新着Pick
SPD2HU00NQZ3EL9T
避妊具
JPN

避妊具 業界

日本
業界一覧
>
医薬・バイオ
>
医療・福祉関連品製造
>
避妊具
コンドーム、ペッサリー、IUDなどの避妊具を製造する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
19Picks
インコにコンドーム、虐待容疑で男逮捕 ネットで公開か
朝日新聞デジタル
|
飼っていたインコを虐待したとして、愛知県警は18日、名古屋市中村区椿町、無職坂野嘉彦容疑者(34)を動物愛護法違反(愛護動物の虐待)の疑いで逮捕し、発表した。容疑を認めているという。坂野容疑者は、虐…
144Picks
SNSで「人の子供の写真を見ないで済む」システム─米国コンドーム会社が開発した理由
クーリエ・ジャポン
|
話題のプラグイン、その名も「ベイビーブロッカー」近年、SNSなどが普及していることで、多くの人たちがオンラインに個人の写真や行動をどんどんアップするようになっている。GAFA(グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップル)などデジタルプラットフォーマーとよばれるIT系サービス企業は、ユーザーが掲載するそうした情報を元にビジネスを行なっており、今世界各地で規制すべきという声や、課税を強化すべきだとの
629Picks
爆ヒット!! 11万円で手に入る中国初「AIラブドール」の魅力
クーリエ・ジャポン
|
中国で“大人のおもちゃ”が急成長を遂げており、避妊具と合わせた市場規模は2018年に年間売上高にして100億人民元(約1600億円)へと拡大している。なかでも、注目されているのが「WMドール」というハイエンド系ラブドールで、毎月2000体以上を売り上げる快進撃を続けている。リアルな人工皮膚をまとったラブドールに、ロボットの先端技術と人工知能(AI)が融合したことで、“使い捨ての処理道具”ではなく、
15Picks
まだ男子任せ?女子ももっと自分で避妊したいのに日本では認められていないのはなぜ?
Business Insider Japan
|
「今日、つけないでしていい?」 「……」 性行為の際、パートナーにこう言われ、嫌われたくなくて応じてしまった、行為中にコンドームが外れたり、破れたりしてしまった……。「妊娠したらどうしよう」と、不安な思いで次の生理を待ったことのある女子は、多いのではないだろうか。 日本で使われる避妊法は、男性...
237Picks
コンドーム生産量4億→3千万個に修正 基幹統計に誤り
朝日新聞デジタル
|
厚生労働省は29日、薬や医療機器の生産実態をまとめた国の基幹統計の「薬事工業生産動態統計」に誤りがあり、数値を修正したと発表した。2009年12月のコンドームの生産量が「4億7538万」個となってい…
16Picks
「日本人の既婚者が1カ月にするセックスは1.7回」 相模ゴム工業が調査結果を発表
ハフポスト日本版
|
日本人の既婚者が1カ月にするセックスは1.7回──。そんな結果が、コンドームメーカーの相模ゴム工業(神奈川県厚木市)が2月18日に発表した調査で明らかになった。 セックスレスだと感じている人が6割近くに上るなど、日本人の性生活の低調ぶりが浮き彫りになった格好だ。 日本人のセックスをめぐっては、外国人と比べて頻度が少ないことが複数の調査で明らかになるなど、セックスレスが社会問題になりつつある。...
