新着Pick
SPD2JHRXWAJ7SAMZ
医療用医薬品
JPN

医療用医薬品 業界

日本
業界一覧
>
医薬・バイオ
>
バイオ・医薬品製造
>
医療用医薬品
医療用医薬品(病院や診療所において医師、歯科医師が治療に使用し、または処方する医薬品)の研究、製造を行う企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
10Picks
薬ネット販売、楽天側が2審敗訴 東京高裁も一部規制認める
共同通信
|
薬ネット販売、楽天側が2審敗訴 医療用から市販用に切り替わって間もない薬のインターネット販売を禁じる医薬品医療機器法(旧薬事法)の規...
33Picks
「大衆薬」M&A活溌化、本当の狙い
ニュースイッチ
|
欧米で一般用医薬品(大衆薬)ビジネスをめぐるM&A(合併・買収)が活発化している。英製薬大手グラクソ・スミスクライン(GSK)が米製薬大手ファイザーと合弁会社の設立を決めるなど、大規模な案件が相次ぐ。日本でも大正製薬がフランス企業の買収を決断した。一方、有識者からは医療用医薬品を主力とするメーカーが大衆薬事業を持つ意味はあるのかとの疑問も聞かれる。国内製薬各社は競争環境が変わる中、自らの生き...
24Picks
国ははしごを外すと思う…浸透進む後発薬にくすぶる市場悪化の懸念
ニュースイッチ
|
国内の医療用医薬品市場で、先発医薬品と同じ有効成分を使った後発医薬品の浸透が進んでいる。政府は薬剤費節減のため、後発薬の数量シェアを2020年9月までに80%とする目標を提示。後発品利用を促す制度の効果もあり、18年9月時点の実績は72・6%に達した。しかし業界関係者の間では、80%達成後にはそうした促進策が少なくなり、市場環境が悪化するとの懸念がくすぶる。後発薬メーカーは生き残りに向け、合...
42Picks
がんゲノム検査システム、初承認 厚労省、保険適用で費用負担減へ
共同通信
|
がんゲノム検査システム、初承認 厚生労働省は13日、がん患者の遺伝子変異を調べ、効果が見込める薬を選ぶ「がんゲノム医療」用の検査システムの販売を初めて承認する方針を固めた。1カ月程度で医療機器として正式承認される。その後に公的医療保...
12Picks
医薬品が流通改善へ正念場、試されるガイドラインの実効性
ニュースイッチ
|
厚生労働省が4月に運用を始めた、「医療用医薬品の流通改善に向けて流通関係者が順守すべきガイドライン(流通改善GL)」の実効性向上が試されている。医薬品卸は同GLに基づく活動を推進することで医療機関との納入価格交渉が適正化され、利益の押し上げにつながる事例が出てきた。一方、調剤薬局の収益性が4月の調剤報酬改定で悪化しているといった状況もあり、今後も交渉が円滑に進むかは予断を許さない。流通改善の...
21Picks
【特集】医療用医薬品を美容のために!? “目的外”処方の実態(MBSニュース)
Yahoo!ニュース
|
皮膚の乾燥やアトピー性皮膚炎などの治療に使われる保湿薬をめぐり、“目的外”処方の問 - Yahoo!ニュース(MBSニュース)
13Picks
2割超リスク情報提供せず 医薬品販売サイト
共同通信
|
2割超リスク情報提供せず 厚生労働省は27日、一般用医薬品のうち、リスクが高い第1類を販売するインターネットサイトの24.4%が、医薬品医療機器法で義務づけられている副作用などの情報提供を、購入者に実施していなかったとする20...
17Picks
M&Aの可能性も…苦しい医薬品卸、変革を急ぐ
ニュースイッチ
|
医薬品卸が変革を急いでいる。主要4社の2019年3月期連結決算は、3社が営業減益となる見通し。各社の主力とする医療用医薬品卸売事業の収益性が、薬価改定や後発薬の普及などで圧迫されることが要因だ。対策として各社は収益源の多様化を進めてきており、将来のM&A(合併・買収)の可能性を予感させる業務提携案件も出ている。合従連衡へ踏み切るか否かにかかわらず、供給網の強化には継続して取り組む必要があり、...
105Picks
医者に接待攻勢していたMRは今 ホンネ匿名座談会 〈AERA〉
AERA dot. (アエラドット)
|
医療用医薬品を医師に「営業」する専門職、MR(医薬情報担当者)。彼らの職場環境も大きく変わっている。Cさん:「AI(人工知能)に奪われる仕事」みたいなタイトルの記事があると、ついついクリックしちゃう...
