぜ日本は全国各地に「石油化学コンビナート」があるのかアメリカ人を感動させた「工場夜景」のワケ - その本質は「クジラの解体」と同じ
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
|
なぜ日本は全国各地に巨大な石油化学コンビナートがあるのか。河合塾の化学科講師の大宮理さんは「本質はクジラの解体と同じ。石油を余すこ
45Picks
住友化学のサウジ石油化学事業の天敵は「うっかりミス」
ダイヤモンド・オンライン
|
「2017年度以降には手応えを感じている」。自他共に認める住友化学の懸案事項、ラービグ計画。1月末に発表された住友化学の16年4~12月期決算でも利益貢献がかなわなかったが、そんな惨状を見越した上でも十倉雅和・住友化学社長は昨年から自信をチラつかせていた。
5Picks
石油化学プラントで排出するCO2から低級オレフィンを合成する技術を実証
MONOist
|
IHIは、石油製品の製造工程で発生するCO2を原料にした、低級オレフィン合成技術の実証試験を開始する。タイのSCG Chemicalsが運営する石油化学プラントにCO2回収装置と低級オレフィン合成反応器を設置し、小型スケールでの実証に取り組む。
7Picks
微生物で石油化学製品の代替品。カーボンニュートラルのカギを握る「バイオファウンドリ」とは?
ニュースイッチ
|
微生物の働きを活用し有用な物質を効率的につくる技術「バイオファウンドリ」に光が当たってきた。カーボンニュートラル(温室効果ガス排出量実質ゼロ)実現が社会課題となる中、二酸化炭素(CO2)排出量が少ない形で、石油化学製品の代替品を生産できる点が注目される。政府支援が充実してきたほか、事業化をにらみスタートアップの動きが活発化する。バイオファウンドリは経済成長とカーボンニュートラルを両立する切り...
6Picks
化学メーカーの業績左右、石油化学品市場で強まる先行き不透明感
ニュースイッチ
|
石油化学品市場の先行きに不透明感が強まっている。中国の経済活動再開などで回復期待が高まった汎用樹脂の需要は伸び悩んでおり、基礎化学品であるエチレンプラントは生産調整が継続している。主要な輸出相手国の中国、インドでは設備新増設で石化製品の供給量が増えることも見込まれており、化学メーカーの業績を左右する石化市況への影響が懸念される。 国内エチレン生産 足元のエチレン価格(北東アジアCFR)はトン...
石油化学 概要
世界
中華人民共和国
大韓民国
シンガポール
マレーシア
タイ
インド
アメリカ合衆国