57Picks
「コンドームは最低の避妊具⁉︎」驚きの避妊最新事情
mi-mollet(ミモレ)
|
スタイリスト大草直子がコンセプトディレクターを務める、成熟に向かうミドルエイジ女性のためのwebマガジン『mi-mollet』。ファッション、ビューティ&ヘルス、ライフスタイルのリアルな最新情報を毎日配信。女性の働き方や生き方のヒントになる読み物もたっぷり届けします。
495Picks
「薄さだけが性能ではない」 コンドーム大手、東京五輪への熱い思い
withnews.jp
|
東京五輪の開幕まであと2年を切りました。五輪期間中、選手村での話題の一つになるのが「コンドーム」です。2016年のリオ五輪では、45万個が選手村に配布されたといいます。大会組織委員会は、東京五輪で配布するかどうかも含めて具体的なことは未定といいますが、日本のメーカーは期待を込め、意気込んでいます。
24Picks
基幹統計に新たな誤りか コンドーム生産量「月4億個」
朝日新聞デジタル
|
薬や医療機器の生産実態をまとめた国の基幹統計の「薬事工業生産動態統計」に誤りがある可能性が浮上している。2009年12月のコンドームの生産量が通常より1ケタ多く、09年の年間生産量も上回っていた。統…
379Picks
コンドームより失敗しない!? デジタル避妊アプリがアメリカ食品医薬品局の認可を受ける
ギズモード・ジャパン
|
アメリカ食品医薬品局(FDA)はデジタル避妊アプリ「Natural Cycles」を認可しました。Natural Cyclesはすでにヨーロッパでは使用されているアプリですが、FDAに認可された最初のデジタル避妊デバイスということになります。
388Picks
コンドーム需要回復へ、日本人草食化も訪日中国人支え-相模ゴム
Bloomberg
|
日本人の性欲は減退しているとされ、そうした男性は「草食男子」と呼ばれることもある。
378Picks
リオ五輪、コンドーム配布数は史上最多 1選手当たり42個
Forbes Japan
|
ブラジル・リオデジャネイロで今週末に開幕する夏季五輪では、選手らに配布されるコンドームの数が五輪史上最多となる予定だ。英紙ガーディアンや米誌グラマーによると、国際オリンピック委員会(IOC)はリオ五輪に出場する1万500人の選手のため、35・・・
253Picks
「20代の4割が童貞」男が告白すらできなくなった驚きの事情
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
「20代男性のうち4割が童貞」だというデータがある。にわかに信じがたい数字だが、コンドームメーカーが1万4000人への調査で明らかにした、信用できるデータだ。いったい若者に何が起きているのか。
251Picks
色で性感染症知らせるコンドーム、中学生が開発 英
CNN.co.jp
|
性感染症を検知すると色が変わって知らせてくれるというコンドームの試作品を、英国の10代の男子生徒3人が開発した。 このコンドーム「S.T.EYE」は、クラミジアや梅毒などの性感染症に接触すると、コンドームに含まれる抗体がウイルスや細菌を検知して色が変わる仕組み。ロンドンのアイザック・ニュートン・...
247Picks
性教育に遅れた日本「大学2年までコンドームを見たことない」
Abema TIMES
|
SHELLYがMCを務める『Wの悲喜劇~日本一過激なオンナのニュース~』の第7回となる放送では、今問題になっている大人の性教育をテーマに、性の現場を知る当事者たちが赤裸々に語った。
235Picks
議員の「ブログ発信禁止」で、地方議会は言論の府として完全に終わる
THE HUFFINGTON POST JAPAN
|
なぜか関係各方面から、 「オトキタは、この件で意見を書かないのか?(=書け!)」 というお問い合わせをいただきましたので、 私の所感もなにか書きたいと思います(苦笑)。 愛知新城の穴開きコンドーム事件の後日談。なんと不埒な発言をした議員は議事録から発言を削除されたのに不問。追及した議員のほうが責任を追及されるという不思議。 pic.twitter.com/J5k1UN8mM9— 長谷川哲(憲...
201Picks
ビル・ゲイツが支援する次世代コンドーム開発
ギズモード・ジャパン
|
この薄い物体に、何万もの人が助けられているのです。 オーストラリアのウーロンゴン大学の研究チームが、とあるプロジェクトでビル&メリンダ・ゲイツ財団から資金調達を受けることになりました。そのプロジェク...
195Picks
“IoTコンドーム”現る 性交中の消費カロリー、ピストン速度など測定 友人とシェア可能
ITmedia NEWS
|
性交中の消費カロリーやピストン運動の速さを測定できる“IoTコンドーム”「i.Con」を英企業が開発。データはスマホアプリで確認し、友人と共有もできるという。
183Picks
掛け声でコンドームを射出するウェアラブル『ゼロワンベルト』、オカモトが開発。スマートウォッチと連携
Engadget 日本版
|
オカモトは、コンドーム専用をうたうウェアラブルデバイス『ゼロワンベルト』を発表しました。スマートウォッチと連動し、音声認識によりコンドームを上方に射出。手でキャッチすることで、素早い装着が可能になるとしています。 ゼロワンベルトは、コンドームメーカーのオカモトが「コンドームの着用率を上げるために」設立したとしているLOVERS研究所の最新プロジェクトです。 コンドームユーザーにおいて、コンド...
169Picks
新城の長田共永市議「穴開き避妊具を配っては」 市議会で発言、議長が注意【愛知】
THE HUFFINGTON POST JAPAN
|
愛知県新城市の長田共永(おさだ・ともなが)市議(49)=無所属=が、6月18日の定例市議会の一般質問で「婚姻届を出した市民に、穴の開いた(避妊具の)コンドームを配ったらどうか」と発言していたことがわかった。市議会は問題の発言部分を議事録から削除する方針で、夏目勝吾議長が7月16日、長田氏に口頭で注意した。47NEWSなどが報じた。 長田氏は「第三者や子どものいない人を非難するつもりはなかった...
避妊具 概要
日本
マレーシア
タイ
フィリピン
ベトナム
インド
アメリカ合衆国