97Picks
緊急避妊薬のスイッチOTC化に日本医師会が反対する理由
ダイヤモンド・オンライン
|
医師の処方箋が必要な医療用医薬品(処方薬)から、処方箋不要のOTC(大衆薬)に転用された医薬品をスイッチOTCという。国が主催する転用の検討会では7月に緊急避妊薬が俎上に上り、スイッチOTCにあらためて注目が集まっている。スイッチOTCのキーパーソンへのインタビューを全4回でお届けする。
20Picks
製薬会社の営業活動 公的ガイドラインで規制―なくならないMRの不適切プロモーション
製薬業界の転職サイト Answers(アンサーズ)
|
厚生労働省が、医療用医薬品のプロモーションに対するガイドライン案をまとめました。なかなかなくならない、MRなどによる不適切な情報提供。厚労省は製薬企業に自浄作用を働かせるよう求めています。
61Picks
創業120余年、「新規事業への挑戦」
BizReach Regional | 地方から未来の働き方を探すウェブメディア
|
大礼服の男性に「仁丹」の文字──仁丹のロゴは、多くの人が脳裏に描けるマークだろう。森下仁丹は言わずと知れた、口中清涼剤「仁丹」のメーカーである。創業以来約120年間、大阪市中央区を拠点として、医薬品や医療用具、食品等の製造販売を中心に事業を展開している。明治から昭和にかけ「人々の万病を癒やす」という理念のもと、国内のみならず世界中に「仁丹」の市場を広げ、製薬業者としてゆるぎない地位を築き上げ...
38Picks
医師が処方する「治療用アプリ」田辺三菱製薬が開発へ スマホで患者支援、保険も適用
産経ニュース
|
田辺三菱製薬が、国内製薬大手で初めて「治療用アプリ」の開発に乗り出すことが5日、分かった。治療用アプリは、スマートフォンなどのアプリが患者(利用者)の症状や体重、体調、生活パターンなどを分析し、医学的データに基づき生活習慣などを指導して、病気の治療を支援する仕組み。医薬品でも医療機器でもない“第3の治療法”になる可能性があり、世界各国で開発競争が始まろうとしている。
21Picks
「2種類のウェアラブル」と製薬業界の事例から読み解く、次世代ヘルスケア市場の行方
ビジネス+IT
|
医療関連の「ウェアラブル」と聞いて思い浮かぶのは、「フィットビット」のような健康管理用ウェアラブルデバイス(多くが医療当局からの規制対象外)だろう。一方、医療に特化し、臨床試験や診断支援のために使われる医療・臨床グレードのウェアラブルデバイスも注目を集めている。本稿では一般消費者にはあまり馴染みがないが、今後医薬品開発の領域で活用が期待されている医療・臨床グレードのウェアラブルデバイスについ...
38Picks
帝人がベンチャーと組んで学んだこと
日経デジタルヘルス
|
連結の従業員数が1万5000人を超える帝人グループの中で、およそ2割を占める人員が携わっているのが医療用医薬品、在宅医療機器などのヘルスケア事業である。さらに近年は、グループ内のIT事業も躍進。こ…
36Picks
針を使わずに薬を皮下投与するデバイス「PRIME」、武田薬品の薬で製品化へ
マッシュメディア
|
注射を打つとなると多くの人が身構える。体に針を刺すので当然のことながら痛みを伴うからだ。 そうした痛みや不安をなくす医療用デバイス「PRIME」が間もなく商品化される。針を使わずに、皮膚の上から薬をジェット注入する
31Picks
医学会には薬の宣伝をする「御用学者」がいる---上昌広『医療詐欺』第1章より
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
このような医師と製薬会社のズブズブの関係は他にもあります。 2014年に入ってから明らかになったもののなかで有名なのは、やはりノバルティスファーマ社が裏で糸をひいていた「東大病院血液・腫瘍内科事件」ではないでしょうか。
24Picks
ニコチン溶液違法販売疑いで逮捕 電子たばこ用、国内初摘発
共同通信
|
ニコチン溶液違法販売疑いで逮捕 国内で販売が禁じられている電子たばこ用のニコチン溶液を違法に販売したとして、大阪府警生活安全特捜隊は8日、医薬品医療機器法違反の疑いで同府枚方市の電子たばこ販売店「VAPES」経営者、山本成樹容疑者(...
20Picks
富士フイルムの「もうひとつの狙い」 和光純薬買収のメリットとは
J-CASTニュース
|
富士フイルムホールディングスが武田薬品工業の子会社で研究用試薬大手の和光純薬工業(大阪市)を買収する。今後の成長が期待される再生医療分野に必要な事業を入手し、ヘルスケア事業を強化するのが狙い。
20Picks
節税対策としてのセルフメディケーションのススメ
Hospital0
|
自分の体は自分で守ると考える人に朗報です。厚労省は2017年1月1日より2021年12月31日までの期間に、指定したスイッチOTC医薬品を購入した人の課税所得を控除することを決めました。スイッチOTC医薬品とはロキソニンなど医療用から一般用
医療用医薬品 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
シンガポール
マレーシア
タイ